GOLFES

見つかる、楽しむ、あなたのゴルフライフ。

ライ別アプローチ~深いディボットではヘッドを鋭角気味に落とすのが理想!~

深いディボットではヘッドを鋭角気味に落とすのが理想!

ディボット跡からのアプローチでは、打ち込もうとしたり、すくい上げようとしないことが大切です。ただし、ラフのときと同様にディボットの深さによって打ち方が少し異なります。

横から見てボールが半分以上見える程度の浅い場合は、少しトップ気味にインパクトさせるようなイメージで普通にスイングするといいでしょう。打ち込もうとするとダフるので、コンパクトなスイングを意識しましょう。

横から見て、ボールが半分以上見えないような深いディボットでは、普通にスイングすると手前の部分にヘッドが当たってしまいます。

まずヘッドをボールに当てることを考えましょう。ハンドファーストに構えて少し鋭角気味にヘッドを落とすことで、ダフりにくくなります。

実際はインパクト後に地面にクラブが引っ掛かって振り抜けないことも多いため、フィニッシュをとることを考えずにスイングするようにしましょう。