GOLFES

見つかる、楽しむ、あなたのゴルフライフ。

バンカーショットの基本~バンカーに入れてしまった…「嫌だな…」と感じたら要注意!~

バンカーに入れてしまった…「嫌だな…」と感じたら要注意!

ティショットやセカンドショットで、好んでバンカーを狙って打つ人はいないことでしょう。しかし、バンカーを嫌って、必要以上に意識するとミスショットをしたり、バンカーに向かってボールが飛んでしまうものです。そして、バンカーに入った瞬間に「ピンチ」と感じてしまう人を多く見かけます。

バンカーに苦手意識を持ちやすいのは、バンカーショットを日ごろからあまり練習できない人が多いのが一つの理由です。しかし、バンカーに入ったとしても、ライさえよければ通常のアプローチと同じです。まずは、平常心を保つことが大切です。

また、「足を砂に埋めろ」、「ハンドファーストに」、「オープンスタンスで」…などなど、周囲から様々なことを言われます。状況によっては、普段と違う打ち方が必要かもしれませんが、それは芝の上からのアプローチショットと同じです。砂を過剰に意識しないことが大切です。

振り抜きが不安ならオープンスタンス、クラブを鋭角に入れたければハンドファーストを正しい手順で作ることが大切!

バンカー内の傾斜やボールのライによって、多少アドレスを調整した方が良いこともあります。スイングを変えるのではなく、アドレスを変えることで自然にアドレスに合わせたスイングができます。

スイングしたときにクラブの振り抜きが窮屈になりそうであれば「オープンスタンス」に構え、ヘッドを少し上から落とす必要があれば「ハンドファースト」に構えましょう。

バンカーだからということではなく、芝の上からのアプローチと同じ感覚で打つことが大切です。