ダンロップはスリクソンでも、XXIOでも飛ばす快感を追求している! | ゴルフ動画マガジン GOLFES
GOLFES

見つかる、楽しむ、あなたのゴルフライフ。

ダンロップはスリクソンでも、XXIOでも飛ばす快感を追求している!

ダンロップスポーツといえば、『XXIO』と一番に思い浮かべるゴルファーはたくさんいます。現在、日本国内で最も売れているボールは『XXIO』シリーズです。2017年3月10日に“XXIO SUPER SOFT X”がラインアップに加わります。

ダンロップスポーツはXXIOだけではありません。『クリーブランド RTX-3』ウェッジは、2017年2月18日に、『スリクソン Z565 TG ドライバー』は、2017年4月22日に発売です。2017年の春にダンロップスポーツが送り出す新製品について紹介します。

飛ばす快感を知りたくないゴルファーはいない!

ds1701a02

「つぶして、飛ばす、快感。」というコピーで、グッと来ちゃうゴルファーは多いはずです。2017年3月10日に発売となる“XXIO SUPER SOFT X”は、「スーパーやわらかい。スーパー飛ぶ。」ボールということです。

中身について確認しましょう。3ピースの構造は凄いことになっています。中心は新開発の『ハイスピード大径スーパーソフトE.G.G.コア』で従来比10%ソフト。その外側のミッドカバーも新開発の『高反発スーパーソフトミッド』で従来比36%ソフト。この新開発の2つの素材で、ボールのコンプレッションが14%もソフトになって、つぶれるようになったわけです。

“XXIO SUPER SOFT X”はよりつぶれることで、従来品より打ち出し角が大きくなり、低スピンになりました。ヘッドスピード40m/秒でドライバーを打ったときにも、飛距離は従来品よりも+2.3ヤードになるそうです。

更に、3角目の新開発の『高弾道338スピードディンプル』は抗力係数を小さくすることにより空気抵抗を減らし速度を維持して、弾道の頂点以降では揚力係数を大きくすることで、伸びがある弾道になって飛距離アップに繋がります。説明を聞くと「つぶして、飛ばす、快感。」が現実的に感じてきました。打ってみたくなります。

ds1701a03

“XXIO SUPER SOFT X”が、多くのゴルファーが使えるように開発されたことは、マシンテストのデータがヘッドスピード40m/秒になっていることでもわかります。ターゲットは飛距離を求める全ての老若男女ゴルファーです。

もう一つの証拠が、カラーバリエーションです。ホワイト、プレミアムホワイト、プレミアムピンク、プレミアムパッションイエロー、プレミアムパッションオレンジの5色から選ぶことができます。カラーボールしか使わないという新しいゴルファーにも対応しているのです。

ボールナンバーは、11、22、33、55、77、88となります。XXIOのロゴも大きく、ダブルナンバーは目立つので歓迎するゴルファーは多いはずです。

高級価格帯のボールになりますが、やわらかいことは飛距離だけではなく、打ち応えにも影響します。XXIOファンのゴルファーは、“XXIO SUPER SOFT X”に乗り換える人が多いでしょう。機能的な満足だけではなく、目立つことは所有欲も満たすのです。

それでも、スリクソンを使いたいという貴兄のために

ds1701a07

“SRIXON Z565 TG DRIVER”(スリクソン ゼット ゴーロクゴ チタングレー ドライバー と読みます)は2017年4月22日に発売されます。ターゲットは、アスリートギアの雰囲気はそのままでスリクソンを使いたいヘッドスピード40m/秒前後のゴルファーです。

“SRIXON Z565”は、2016年9月10日に発売されて、松山英樹プロも実戦投入した大人気のドライバーです。シャフトバリエーションが豊富にあり、広い層のゴルファーが使えることも特徴のドライバーです。

“SRIXON Z565 Miyazaki Kaula 5”は、ヘッドスピード44m/秒前後のゴルファーが対象で、“SRIXON Z565 RX”は、ヘッドスピード42m/秒前後のゴルファーが対象になります。新発売される“SRIXON Z565 TG DRIVER”は、ヘッドスピード40m/秒前後のゴルファーの為に開発されたものです。

ds1701a08

画像ではわかりづらいのですが、今までの“SRIXON Z565”はブラックなヘッドだったのですが、新しい“SRIXON Z565 TG DRIVER”は、ヘッドのクラウンが濃いグレーなのです。チタングレーという名前の通りで、ちょっとカッコイイ仕上げになっています。

フェースも、『サテン仕上げ』から『サテン+黒IP仕上げ』になりました。アスリートギアを使うという満足感をさらにアップさせる仕上げの変更は、ピカピカと輝くような目立ち方ではなく、渋いゴルファーのギアとして目立ちます。これにはお見事だと感心しました。

ds1701a06

ダンロップスポーツのオリジナルシャフトである『Miyazaki シャフト』も、“SRIXON Z565 TG DRIVER”の為に新しいシャフトが装着されます。注目したいのはシャフトの重量です。なんと40g台なのです。(「S」で49g、「SR」で46g)

『Miyazaki シャフト』の良い所はそのままに『Z565 Miyazaki Melas ll シャフト』は作られています。ヘッドスピード40m/秒に合わせる意味で、総重量が299g(「SR」の場合。「S」は302g)というのに注目しました。

ほんの数gでも、ドライバーはスイングに影響をするものなのです。この総重量に助けられるゴルファーは多いと思います。「スリクソンを使いたいけど、ちょっと使えないかなぁ」と諦めていたゴルファーは手に取って欲しいです。“SRIXON Z565”は、本当に良く出来ているドライバーだからです。

新たにラインアップに加わる“SRIXON Z565 TG DRIVER”は、『いつものスイングでしっかりつかまえて飛ばせる』ドライバーです。

悩まないで使えるウェッジがある!

ds1701a05

現在のウェッジの原型は、クリーブランドが作ったものです。20世紀末に生まれて、一気に世界中のゴルファーに愛されたクリーブランドウェッジは健在です。

新しい“クリーブランド RTX-3”(ローテックス・スリー と読みます)ウェッジは、2017年2月18日に日本国内でも発売されます。アメリカ市場は昨年の秋に発売され、アメリカのツアーでも使用者が多い人気のウェッジになっています。

ロフトは48度から2度刻みで60度まであります。バックフェースは、操作性を重視したブレードタイプと、安心感を重視したキャビティタイプが選べます。仕上げもシルバー系のツアーサテン仕上げと、マットブラック系のブラックサテン仕上げが選べます。更にソールは、最も使われるロフト56度と58度は3つのバンスから選択できるのです。

「V-LG ローバンス」「V-MG スタンダードバンス」「V-FG ハイバンス」というソールは、どれも良く出来ています。いわゆる抜けの良さは見るだけでも十分に実感できます。V字に削られたバンスは、アメリカのツアーでも高評価を得ています。

ds1701a04

フェースの溝は、“クリーブランド RTX-3”ウェッジから新しくなっています。『NEW ツアージップグルーブ』は、今までより溝の幅を狭くして、その分深くしています。結果としてフェースに刻む溝の数を増やしているのです。

また、溝の隙間には、『ローテックス NEW マイクロミーリングレーザー』で細かい溝が彫られています。この溝が新しい技術なのです。

ロフト48度~52度は、フルショットで使うことが多いので、リーディングエッジに向かってスクエアになるように刻まれて、ロフト54度~60度は開いて使ったときに最も効くようにトウ側に向かってミーリングされているのです。細かいところですけど、だからこそ使い手としては嬉しくなる細工です。

「フィール・バランシング・テクノロジー」 にも注目です。ネックを短くして、中を中空にしたことで、重量を軽くして、その重量ををヘッドに分散させました。重心位置をフェースの真ん中になるようにしたのです。これによって、フェースのどこに当たっても飛距離と方向にバラツキが減るという効果を生んだのです。

松山英樹プロのバッグには、クリーブランドのウェッジが入っています。これだけでも手に取る価値があると思いますが、気に入ったウェッジに巡り会えていないゴルファーや、寄せで迷っているゴルファーには、クリーブランドのウェッジを推薦しています。最先端の技術を詰め込んでいながら、基本でもあるウェッジだからです。

更に、コストパフォーマンスの良さも特筆すべきでしょう。最先端のウェッジのメーカー希望価格が1本、15,000円です。実売価格はもう少し安くなるはずですので、尚更です。重複しますが、「迷ったらクリープランドのウェッジ」なのです。

スペック

XXIO SUPER SOFT X

★発売日    2017年3月10日
★構造     高反発スーパーソフト3ピース
★カバー    高反発アイオノマー薄カバー
★ディンプル  高弾道338スピードディンプル
★価格     1ダース/8,400円(税別)

SRIXON Z565 TG DRIVER

★発売日    2017年4月22日
★ヘッド体積  460cc
★ロフト    9.5度 10.5度 ※9.5度は特別注文対応
★長さ     45インチ
★シャフト   Z565 Miyazaki Melas ll シャフト  68,000円 (税別)
 価格

クリーブランド RTX-3 ウェッジ

★発売日    2017年2月18日
★ロフト    48度、50度、52度、54度、56度、58度、60度
★ヘッド    ブレード(軟鉄)、キャビティ(SUS431 ステンレス)
★仕上げ    ツアーサテン、ブラックサテン
★シャフト   ダイナミックゴールド X100/S200  15,000円 (税別)
 価格     N.S.PRO 950GH  15,000円 (税別)

関連記事

飛距離の限界で戯れるのがスリクソン -X-

  • 2017.07.26

とにかく飛ぶボールが欲しいというゴルファーはたくさんいます。…

『ゼクシオ プライム』は女子ゴルファーにもオススメできる!!

  • 2016.11.10

“ゼクシオ プライム”は、“ゼクシオ”ブランドの中で特別なシ…

つかまるボールは飛ぶのか?『NEW PHYZ』に迫る!

  • 2017.01.27

「つかまるボールで、BIG DRIVEを実感」という売り文句…