パターのブレードタイプとマレットタイプ。ブレードはアイアン、マレットはドライバーの感覚と芹澤信雄プロが語ります。

パターのストロークは、約60㎝。大切なのは、パターの芯にあてること。ではそれはなぜでしょうか?

次に距離感の出し方。コースに出たときには、できるだけロングパットの練習をする。15ヤードの距離からホールに向かい右手で投げてみる。そして打ってみる。

次は10ヤード、そして5ヤードと打ち距離感をつかむのが良いようです。

詳しくは映像でどうぞ。

参照元:YouTube

詳細は、動画をクリック

スコアはパッティングだ!という方はシェア!

あなたのパターは、ブレッドそれともマレットのどちらですか?