GOLFES

見つかる、楽しむ、あなたのゴルフライフ。

スクエアなインパクトができるようにするには?

スクエアなインパクトができるようにするには?

パッティングのフォームや腕の振りを確認したら、スクエアにインパクトできるようになるための練習法を紹介していきます。

プロゴルファーでも、パターの練習には多くの時間を費やしています。それだけストロークがスコアに与える影響は大きく、繊細な動作だといえます。逆に言えば、パッティングにはそれだけ大きな「落とし穴」が潜んでいるのです。

パター練習は、パターマットやカーペットがあれば、自宅でも簡単にできるのがメリットです。日頃から、アドレスの向き、正しい体の使い方を身につけ、確実にスクエアなインパクトができるようにしておくことで、飛躍的なスコアアップも可能になります。

パターマットを使用する場合も、最初からカップを狙うのではなく、まずはここで紹介する練習法から始め、慣れてきたところでカップを狙うようにすると効果的です。

ボールケースストローク

ボールケースの横の面にまっすぐフェースを当て、ケースをまっすぐ押し出すように打ちましょう。

2ボールストローク

ボールを2つ並べて、同時に2つのボールを打つ練習法です。まず正しいアドレスをつくり、2つのボールが同じ方向に転がるように打ちましょう。

方向性の練習

ラウンド前にもやっておきたい、2つのボールを使って行う方向性を合わせる練習です。
1球目を適当な距離に打ち、そのボールを狙って同じ振り幅で2球目を打ちましょう。ボールに強く当てるのではなく、ジャストの距離に打てるように制度を高めておきましょう。