GOLFES

見つかる、楽しむ、あなたのゴルフライフ。

菊地絵理香 アプローチが上手いと思う美人プロゴルファーNo.1

今、日本女子ゴルフ界は、美人プロゴルファーの活躍で盛り上がっています。ゴルフが上手くて美人なのですから、自然と注目も集まります。

ところで、みなさんはアプローチは得意ですか?

アプローチで確実に寄せる技術があれば、スコアを縮めることができます。プロのアプローチを参考にして練習することが、アプローチ上達の1つの方法です。
ゴルフ大好き女子が、アプローチが上手い選手の中で美人No.1を選んでみました。
菊地絵理香さんです。彼女の2018年のバーディ数は6位です。

菊地絵理香さんは、美人で強い、アプローチが上手い、笑顔が可愛いと人気の選手です。

菊地絵理香さんは、どんな選手なのでしょうか。

《美人ゴルファー菊地絵理香 アマチュアも参考にしたいアプローチの名手》

今年、プロ11年目を迎える美人プロゴルファー菊地絵理香さんは、2015年のKKT杯バンテリンレディスオープンで悲願の初優勝を飾り、2016年のスタジオアリス女子オープンでも優勝。2017年Tポイントレディスで優勝を果たし、ツアー3勝を挙げています。毎年コンスタントに優勝していたのですが、2018年は未勝利に終わってしまいました。でも獲得した賞金は7500万円を超えて賞金ランキングは7位。33試合に出場し、トップ10入りした試合は11試合と、安定したゴルフを見せています。未勝利で賞金ランキング上位とは素晴らしいと思います。

優しい笑顔が魅力的な菊地絵理香さん。そのルックスからファンも多く、大会ではギャラリーを引き連れてプレーをしています。過去には、ウェア契約をしている23区GOLFの1日店長としてイベントに参加した際に、通常の3倍の売り上げを記録したこともあります。

23区GOLFのウェアがとてもよく似合って、会場を一気に華やかにします。彼女のようなゴルフウェアでラウンドしてみたい。そう思う女性ファンの気持ちがとてもよく分かります。

絵理香さんは、なかなかツアー初優勝することが出来ず、苦しい時期を経験しましたが、この苦しさを知っているからこそ、弱音を吐くことなくプロとしての維持を見せ、結果を残している努力を怠らない選手です。

1.菊地絵理香 2018年を振り返る

菊地絵理香さんは、2015年、2016年、2017年と優勝を果たして、レギュラーツアーでは3勝を挙げています。4勝目が期待されましたが、昨年は未勝利で終わってしまいました。

でも、難コースと呼ばれるヤマハレディースオープン葛城2位、ニトリレディスゴルフトーナメント10位タイ、日本女子ゴルフ選手権コニカミノルタ杯7位タイ、日本女子オープンゴルフ選手権競技3位と上位に入っています。
ヤマハレディースオープン葛城は、硬いグリーン。3日目は、変化する風に苦しむ選手が多い中、5番パー5では、残り75ヤードからピン手前70cmにつけてバーディーを奪います。そして6番パー4でも、残り130ヤードからピンそば30cmに寄せ、13番ではフックラインを読んで8m沈めるなど、絵理香さんは随所で見せ場を作りました。

難コースで上位に入れるのは、偶然ではなく、高い技術としっかりとコースマネジメントができている証でもあります。

そして、中でも注目したいのは、日本女子オープンゴルフ選手権です。
2018年9月27日〜30日千葉県の野田カントリークラブで開催された日本女子オープンゴルフ選手権。絵理香さんは最終日、最終組トップタイからスタート。2バーディ、2ボギーの「72」とスコアを伸ばせず、首位と5打差の3位で終えましたが、日本女子オープンゴルフ選手権では6年連続のトップ10入り。優勝は逃していますが、なかなか達成できることではありません。6年連続でトップ10入りができるのは、偶然では成し遂げられない結果です。絵理香さんにとって、この大会は相性がとても良い大会と言って良さそうです。

どうして難コースで6年連続でトップ10入りを果たすことができるのか?!
どんな状況でもピンに寄せるアプローチの技術が優れていること、冷静に判断ができることではないでしょうか。

絵理香さんは、2019年1月、新年の「新年賀詞祝賀会」にオレンジの鮮やかな振袖姿で出席しました。そして「公式戦で勝ちたいです」と決意表明。やはり日本女子オープンゴルフ選手権への思いは強いようです。
「女子オープンで勝つためには、グリーン周りのレベルアップが一番の近道だと思っています。昨年の賞金女王のアン・ソンジュさん(韓国)もメジャー3勝の申ジエさんもそこでの簡単なミスはしない選手です。
100ヤード以内のアプローチを確実にすることを重点的に取り組んでいます。更にアプローチの精度を上げてくることでしょう。

あと一歩のところで届かなかった優勝。2019年は手が届くかもしれませんね。

2.菊地絵理香 アプローチの名手のスイング

早速、菊地絵理香さんのアプローチを見てみましょう。絵理香さんは、アプローチは遊び感覚で気軽に振るようにしています。

「ガチガチにグリップしたり、力んでいてはいいアプローチはできません。ショットやパターの真剣なモードとは違って、アプローチは唯一遊び感覚でできるので、私も自然と得意なクラブになっていきました」
「そこに落とすためには、このくらいの感覚で振ればいい」
アプローチでは、この気軽さが大切だと菊地絵理香さんが教えてくれました。

菊地絵理香さんのアプローチのポイントは3つ。
1.スタンスは狭く左に足に体重を置く。
体重が真ん中や右足にかかっていると、トップやダフりなどのミスショットにつながってしまいます。このときの体重比は左足7:右足3がベストです。

2.グリップは短めに握る。
握り方は自分の握り方でOKですが、、なるべく短く握りましょう。長いと、すくい打ちなどのミスが出やすくなってしまうので注意しましょう。

3.ボールは右に。
球を上げたいなら、ボールを左に置けばOKです。でも、打つのが難しそうという人は、無理に左に置く必要はありません。右目に置いても大丈夫。サンドウェッジやアプローチウェッジを使えば十分にボールは上がります。

これだけ覚えればアプローチは完璧だと絵理香さんは言っています。

ミスをなくすためには、できるだけリラックスして打つことが一番のポイントです。

手首を固める。頭を動かさない。など意識しすぎるとリラックスして打つことができなくなってしまいます。絵理香さんは遊び感覚でリラックスして、アプローチしているのだそう。

そしてグリップエンドとおへそがいつもついているイメージで振ることが大切です。構えがちゃんとしていれば大きなミスは出ないので、この感覚でリラックスして振ってみましょう。

振り幅と飛距離は、人によって違います。なので自分の距離感はしっかりつかんでおくことも大切です。振り幅で注意したいのは、左右同じ幅で振ること。右も左も同じ幅で振る意識で練習してください。

これで、絵理香さんのようなアプローチが再現できるはずです。完璧に寄せることができれば、もっとゴルフが楽しくなるはずです。

2‐1.菊地絵理香さんのアプローチを辻村明志さんが分析

上田桃子さんらを指導するツアープロコーチの辻村明志(つじむらはるゆき)さんも、絵理香さんのアプローチを評価しています。

「着実にピンに絡ませる、時にはチップインを奪う”寄せ”は、ツアー屈指。絶対に寄せたいアプローチを取りこぼさない選手。ピッチエンドランのイージーチップが本当に上手い」

「難しい舞台でも上位に行けるゴルフを支えているのは、アプローチの上手さ。彼女のアプローチショットは、右手首の角度がアドレスからフィニッシュまで一切変わりません。アプローチは手の動きがバラバラだと安定せず、コントロールが難しくなってしまいます。絵理香さんのように再現性の高い寄せを目指したいなら、手首の角度の固定が必要です。固定することで、球の高さ、落としどころ、スピンコントロールができるようになり、安定する」

「ボールの位置は右足の先。そしてシャフトが立っています。これにより、右にあるボールを優しく拾ってくる。アマチュアゴルファーは、シャフトが寝てしまい、上からボールを突っつくように打つ人が多いのだそうです。これではアプローチは上達しない」
と辻村さんは分析しています。

また絵理香さんを3勝に導いた、上田桃子さんらのバッグを担いだこともあるキャディの川口淳さんは、彼女の精神的な成長を感じているそうです。以前は、
「優勝スピーチをするのが嫌だから私は2位でいい」こんなことを平気で言っていたのですが、
「海外勢に負けないように、差を詰めないといけない危機感がある」
こう発言したことがあり、驚きを感じたと言います。

「(菊地絵理香さんは)本当によく練習をする選手。ショットが上手いのに、アプローチも上手い。ボギーもあまり打たない選手」
「菊地絵理香さんは、ウェッジを3本操るアプローチの名手。風の強さや局面も応じて3本とも同じ距離を打てる珍しい選手です」
と川口さんは言っています。
試合などで1番身近な存在のキャディが、言うのですから間違いありません。

3.菊地絵理香 ゴルフの経歴

菊地絵理香さんは、ティーチングプロだった父・克弥さんの影響で、3歳上の姉・明砂美さんと共に、6歳でゴルフを始めました。父・克弥さんは娘たちのためにゴルフ場が近くに引越しをして、娘たちのためにゴルフの環境も整えました。絵理香さんは、見た目は清楚で優しい笑顔が印象的。でも実は、とても負けず嫌いな性格なのだそうです。
母・砂織さんは、
「5歳の頃に、スキーの直滑降で父親と張り合ったことがあるくらいの負けず嫌いな性格です。芯が強くて、けっしてブレない。弱音を吐かない子です」
だと言っています。

絵理香さんは、14歳から本格的にゴルフに取り組むようになりました。小さい頃からゴルフに慣れ親しんでいた上に、ゴルフの環境も整っていたこともあり、ゴルフの上達も早ったようです。すぐに頭角を現し、2003年(中学3年生)で日本女子アマチュア選手権でベスト4入りを果たしました。
そして、ゴルフの名門校、東北高等学校に進学します。宮里藍さんや有村智恵さん、原江里菜さん、大江香織さんもこの学校のゴルフ部の卒業生です。

2004年(高校1年生)と2006年(高校3年生)のときに、東北ジュニアゴルフ選手権(15歳~17歳の部)で優勝。2006年には全国高等学校ゴルフ選手権(個人の部)でも優勝を果たしました。

2008年、絵理香さんは2度目のプロテスト受験で10位タイで合格して、日本女子プロゴルフ協会(LPGA)の正会員となりました。プロテストに合格したものの、ツアーではなかなか成績が残せずに苦しい時期が続いていまいました。プロの世界の厳しさを感じていたことでしょう。

2012年賞金ランキング43位で、翌年のシード権を獲得。これで絵理香さんは波に乗り始めて、2013年は賞金ランキング20位と大きく飛躍します。2014年の賞金ランキングは23位。そして、2015年KTT杯バンテリンレディスオープンで悲願のツアー初優勝を飾りました。
菊地絵理香さん、プロ8年目にして、ようやく手に入れた優勝です。
そして2016年スタジオアリス女子オープンで2度目の優勝。2017年、Tポイントレディスゴルフトーナメントで3度目の優勝。2018年は優勝は逃してしまいましたが、安定したゴルフを見せ、賞金ランキング7位と大健闘を見せました。

4.菊地絵理香 温かみのある女性

菊地絵理香さんは、自分勝手で負けず嫌い。そんな風に言われてしまったことがあります。でもゴルフは個人で戦う競技。この負けず嫌いさが大切です。実際、プロゴルファーは負けず嫌いな選手が多いと思います。
絵理香さんは、母も認める大の負けず嫌いな性格。プロゴルファー向きの性格ですね。でも負けず嫌い=自分勝手な性格ではありません。

ゴルフという競技から、少し自分勝手などのイメージになってしまうのかもしれませんが、彼女はファンのサインにも気さくに応じて、会話をするなどファンをとても大切にしています。

絵理香さんは、北海道小牧市の出身です。昨年、北海道胆振東部地震の被災地支援のため義損金300万円を寄付しました。彼女が中学まで過ごした厚真町も甚大な被害に遭いました。

「このたび甚大な被害をもたらした北海道胆振東部地震によって、多くの尊い命が失われ、また多くの方が未だ避難生活を強いられ、不安な日々を過ごされていることに、北海道に生まれ、育ったものとして非常に心を痛めております。
犠牲になられた方々に謹んで哀悼の意を表しますとともに、被災されたすべての方に心からお見舞いを申し上げます。一日でも早い復旧、復興をお祈り申し上げます」
とコメントしました。

とても気持ちの優しい、慈悲深さを持った温かい女性です。厚真町のみなさんも喜んだことでしょう。

北海道は気候の影響もあって、屋外での練習できる期間が短かったのではないでしょうか。

でも努力家の絵理香さんは、筋力アップを目指して、中学2年生のときからシャフトに2kgの重りをつけたアイアンを4年間振り続け、3回も疲労骨折を経験したこともあります。

鍛え上げられた下半身は、こうした筋力トレーニングの賜物。O脚気味で、少しガニ股で歩くなどと言われていますが、カメラマンにあまり脚を撮らないようにお願いしているそうです。こんな可愛いところも彼女の魅力の一つでもありますよね。

ラッキーカラーはグリーン。
「昔から癒されるイメージがある」
初優勝を飾ったとき、全身グリーンでコーディネートされていたことがきっかけとなり、グリップやボール、ネイルなどグリーンを取り入れるように心がけているそう。
自分の好きな色やラッキーカラーを身につけることで、リラックスできます。好きな小物を身につけても良さそうです。同時に、お守りのような効果があるのかもしれませんね。

トーナメント中は、1人で過ごす時間を作り、リラックスするようにしています。移動も基本は自分で運転をして1人なのだそう。運転が好きで気分転換になっています。

気分転換はとても大切ですよ。私たちは仕事のオンとオフの切り替えができますが、プロゴルファーはオフでも常にゴルフのことを考えなければなりません。プロゴルファーでもシード権を獲得しなければ、翌年の試合にも出場することができません。
練習、トレーニング、そして練習の毎日で、なかなか気分転換をするのが難しいのではないか、と思います。好きな音楽を聴いたり、映画を観たり、食事を楽しむゴルファーもいます。

プロゴルファーの世界は華やかではありますが、とても厳しい世界です。

菊地絵理香さんのように、ツアーで活躍できる選手はわずか数名です。彼女が努力を重ねた結果でもあります。

実は、絵理香さんの3歳年上の姉・明砂美さんもプロゴルファーです。プロゴルファーとしては絵理香さんが2期先輩となりますが、同じく美人ゴルファー。まだシード権は獲得できていませんが、妹・絵理香さんの活躍に刺激を受けて、シード権を獲得する日がくるかもしれません。
姉妹美人ゴルファーが同じ舞台で戦う日が楽しみです。

5.菊地絵理香 バッティングも安定

菊地絵理香さんのドライバーの平均飛距離は230ヤード。女子プロゴルファーの中で、飛ばす方ではありません。アプローチの名手は、2018年パッティングも冴えた試合も多かった1年でした。2018年の平均パット数パーオンホールで16位。
飛距離では少し劣るところもありますが、全体的に均等のとれた素晴らしい選手だと思います。

パッティングの不調に苦しんだ時期もありましたが、昨年より、ピン型からマレット型に変更。最初は違和感があったといいますが、相性が良さそうです。

そしてパッティングの女王鈴木愛さんから、
「パッティングの音がよくない」
と助言され、音を意識して練習をするようになりました。

音が悪いということは、
「つまり芯に当たっていないということです。芯に当たっていないといい音がしない。あまり意識していなかったのですが、それからは音をイメージして打っています。芯を外すと薄くて固い音がするんです」

アドバイスを送った鈴木愛さんは、
「転がりが悪い人は鈍いというかフェースに厚く当たっている。いいパッティングができている人はカンって音がします」
とアドバイスしています。

みなさんは、バッテイングの音を気にして打っていますか?

絵理香さんは、愛さんのアドバイスを受けて、オフには5~6mのミドルパットを重点的に練習をしました。これでパッティングの精度が上がり、自信にもなりました。
「ショートばかり練習しているとリズムが悪くなる。ロングパットはただ寄せるだけの練習になってしまう。このくらいの距離を入れないと勝負にならない」

絵理香さんは、パッティングの距離感は振り幅で作っています。自分の振り幅がないと、テークバックが大きすぎてフォローがなくなってしまう。ストローク中に力を加減して芯でボールを捉えられなくなってしまいます。
距離感を作るために大切なことは、
テークバックと振り幅を1:1にすること。
と教えてくれました。長い距離になったときは、振り幅を大きくするだけ。1:1を基準の距離感にして微調整をするだけで、パッティングが変わるそうです。
5mの距離を自分の基準の距離感で打ってみて、もし届かなければ6mの力加減で打てばいいだけ。しっかりと自分で歩測をして距離を確認して、1、3、5、7mの振り幅で距離を打ち分けることができれば、パッティングの悩みは解消です。距離に関わらず、テークバックとフォローの振り幅は1:1です。アマチュアゴルファーは、フォローが小さい人が多いそうです。

あとはイメージです。

アプローチやパッティングの技術が優れていれば、飛距離がでなくてもスコアを伸ばすことができます。勝負のカギとなります。私たち一般のゴルファーはなかなか思うように練習ができない。練習場ではドライバーがメインになってしまいますよね。
でも、絵理香さんのアプローチやパッティングを何度も見てたくさんイメージすることで、すでに経験値が上がります。ゴルフ場までイメージして練習して、ゴルフ場の様々な地形や天候に動じない適応力。プレッシャーに負けない精神力があれば完璧です。

6.菊地絵理香 まとめ・今季大活躍?

少し派手目なウェアも菊地絵理香さんによく似合って、とても素敵です。1日店長を務め、売り上げが3倍だったことも納得です。彼女のように着こなしてラウンドしてみたい、という女性ゴルファーはたくさんいることでしょう。普段ではできないファッションを楽しめるところもゴルフの魅力でもあります。ゴルフを始めてみたいという若い女性ゴルファーも増えています。

ゴルフは世代や性別を問わず、ますます人気のスポーツとなっていくことでしょう。

菊地絵理香さん、2019年ツアー4勝目を上げることができるのか。シンプルで美しい、素晴らしいアプローチを見せてください。

目標は、
「メジャー優勝」
「獲得賞金1億円突破」

アプローチの名手、美人プロゴルファー菊地絵理香さん頑張ってください。
たくさんのファンが応援しています。

2019年のLPGAツアーがいよいよ開幕します。今年も実力者が揃っています。各選手がどんな戦いを見せてくれるのかとても楽しみですね。

7.菊地絵理香 プロフィール

菊地絵理香(Erika Kikuchi)

生年月日 1988年7月12日(30歳)
身長 157cm
体重 52kg
血液型 B型
出身地 北海道苫小牧市
出身校 東北高等学校(宮城県)
プロテスト合格日 200
趣味 音楽鑑賞 読書
好きな色 黄緑 白 黒
ゴルフ歴 6歳から
所属 オンワードホールディングス
契約 クラブ:タイトリスト
   ボール:タイトリスト
   ウェア:23区ゴルフ
   シューズ:フットジョイ

8.菊地絵理香 主な成績

2018年
大王製紙エリエールレディスオープン 3位
スタンレーレディスゴルフトーナメント 9位タイ
日本女子オープンゴルフ選手権競技 3位
日本女子ゴルフ選手権コニカミノルタ杯 7位タイ
ニトリレディスゴルフトーナメント 10位タイ
CAT Ladies 3位タイ
中京テレビ・ブリヂストンレディスオープン 9位
ほけんの窓口レディース 2位タイ
フジサンケイクラシック 2位
ヤマハレディースオープン葛城 2位
ダイキンオーキッドレディスゴルフトーナメント 9位タイ

2017年
大王製紙エリエールレディスオープン 7位タイ
樋口久子三菱電機レディスゴルフトーナメント 6位タイ
日本女子オープンゴルフ選手権競技 8位
マンシングウェアレディース東海クラシック 3位タイ
CAT Ladies 2位タイ
ニッポンハムレディスクラシック 5位タイ
Tポイントレディスゴルフトーナメント 優勝※

2016年
大王製紙エリエールレディスオープン 5位タイ
伊藤園レディスゴルフトーナメント 10位タイ
樋口久子三菱電機レディスゴルフトーナメント 8位タイ
日本女子オープンゴルフ選手権競技 10位タイ
日本女子ゴルフ選手権コニカミノルタ杯 6位タイ
CAT Ladies 8位タイ
meiji カップ 9位タイ
センチュリー21レディスゴルフトーナメント 2位タイ
サマンサタバサガールズコレクション・レディーストーナメント 10位タイ
ニッポンハムレディスクラシック 2位タイ
アース・モンダミンカップ 8位タイ
ニチレイレディス 6位
リゾートトラストレディス 4位タイ
スタジオアリス女子オープン 優勝※
アクサレディスゴルフトーナメント in MIYAZAKI 3位タイ
Tポイントレディスゴルフトーナメント 8位タイ
ダイキンオーキッドレディスゴルフトーナメント 10位タイ

2015年
伊藤園レディスゴルフトーナメント 7位タイ
日本女子オープンゴルフ選手権競技 2位タイ
ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープンゴルフトーナメント 9位タイ
日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯 10位タイ
meiji カップ 6位タイ
センチュリー21レディスゴルフトーナメント 2位タイ
サマンサタバサガールズコレクション・レディーストーナメント 5位タイ
ヨネックスレディスゴルフトーナメント 5位
サイバーエージェントレディスゴルフトーナメント 2位
KKT杯バンテリンレディスオープン 優勝※
スタジオアリス女子オープン 3位
アクサレディスゴルフトーナメント in MIYAZAKI 7位タイ
Tポイントレディスゴルフトーナメント 6位
ヨコハマタイヤゴルフトーナメントPRGRレディスカップ 3位タイ

2014年
樋口久子 森永レディス 8位タイ
富士通レディース 2位タイ
日本女子オープンゴルフ選手権競技 6位タイ
ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープンゴルフトーナメント 10位タイ
マンシングウェアレディース東海クラシック 10位タイ
日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯 10位タイ
NEC軽井沢72ゴルフトーナメント 2位タイ
ワールドレディスチャンピオンシップサロンパスカップ 8位タイ

2013年
日本女子オープンゴルフ選手権競技 2位タイ
ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープンゴルフトーナメント 7位タイ
マンシングウェアレディース東海クラシック 5位タイ
日医工女子オープンゴルフトーナメント 3位タイ
アクサレディスゴルフトーナメント in MIYAZAKI 5位タイ
Tポイントレディスゴルフトーナメント 4位タイ
ヨコハマタイヤゴルフトーナメントPRGRレディスカップ 4位タイ
ダイキンオーキッドレディスゴルフトーナメント 8位タイ

2012年
スタンレーレディスゴルフトーナメント 9位タイ
ダイキンオーキッドレディスゴルフトーナメント 4位

2010年
ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープンゴルフトーナメント 9位タイ
CAT Ladies 6位タイ
スタンレーレディスゴルフトーナメント 10位タイ

2009年
日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯 6位タイ

9.菊地絵理香 クラブセッティング

●ドライバー 
VGドライバー(9.5度)
スピーダー エボリューション
4569(硬さSR)

●FW&UT
ローグスター フェアウェウッド(3番、5番)
VG3ユーティリティメタル(5番)
816 H1 ユーティリティ(4番)

●アイアン
VG3アイアン(6番~P)

●ウェッジ
ボーケイデザイン SM7 ウェッジ(48度、52度、58度)

●パター
セレクトニューポート パター

●ボール
プロV1xボール

※プロは頻繁にクラブ調整を行うため、実際の使用ギアとは異なる場合があります。

関連記事