GOLFES

見つかる、楽しむ、あなたのゴルフライフ。

「引っかけ」の多い人は利き腕の正しい動きを確認しよう!

「引っかけ」の多い人は利き腕の正しい動きを確認しよう!

パッティングが安定しない方は、まず利き腕の動きを確認しておきましょう。

パターのストロークの場合、ショットの際とは異なり、パターヘッドをボールに当てて、転がり方を調整するイメージを持ってしまいがちですが、このとき、自然な腕の振りの邪魔をしてしまうのが、体のなかでもっとも器用な「利き手」の動きです。自分でも無意識のうちに、インパクトの強さや打ち出し方向を利き手で調整してしまうことが多いものです。

カップが近くにあるショートパットではボールに当てる感覚が強くなり、ロングパットではボールを弾く強さを利き手で調整してしまいがちです。

そこで、床にボールを転がすことで、自分にどんな癖があるかをチェックしておきましょう。

ボールを握らずに、指先に乗せて重心移動と腕の振りを同調させて転がる距離を調節します。体を使わずに腕の振りだけでは転がさないように注意しましょう。

床にボールを転がす練習法

前向きで転がす

両脚を前後に開いてまっすぐにボールを転がしてみましょう。ボールをギュッと握らずに、ストロークに必要とされる、体全体で腕の振りを調整する動きを身につけましょう。

横向きで転がす

横向きでボールを転がせば、ストローク動作と同じ右腕の動きになります。打ち出し方向に正しく腕を振り、体全体で転がる距離を調整しましょう。これが安定しない方は、右腕の動きがストロークの邪魔をしていることになります。