GOLFES

見つかる、楽しむ、あなたのゴルフライフ。

【動画】筑波大学の博士が考えた新ゴルフスイング理論「コンバイドプレーン理論」とは!?vol.2

注目のゴルフ理論です。体育科学で筑波大学の博士号を取得した日本プロゴルフ協会A級ティーチングプロの安藤秀さんのコンバインドゴルフ理論です。

正しいターン動作は、移動回転。「上半身が移動を担当し、下半身は回転を担当する」という解説に注目です。

1890年代~1910年代、1920年代~1930年代、1940年代~1950年代、1970年代以降と年代別のスイングの変化の解説も要チェックです。

必ずやってみたくなりますよ。

参照元:YouTube

詳細は、動画をクリック

新しいゴルフ理論だという方はシェア!

左右の重心移動で悩んでいませんか?!