GOLFES

見つかる、楽しむ、あなたのゴルフライフ。

ライ別アプローチ~深いラフからはグリーンまでの距離で打ち方を変える!~

深いラフからはグリーンまでの距離で打ち方を変える!

ボールがほとんど埋もれているような深いラフで、グリーンまで少し距離があるようなら脱出優先に考えることが大切です。

そのままではボールの下半分にリーディングエッジを入れにくいので、ハンドファーストに構えることで、自然とヘッドが上から入るようになります。

利金で打ち込もうとするのではなく、振り幅でインパクトの強さを調整し、リーディングエッジでボールの下の芝を打つイメージで振り抜きましょう。

グリーン近くの深いラフでは、フェースを立ててダウンブロー気味に打ち込むと飛びすぎてしまう危険があります。

とはいえ、ロフトを活かしてランを出そうとするとザックリとダフってしまいます。

オープンスタンスでフェースを寝かせるといいでしょう。ボールを高く上げるイメージを持たずに、振り幅を少し広げて、クラブの重さを使って上からしっかり振り抜きましょう。

距離があるならハンドファースト。ソールでボールの下の芝を打つイメージで振る!

少し距離を残した深いラフからのアプローチでは、ハンドファーストに構えて、リーディングエッジで芝を刈るイメージでしっかり振り抜きます。寄せようとするのではなく、脱出を優先に考えることが大切です。