GOLFES

見つかる、楽しむ、あなたのゴルフライフ。

ライ別アプローチ~ベアグラウンドではオープンに構えてコンパクトなスイングで~

ベアグラウンドではオープンに構えてコンパクトなスイングで

芝のない「ベアグラウンド」からのアプローチは、非常に難しいショットの一つです。

ソールがボールの手前で地面に当たってしまうと、ソールが地面に弾んでトップしてしまいます。確実にボールの下半分に当たるようなスイングをすることが大切です。

ロフトの大きなクラブを使うと手前の地面に当たりやすいので、ロフトの小さなクラブを使うといいでしょう。

振り抜きをよくするために左足を引いてオープンスタンスに構えて、パターのストロークをイメージして、ロフトを立てずにスイングします。フィニッシュを大きくとらないコンパクトなスイングを心がけましょう。

ハンドファーストを意識しすぎると、上から打ち込むようなスイングでダフりやすくなります。また、横からボールを弾くイメージでスイングすると、引っかけたりトップしやすくなるので注意しましょう。

オープンスタンスでコンパクトなスイングを心がける

ベアグラウンドからのアプローチは、パターのストロークの延長をイメージして、ボールを正確に打つことが大切です。

ヘッドが上から落ちるようなダウンブローのスイングだとミスショットになりやすいので注意しましょう。