GOLFES

見つかる、楽しむ、あなたのゴルフライフ。

バンカーでの基本ショット~ライがよければバンカーでも普通のスイングを心がける!~

ライがよければバンカーでも普通のスイングを心がける!

バンカーに入ってもライさえよければ通常の芝の上からのショットと基本は同じです。余計なことは考えずにいつものスイングで振り抜きましょう。

必要以上に力んでしまうと、足場が安定していない分、下半身が動いてしまったり、手打ちになってスイングが乱れてしまいます。

そんなミスショットを一度でも見せてしまうと、周囲から「足を砂に埋めて安定させろ」、「オープンスタンスに構えろ」、「フェースを寝かせろ」…などなど、ありがたい言葉が飛んでくるのもバンカーです。

ひとたび、そんな状況に陥ってしまうと、平常心を保つのがさらに難しくなってきます。それが、他のショットにも影響して、その日のスコアはボロボロになってしまうことでしょう。

そんな弊害を避けるためにも、最初のバンカーショットは特に注意が必要です。平常心を保って、いつものスイングに集中しましょう。

嫌なイメージが湧いてきたら上体はそのままで左足を少しだけ引いてオープンスタンスに構えましょう!

そのまま普通に打ってしまうとバンカーのアゴに当たったり、ピンを大きくオーバーしてしまいそうな嫌なイメージが頭をよぎったら、上体の姿勢を変えずに左足を少しだけ引いてオープンスタンスに構えてみましょう。

胸はスクエアに構えたまま、胸の方向に自然にスイングすれば、いつもより少し打ち出しが高く、ランが出ないボールを打てるようになります。