GOLFES

見つかる、楽しむ、あなたのゴルフライフ。

バンカーでの応用ショット~ボールはアゴ、足はバンカーのときはつま先上がりを応用する!~

ボールはアゴ、足はバンカーのときはつま先上がりを応用する!

足場がバンカー内でボールがアゴの上にある場合は、極端にボールの位置が高くなる状況です。更に、足場がバンカー内になるので、重心のバランスを崩さないように気をつけることが大切です。

ボールと体との距離が近くなるので「つま先上がり」と同様の打ち方を心がけ、クラブを短く持って調整することが大切です。クラブを長く持ちすぎると、ダフったり、インパクトでのけ反りやすくなるので注意しましょう。

無理に振り幅を広げようとすると、手打ちになりやすいので、クラブを変えて、ランとキャリーの比率で飛距離を調整しなければなりません。

バンカーの形状やバンカー内の傾斜によってスクエアに立てなかったり、バランスを崩しやすくなります。状況によって腰の位置がスイングの邪魔になるようであれば、必要に応じてスタンスの向きを調整して振り抜きをよくすることが大切です。

ボールまでの距離に応じてグリップの位置を調整する

アドレスで正しい姿勢を作れるようにグリップの位置を調整するのがポイントです。上体の適度な前傾を保てるようにセットすることが大切です。つっ立った姿勢になると手打ちになりやすいので注意しましょう。