見つかる、楽しむ、あなたのゴルフライフ。

ゴルフシューズのスパイク交換、していますか?グリップ力をよみがえらせてスコアアップ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ゴルフシューズといえば、現在はメタルスパイク禁止のゴルフ場がほとんどですから、「ソフトスパイク」か「スパイクレス」の二択になります。

スパイクレスシューズは、ソールの素材や溝の形状でグリップ力を高めているタイプ。タウンユースできるようなデザインのものも多く、人気が出てきていますね。

ただし、グリップ力はソフトスパイクシューズに比べて落ちますし、ソール自体がすり減ったら寿命です。その点ソフトスパイクシューズなら、スパイクの交換をすることでグリップ力を維持することができます。

今回は、このスパイクに注目してみました。

スパイク交換の時期は?

ソフトスパイクの鋲、交換時期の目安はどのくらいなのでしょう?

ネジが緩んで紛失してしまった、爪が折れてしまった、などのアクシデントがあればその都度換えるけれど……靴を買ってから一度もスパイク交換したことがない、なんて方もいらっしゃるのでは?

調べてみると、だいたい20~30ラウンドが目安のようです。月1プレーヤーで2年に1回くらいでしょうか。

明らかに磨耗していなくても、少しずつ変形したり劣化したりするので、早めの交換を心がけた方が良いようです。中には10ラウンド程度で交換するよう勧めているサイトもありました。

スパイク選びのポイント

スパイクには規格があり、合うものでないと取り付けができません。購入の際には十分注意が必要です。

・FTS(Fast Twist System/ブラックウィドウ社)、Tri-LOK(チャンプ社)
※メーカーの違いで呼称が違うが、規格としては同じ

・PINS(Performance Insert System)

・Q-FIT(ブラックウィドウ社)、Q-LOK(チャンプ社)
※メーカーの違いで呼称が違うが、規格としては同じ

・SLIM-LOK

・ミリ
・インチ

ざっと挙げても、これだけの種類があります。

主なシューズメーカーの2015年モデル(一部ですが)を調べてみると、採用されているスパイクの規格は以下の通りでした。

・フットジョイ / FTS、Tri-LOK、PINS
・アディダス / PINS
・プーマ / PINS
・ナイキ / Slim-LOK
・キャロウェイ / Slim-LOK
・ミズノ / FTS
・アシックス / PINS、Tri-LOK

同じメーカーでもモデルによって違う場合があるので、よく調べてから購入しなければなりません。わからない場合は、靴ごとゴルフショップに持ち込んで店員さんに聞いてみましょう。

スパイク交換時のコツ

スパイク交換の最大の難関は、古いスパイクを外すこと!何年も外したことがない場合、まず簡単にはいかないと思います。

それというのも、泥や砂が鋲の穴(レンチで回転させるための穴)やネジの隙間部分に挟まって固まっていたり、噛んでしまっていたりするから。この状態のまま無理やり回そうとせず、まず靴底をしばらく水につけて泥を溶かすようにしてみてください。その後、レンチ穴の泥を爪楊枝などで取り除き、回します。

スパイクを外すための工具は、靴を購入した時に付属している場合もあれば、スパイク鋲についている場合もありますが、薄い金属製のものは力が入れにくいため、あまりおすすめできません。

握りがしっかりしている、スパイクと同じメーカーの専用レンチが良いでしょう。スパイクとセット売り、または単品で売っています。価格は1,000円~2,000円程度。一つ持っておくと便利です。

どうしても外れない場合は、やはりショップに相談するのが一番です。古い鋲だけでなく、靴そのものを壊してしまっては元も子もありません。

ソフトスパイクシューズを長持ちさせるコツ

普通はラウンド後、甲皮や靴底の汚れを落とし、靴の中に紙を丸めたものを詰めて型崩れを防ぎながら乾かすなど、アッパー部分については十分な手入れをされていることと思います。この時、スパイク鋲を全部外して掃除すると、靴の寿命がさらに伸びますよ!

特に雨の日や雨上がりのラウンドは、見えづらいスパイク鋲の裏側に泥や芝のカスが入り込みます。乾いて固まってしまう前に、しっかり取り除きましょう。スパイク交換の際に苦労しなくて済みます。

ソフトスパイクを長持ちさせるために、もう一つ。

練習の際、立つ場所が人工芝やゴムマットの練習場では、スパイクを傷めてしまうことがあります。そもそも練習場のマットでは、天然芝のようにスパイクが地面に潜ることがありませんから、足元が少し高くなりますよね。ボールとの距離が実際のコースと違ってしまいます。

コースに出るとどうも上手く当たらない場合、もしかしたらスパイクシューズでの練習が原因の一つかもしれません。天然芝ではない練習場では、スパイクレスかスニーカーがおすすめです。

まとめ

ゴルフギアの中でも、シューズは重要アイテム。自分に合ったものを選べばスイングが安定し、歩きやすく疲れにくくなります。

最近では、各社工夫を凝らして様々な機能を持たせていますね。左右非対称だったり、スパイクの装着の向きによって飛距離アップやスライス軽減できるものだったり、面白い商品が出ています。

お気に入りの一足に出会えたら、定期的なスパイク交換を忘れずに。グリップ力が向上すれば、スコアアップに繋がるかも?

日々のお手入れを欠かさず、道具は大切にしたいものですね。

この記事を書いたライター

「夫婦ラウンドがしたい」という夫の夢を叶えるために、2011年からクラブを握り始めたアラフィフ女子。
腕前は万年初心者。いいじゃないの健康ならば。一推しプロはジェイソン・デイ。

> このライターが書いた記事をもっと読む

関連記事