GOLFES

見つかる、楽しむ、あなたのゴルフライフ。

バンカーの練習法~柔らかい物の上に置いたボールを実際に打ってみよう!~

柔らかい物の上に置いたボールを実際に打ってみよう!

クッションの上でのスイングの体の使い方を身につけたら、ハーフスイングで座布団などの柔らかい物の上に置いたボールを実際に打ってみましょう。インパクトゾーンのヘッドの動きを身につける練習法です。

プラスチックボールであれば室内で行える人もいるのではないでしょうか。また、練習場であればクッションの代わりにバランスディスクなどを使用するのもいいでしょう。

うまく打てない場合は、素振りに戻って、もう一度スイングを確認してからボールを打つようにすることが大切です。また、テニスボールなど少し大きめのボールを打てる場所があるなら、大きめのボールから練習するのもオススメです。

慣れてきたら、ティッシュの上にボールを置いて打ってみましょう。ボールと一緒にティッシュを飛ばすことで、ヘッドがしっかりボールの下に入っているかを確認できます。

不安定な足場でのスイング感覚を身につけたら、段階的に何度を上げていくと効率よく上達できる

まずは、座布団などを使って、①砂を薄くとるスイングを身につける。次に②テニスボール程度の大きさのボールを乗せて打つ。そして、③実際のゴルフボールと同じ大きさのプラボールなどを打つ。この順で練習すると、段階を追って、正しいスイングを身につけることができます。

ティッシュペーパー練習法

座布団などの柔らかい物にティッシュを置き、その上に乗せたボールを打つ練習です。ボールと一緒にティッシュを飛ばすことができれば、砂をとるスイングの完成です。