GOLFES

見つかる、楽しむ、あなたのゴルフライフ。

バンカーでの応用ショット~バンカー外のスタンスからは極度なつま先下がりと同じ!~

バンカー外のスタンスからは極度なつま先下がりと同じ!

バンカーの左側にボールが止まった時に、バンカー内に足場を確保できない場合は、バンカー外に立ってボールを打たなければなりません。つまり、ボールの位置が極端に低いつま先下がりのバンカーショットになります。

つま先下がりはもともとバランスを崩しやすいうえに、さらにボール位置が低いので細心の注意が必要です。

ボールと体の距離が遠いので、まずクラブを長く持つ必要があります。そして、重心の前後のバランスが崩れないように体を深く折りたたみます。

重心移動の大きなスイングをするとバランスを崩しやすいので、上下動の小さいコンパクトなスイングを心がけましょう。胸の水平回転を意識することが大切です。

フェースの向きを下で合わせるのは難しいので、体を折りたたむ前に胸の前でフェースをスクエアに合わせ、そこからクラブを下ろしながら姿勢を低くしてアドレスに入るといいでしょう。

胸の水平回転を意識して上下動を抑えたスイングを心がける

まず大切なのが、正しいアドレス姿勢を作ることです。胸の向き、フェースの向きを目標に対してスクエアに構えることが大切です。あとはアドレスに合わせて、上下動の少ないスイングを心がけましょう。胸を水平に回転させるイメージでスイングすると、頭の上下動を抑えることができます。