GOLFES

見つかる、楽しむ、あなたのゴルフライフ。

バンカーでの基本ショット~オープンスタンスはヒール側からボールに当てるイメージ~

オープンスタンスはヒール側からボールに当てるイメージ

バンカー内でオープンスタンスに構えて打つときに注意したいのがアドレスの作り方です。

バンカー内でアドレスを作るときは、砂にソールできないため、ヘッドを少し砂から浮かせなければいけません。この時、ソールが地面と平行になるように構えてしまうと、フェースを閉じたシャットなテークバックになってしまいがちです。

アドレスでは、少しヒールダウン気味に構え、ダウンスイングのときもヒール側からボールにインパクトするイメージで振り抜くようにしましょう。

とくに、ハンドファーストに構えるときは、ネック側からボールに落としていくようなイメージでスイングすることが大切です。スタンスに逆らってヘッドをスクエアに保とうとすると、自然なスイングができなくなってしまいます。

グリップも力まずに、自然にヘッドがターンするように振り抜きましょう。

スタンスをオープンにするだけでダウンブローのインパクトが実現する

オープンスタンスに構えることで、ダウンスイングが少し鋭角な軌道になります。上体が開いてしまうとターゲットより左に向かったスイングになり、ヘッドが鋭角に下りすぎてしまうので注意しましょう。

左足に重心を乗せてハンドファーストに構えヒール側からインパクトするイメージ

オープンスタンスに構えたところで、左足に重心を乗せることでハンドファーストの形が出来上がります。このとき、気をつけたいのが手首の角度です。バンカー内でソールできないことで、手もとの位置を自分で調整したくなりますが、スタンスと重心に合わせた自然なポジションで構えることが大切です。

自然なハンドファーストに構え、ヒール側のソールをボールに落とすイメージでスイングしましょう。