GOLFES

見つかる、楽しむ、あなたのゴルフライフ。

バンカーでの応用ショット~右足がアゴにかかる場合は振り抜きを優先に考える!~

右足がアゴにかかる場合は振り抜きを優先に考える!

バンカーの手前のアゴ付近にボールが止まった場合は、右足がアゴにかかってしまいます。基本的には左足下がりのショットと同じ考え方でスイングします。

右足の位置が極端に高くなるので、テークバックで右足が邪魔になるようであれば、右足を引いてクローズスタンスにすることが大切です。このときも下半身だけで段差に対応し、上体は垂直に構え、打ち出し方向に対して胸をスクエアに構えることが大切です。

目標に対してクローズに構えることで、体から見て右側のスイング軌道(バックスイングやダウンスイング)の軌道は自然に鋭角になります。

しかし、そのままスイングすると、まだクラブがアゴに当たってしまいそうな場合は、振り抜きを優先することが大切です。

安心してクラブを振り抜けるように、必要に応じてクラブを短く持ってスイングしましょう。

クローズスタンスに構え、必要に応じてクラブを短く持つ

ボールに対して鋭角にスイングするには、まずクローズスタンスにします。さらにクラブを短く持てばスイング弧が小さくなって、クラブがアゴに当たらなくなります。