GOLFES

見つかる、楽しむ、あなたのゴルフライフ。

バンカーでの応用ショット~バンカー内の左足上がりはオープンスタンスが基本!~

バンカー内の左足上がりはオープンスタンスが基本!

バンカー内の傾斜に対しても、通常の傾斜地からのアプローチと同じ考え方で対処するようにしましょう。

左足上がりの場合は、下半身は傾斜なりに立ち、上半身は垂直に立つのが基本です。左足が邪魔になって振り抜きが悪くなるようであれば、左足を後方に引いて、オープンスタンスで構えましょう。

アゴの近くにボールがある場合は、ピンに寄せるよりも、まず脱出を優先に考えることが大切です。

胸の正面で手元の位置は変えずにフェースの向きだけ少し開き、そのままボールにセットします。スクエアに構えたところから左足を少し引いてオープンスタンスに構えたところから、ヒールを手前の砂に当てるようにスイングすることで、フェースが回転して高く上がります。

インパクト後にクラブがアゴに当たってフィニッシュはとれないので、無理に振り抜く意識はしないことが大切です。

上体を垂直に保ったままアゴ近くの場合は胸の前でフェースを開いてセットする

バンカー内でも上体を垂直に保って、下半身は傾斜なりに立つのが基本です。アゴ誓うにボールがあって、インパクト後に振り抜けない場合は、胸の前でフェースを開き、オープンスタンスに構えたところから、ヒールをボールの手前の砂にぶつけるようにスイングしましょう。

フェースの開き方

胸の前でスクエアにクラブを持ったところでフェースを開き、手もとの位置を変えずに通常通りにボールにセットします。