見つかる、楽しむ、あなたのゴルフライフ。

ラウンド中突然スライスが連発したらどうする!?簡単に修正できる3つのポイント!

  • 2017.03.25

前日の練習場では絶好調だったのに、本番ではスライスが止まらなくなってしまった。アベレージゴルファーならこんな経験をした人も多いことでしょう。

「アウトサイド・インのカット軌道で打っているのかな?」それとも「クラブフェースが開いているのかな?」などなど、頭はパニック状態になってしまいますよね。しかし、ラウンド中に下手にスイングを変えてしまうと、今度は左に引っ掛けてしまったり、右だけでなく、左サイドにもОBなんて、もうどうしたらいいか分からなくなってしまいますよね。

Defeated golfer

Licensed by gettyimages R

ポイント1 右ひざの真上に右肩がありますか?

Male golfer

Licensed by gettyimages R

ラウンド中にスライスが出始めたときに、まず着眼したいのがアドレスです。とにかくアドレスというのは、自分では気づかないところで、微妙に変化していることがあり、そんな自覚症状のないところで、スライスが出やすいアドレスになっていても、ついうっかり見逃していることが多いのです。

スライスを引き起こすアドレスの中で、特に注意しなければならないのは、構えたときに右肩が出ているということです。いわゆる「オープンボディ」という構え方です。

アドレスで右肩が前に出ていると、ダウンスイングでもその構えたときの肩のラインに合わせて飛球線の外側からクラブヘッドが下がりやすくなります。当然そのようなスイング軌道ではインパクトでボールをカットして、右回転のスピンを与えてしまうことになります。

そこで即効スライス矯正法は、まずアドレスで右肩を引っ込めて構えることです。両手を左大腿部内側に置いて、頭をスタンスのセンターにします。左かかと前方のボールにソールしたら、そのままテークバックに移らないで、その前に右肩を4~5センチ後ろに引いてみましょう。

このとき、果たして両肩のラインが飛球線と平行な状態になっているかどうか自分で確認することは難しく、もちろんラウンド中に他の人に聞くわけにもいきません。このようなときの自己診断法としては、右肩が右ひざの真上にピタッと乗っているかどうかを見るといいでしょう。

右の膝頭と右肩が同じ平面上にあればいいのですから、これなら誰にでもおおよその見当はつきますよね。こうして右肩を引いて(両肩のラインが飛球線と平行になった状態)構えると、ダウンスイングで肩の入り方が深くなって、クラブヘッドも飛球線の内側から下りてきやすくなります。つまりインサイド・インのストレートな打球を生むスイング軌道になるわけです。

ポイント2 基本ボールの位置

Hand placing a tee

Licensed by gettyimages R

次のチェックポイントは左足とボールの位置です。

ドライバーショットでのボールの位置といえば、ビギナーでも「左足かかとの延長線上」と答えることができるゴルフの基本中の基本でしょう。ところが、アドレスの姿勢同様、ボールの位置も微妙に変化しやすく、自分ではいつもと同じように左足かかとの延長線上にボールを置いているつもりであっても、それが微妙に左右にズレていることが実に多いのです。

スライスを生みやすいのは、そうした微妙なズレの中でも、ボールの位置が左に移動したときです。もちろん、正しいボールの位置は左足かかとの延長線上ですが、これが知らない間に左足つま先の前にボールが置かれたときです。

このような位置にボールがズレたときは、インパクトでの体の位置も同様に正しい位置とはかなり違ってきます。打球が真っ直ぐ飛んでいたときは両肩が飛球線と平行な位置にあったのが、ボールが左足のつま先の前にズレることによって、クラブヘッドがそれを追いかけるために右肩が前に出た、つまり体が開いた状態でボールをヒットするようになります。

このような右肩が前へ出た上体でインパクトするということは、クラブヘッドの軌道も完全なアウトサイド・インの形になります。当然右回転のスピンがかかってしまうわけです。したがって、ラウンド中に突如スライスが出始めたら、ボールの位置が正しく左足かかとの延長線上にセットされているかどうかをチェックすることです。

ただ、あまり左足かかととボールの位置に視線を向けていると、右肩が前に出たまま、アドレスを完了してしまう恐れがありますから、このようなときは、テークバックをスタートさせる前に、右肩を後方に引いて正しい両肩のラインにセットしなおすくらいの余裕が欲しいものです。

ポイント3 左足を飛球線と直角にする

Golfer taking his first shot

Licensed by gettyimages R

ボールの位置を確認したら、もうワンポイント、左足の置き方にもちょっとした工夫を凝らしてみましょう。

ほとんどのゴルファーはスタンスをとるとき、両足を逆ハの字にして構えていますよね。中には理由も分からず、ただ「レッスン書に書いてあったから」とか「先輩ゴルファーにアドバイスされたから」ということで、左足つま先を外に向け、右足を直角にした形のスタンスをとっている人もいます。

しかし、いずれにしてもこのような左足のつま先を外に向けるスタンスは、スライスを矯正するにはマイナスで、むしろスライスを誘発する構えといえるでしょう。左足つま先を外に向けることによって、バックスイングで肩が回りにくくなり、逆にダウンスイングでは腰や肩が早く開きやすくなってしまうからです。

スライサーがこのようなスイングをしたら、スイング軌道が余計アウトサイド・インになって、スライスの曲がりを一層大きくさせてしまうことになります。スライスボールが連発して、そのラウンドだけの応急処置ならば、右足をそのまま逆ハの字の位置にしておいて、左足のつま先を内側に向けて、飛球線とほぼ直角となるようにします。

これならば、バックスイングで肩もよく回るようになりますし、クラブヘッドが飛球線の内側から下りてくるのと同時にインパクトでは内側に向いた左足のつま先が抵抗となって、腰や肩の開きを抑え、代わってリストの返しをシャープにしてくれます。

もちろん、このようなアクションはスライスよりもむしろドローボールを生むスイングといってもよく、ラウンド中に突然襲ってきたスライスの対処法としては、おそらく信じられないほどの効果を発揮することでしょう。

意気揚々若いゴルファーにご満足いただけるサービスを入力し、ボールホール

Licensed by gettyimages R

いかがですか?

スイングを矯正しなくても、アドレスの3つのポイントを頭に入れておけば、ラウンド中突然現れるスライス病も怖くないですよ!ぜひお試しください。