GOLFES

見つかる、楽しむ、あなたのゴルフライフ。

打球が左右にぶれる人に効くかも?!目を閉じてクラブヘッドをセットするという方法

クラブヘッドを正しくセットできていないから曲がってしまう

スライスばかりしてしまう人や逆にフックばかりが出てしまう場合、基本的なスイング(体の使い方・動かし方)に課題を抱えていることが多いもの。
ですが、右にも曲がるし、左にも曲がるといった人の場合には「アドレス」に問題を抱えていることが多いものです。

その要因の一つは、「クラブヘッドを飛球線方向に正しく構えることが出来ていない」という要素です。

人の動作というものは、案外自分の意思どおりには動かすことが出来ないことも多々あるもので、「感覚」に大きく左右されてしまう要素が多数存在しているんですね。

「クラブヘッドの向き」が飛球線方向に対して、左向き(フックフェース)になりすぎている場合、そのまま左方向へと打ち出してしまうこともあれば、感覚的に「フェースが左を向いていること」を察知して、フェースを開く方向に体が勝手に動いてしまうこともあるのです。(右に曲がるということ)

ゆえに、クラブフェースの向きを正しく構えることが出来ていないと、右にも曲がるし、左にも曲がるということが起きやすくなってしまうのです。

「左目」だけでクラブヘッドの向きを確認してみましょう

そんなクラブヘッドの向きをなかなか正しく構えることが出来いない人に有効な対処のひとつとなるのが、「右目を閉じて、左目だけでクラブヘッドを構えてみる」という方法です。

人には、利き目が存在しています。利き手と同様に、右目が利き目の人もいれば、左目が利き目の人も存在しているんですね。
ここでの話は、もともと「左目が利き目」の人には、あまり効果が無いかと思いますが、「右目が利き目」の人にとっては、効果的な対処となる可能性があります。

基本的に、アドレス時のボール位置は、クラブが長くなるほど(ドライバーなど)真ん中よりも左寄りに設置するものです。

右目と左目の間隔には「10cm」程度の距離が存在していますよね。
ゆえに、右目が利き目の人にとって、左寄りに設置されたボールを見るときには、右斜め後方から見ることとなります。クラブヘッドをセットするときも同様。右斜め後方からクラブヘッドを見ることとなるため、飛球線方向に対して、垂直にクラブのリーディングエッジを構えることが難しかったりするのです。

そこで効果を発揮するのが「右目を閉じて、左目だけでクラブヘッドを構えてみる」ということ。左目の視野は、クラブヘッドをほぼ真上から見下ろすことが出来る位置にあります。ドライバーの場合などは、それでも左目視野よりも左寄りにクラブヘッドが位置することもありますが、少なくとも右目で見るよりも、歪みが少なく見ることができるんですね。

クラブヘッドを真上に近い位置から見られるほうが、飛球線方向に対して垂直にクラブヘッドを構えやすくなるのです。

もちろん、解決するとは限りませんが、右にも左にも曲がる傾向がある方は、一度試してみてはいかがでしょうか。

それだけで、かなり状況が改善される人もいますので、お試しあれ。