GOLFES

見つかる、楽しむ、あなたのゴルフライフ。

アドレスの体の向き、間違えてない?正しく構えるたった1つのポイント

Licensed by gettyimages R

ラウンドデビューに向けて練習場でみっちりと練習を重ねても、いざラウンド本番となると練習のようにはいかないのがゴルフですよね。

それは、「練習場」と「本番(ゴルフ場)」で、大きな違いが複数存在しているからなんです。
最も大きな要素となるのが、「練習場は人工芝である」ということと、「練習場は打席方向が定まっている」ということです。

この「打席方向が定まっている」という当たり前の事実が案外曲者で、練習と本番との大きな違いを生み出す要因となっているのです。
今回は、ラウンドデビューしたての初心者が陥りがちな、アドレス時の体の向きについて解説していきます。

ゴルフ場に打球方向を示す線がない

ゴルフを始めたばかりの頃に、誰しもが先輩ゴルファーから言われる言葉があります。それが「君、右(左)を向いているよ」という言葉。
そう、練習場ではまったく意識していなかった体の向きが、ゴルフ場に行くととても大きな問題となってしまうのです。

ゴルフは遠くにあるもの(グリーンなど)をターゲットとする競技です。遠方のターゲットに対して打球方向を定めていくのですが、その際、慣れていないとターゲット方向(打球方向)を正確に把握できないことが多々あります。
練習場と違ってゴルフ場の芝には線が引かれていないので、ただ「まっすぐ狙う」というそれだけの行為が格段に難しくなります。そのため、予定しているターゲット方向に対してアドレスが右を向いてしまう傾向が出てくるのです。

本人はまっすぐ狙っているつもりなので、右を向いていることにはほとんど気が付きません。
しかし、他人から見ると右を向いていることが一目でわかるので、冒頭で記したように「右を向いているよ」と言われてしまうことになるのです。

打球方向は「胸と肩が向いている方向」で決まる

初心者の頃、アドレスは、肩も腰も足もすべて平行に構えるべきものと考えてしまいやすいものです。
それもけして間違いではないのですが、最終的に打球方向を決めるのは、特殊な状況を除いて「胸と肩が向いている方向」なんですね。

当初は、ついつい目で確認しやすい「足元」でアドレスの方向を決めようとしてしまいやすいのですが、これは勘違いや錯覚を招きがちな方法です。

足元はオープンスタンス(左向き)でもクローズドスタンス(右向き)でも構いません。人それぞれの身体特性に合わせて、降りやすいスタンスを採用していけば良いだけのこと。

重要なのは、「胸と肩を平行にして、その方向を打球方向に合わせる」ということです。足下よりも胸と肩を意識しましょう。

遠くを狙うのではなく、1メートル先の目印を見つける

ただし、遠くのターゲットのみを意識してしまうと、方向はずれてしまいがちです。
まずは、ボールをセットした状態で、後方からターゲット方向を確認しましょう。そして、そのライン上かつボールから1メートル程度先に、何かしらの目印を見つけることをおすすめします。

その上で、ボールとその目印(スポット)を結ぶラインに対して平行となるように、胸・肩ラインを合わせるようにするのです。
遠くを狙うよりもずっと構えやすくなるので、ぜひ試してみてくださいね。

定期的なアドレスチェックには便利な練習グッズの活用を

ゴルファーなら誰しも練習場やコースでボールが思い通りの方向に飛ばない、または意図した弾道が出ないということになれば、自分のスイングに少し違和感を感じてしまうこともあるでしょう。

著者の場合、ラウンド終盤に入って疲れてくるとよくスタンスがオープンになり、それが原因で膝のライン・腰のライン・肩のラインが全体的に左を向いてしまうことがよくあります。

でも、プレー中の本人はそんなことお構いなしといった調子でひたすらクラブを振り続けています。まさに本人の気づかないうちにアドレスは徐々に崩れていってしまうものなのです。

この記事を読んでいる皆さんのなかに初心者時代はよく確認していたアドレスチェックを最近はあまり意識していないという方も多くいらっしゃることでしょう。

そういった方はアドレスチェックが簡単にできる便利な道具等の活用をおすすめします。専用の道具を使えば、今よりも簡単にアドレスチェックできますのでぜひ試してみて下さい。

もっともおすすめしたいのは、安くてお買い得なキャロウェイゴルフ社の「アライメントスティック」です。

スティックの使い方はとてもシンプルです。練習場ではターゲットライン上に1本とスタンスの後ろ足側、前足側にそれぞれ1本ずつスティックを置いてショットします。

同様の練習をクラブやボールなどを使ってすでに実行しているという方も多いことでしょう。しかし、スティックを使った方がより正確にアドレスを意識して練習に取り組むことができます。

興味がある方はぜひ試してみて下さい。

 

関連記事