GOLFES

見つかる、楽しむ、あなたのゴルフライフ。

【動画あり】ドラコン用「飛ばすためのスイング」とラウンド用の振りの違い│さっちゃんドラコンへの道

おはよう( ^ω^ )
こんにちは( ^ω^ )
こんばんは( ^ω^ )

今日も楽しくさっちゃんだよー!

寒くなってきましたね。
ドライバーいっぱい振って温まりましょ。笑

今日は、『ドラコンと普段の違い』についてだよ( ^ω^ )
ドラコンとラウンドの振りは違う!ってことを言ってきたんだけど、具体的にどこが違うのかってことを解説します(^^)

1.ラウンド振りは70%、ドラコン振りは120%

そのまんまです。
ラウンドのときは全力の7割で振ってますが、ドラコンのときは身体が痛くなるくらい振ります。
今はドラコンくらい振っても身体が痛くならない振り方を研究中!
私は手首の関節が柔らかいから、危険なのです(笑)

2.ラウンドはストレート狙い、ドラコンはドロー狙い

知ってる人は知っている。
ドローのほうが飛ぶんです!
だからドラコンのときは絶対フェードが出ないように、相当右から回して打っています。フックしろぐらいな勢いで⊂((・x・))⊃

3.より強く腹筋を意識!

自分の限界を超えて振るので、どうしても身体がフラついてしまいます。
それを防ぐためにこれでもか!ってくらい腹筋!
一気に力を入れるのではなく、息を吐きながら少しずつお腹をへこませながら力を入れます。

こっち↓が普段のスイング

こっち↓がドラコンを意識してのスイング

ドラコンスイングのときアドレスで1度後ろに傾けているのは、つま先重心を意識するためです。
遠心力がより強くなるので、身体が後ろに飛ばされないようにしています⊂((・x・))⊃

なんで回転速度が変えられるのかというと…
右足をすっごく蹴る!!
が、ポイント。
右足を蹴った勢いで、身体を回しています。
よく飛ばそうとして腕に力を入れる人がいますが、それはりきみってことになってしまいます(´・_・`)
腕の力感はいつも通り!が大切(^^)

押尾1

今日はこのへんで。

寒くなってくると怪我もしやすいので、しっかりストレッチしてから練習しましょうね★

さっちゃんでした。

関連記事

ゴルフの怪我②プロも引退に追い込まれる腰痛

  • 2016.07.23

腰はゴルフスイングの中でパワーを生み出す大事な部分ですが、そ…

【動画】イボミの捻転がすごい!参考になるスーパースロー動画

  • 2016.09.09

日本で大活躍中のイボミ選手のスイングをご覧ください。超スロー…

美人プロ藤田光里のスイングは縦のツイストが飛距離を生む

  • 2016.03.15

華やかな話題が、藤田光里には似合います。外車メーカーとの契約…