GOLFES

見つかる、楽しむ、あなたのゴルフライフ。

初心者ゴルファーのアプローチ練習方法を考える

Licensed by gettyimages R

初心者ゴルファーにとってアプローチの難しさとは?

ゴルフ初心者の方はゴルフの中で一番不得意なのはアプローチと言われる方、かなり多いと思います。幼少の頃からゴルフに親しんできたプロゴルファーや、ゴルフ部出身の方には、この難しさがわからないと思います。

ゴルフ初心者の方はフルショットは出来るが、ハーフショットなどは不得意というより出来ないと答える方もかなりいらっしゃると思います。コンパクトなスイング、これが一番厄介なんです。

上級者は簡単に言いますが本当に難しい。力加減がわからないからと言って、小さいスイングをすればダフッてしまう。この原因のほとんどは加速をさせることが出来ていないからだと思います。

小さいスイングで加速させることは、初心者にとってかなり難易度が高いはずです。テークバックを小さくし加速させようとするとスイングが速くなり、アップテンポのリズムに慣れていないので、そのままアプローチを行うとトップやザックリといった結果が多くなるのではないでしょうか?

ドライバーショットはまずまず、セカンドショットはグリーンから少しこぼれ、3打目のこのアプローチがそこそこピンに寄れば、パーまたはボギーでおさまる。大事にアプローチショットを打った結果がトップやダブリではため息も多くなりますよね。私はあまりの酷さにアプローチイップスになりかけたこともありました。

Daikin Orchid Ladies - Final Round

Licensed by gettyimages R

アプローチ方法の失敗履歴

よく言われたのが「7番アイアンや8番アイアンで転がせ!」

練習でやってもいないことを実践でいきなりやっても上手くいくわけがありません。上級者は経験値が多いから「コツっとやれば大丈夫」などと簡単に言いますが初心者はそれ自体が大変なんです。

小さくクラブを振ることに不慣れなため、力加減だったり距離感が出しにくかったりと大変な作業になりほとんど上手く行きません。

「サンドウェッジ一本だけで覚えろ!」

これは、昔のゴルフ雑誌やレッスン書にはよく記事がありましたし、上級者からもよく言われました。初心者だとバンスの使い方が理解できていないケースが多いので、私の経験では結果的にピンに寄っていく確率がとても低かった記憶があります。思った以上に止まってしまったり、トップにザックリ、なんでもござれ状態でした。

我々アマチュアはプロのようには出来ません。バンカーショットでは

「フェース開いて、オープンに構え上から叩け!」

これは酷いアドバイス(笑)、こんなに難しいヘッド位置とアドレスでは先ず出る気がしませんよ。

基本通りに普通にアドレスし、フェースもノーマルの方が間違いなくバンカーから脱出出来ると思います。そのためのサンドウェッジですからね。

他の方法としては冬の時期専用ですが、パターでの転がしです。グリーンエッジから距離の短い場合はミスの度合いも低く、おすすめ出来る方法です。しかし、春先からは芝が生え揃え、抵抗が大きくなるので距離感が出しにくくなる傾向があります。

また、この方法ばかりでは、ウェッジやアイアンを使ったアプローチがいつまでたっても覚えられません。グリーンエッジからある程度離れてしまった場合、そこをボールが飛び越えていかなくてはなりませんから、ウェッジなどでのアプローチショットを要求されます。

私の身近にはエッジから10ヤード以上あってもパターで寄せてくる強者もいますが(笑)

ゴルフプロによる指導の若い女子ゴルフ

Licensed by gettyimages R

様々なライからのアプローチ

左足上がりと左足下がり。複合傾斜とまっ平を除いてパターン的にはこの2つ。手っ取り早く、効果が出そうなのは左足上がりを覚えること。なぜならば日本のコースは砲台グリーンが多いからです。

グリーンからボールがこぼれる、まはたショットがグリーンを外すと左足上がりのパターンがが多くなります。ゴルフ練習場にある平らで滑ってくれるマットとは大違いで構えにくく、振りにくい。

傾斜に沿って構え、素振りをすればどの位置でクラブが芝に接触しているかは確認出来ると思います。これでボール位置や、ややアッパーに振る感覚を確認しておきます。

ご紹介したいコツはグリップを極端に短く持ち「少しインにテークバックする」が私に良い結果を生んでくれました。

私はゴルフを始めた時、左足上がりの傾斜からのアプローチが大の苦手でした。つっかかってクラブの抜けが悪く、距離も合わずショートの傾向が強かった記憶があります。斜面にそってそれを行うことで大きく解消されました。

左足下がりについてはこれと逆で、斜面に沿って「ややアウトにテークバックする」結果的に、少しオープンに構えるのでそうなるイメージですかね。この二つを覚えることでグリーン周りで苦しんでいる初心者の悩みは解消される可能性が高いと思われます。

私は52度のウェッジ、または48度のピッチングウェッジでアプローチショットを行います。強さや振り幅は距離に応じて調整して下さい。

ゴルフ クラブと練習場の人工芝にボール

Licensed by gettyimages R

自宅でのアプローチ練習

ゴルフ練習場へ行かなくなり、逆に続けているのはこの自宅アプローチ練習。以前はこんな器具やグッズも購入しましたが、

今ではシンプルにマット替わりの絨毯とウレタンボールでアプローチ練習をしています。スコアに直結するのは、アプローチとパットですからね。

7番・8番アイアンで転がすのが得意な方は、室内でこの練習するのも良いかもしれません。私もそうでしたが、ゴルフを始めた頃は小さいスイングの練習をしようとしていないと思います。やったとしても少しだけ。

練習場ではフルショットが殆どという人がたくさんいらっしゃると思います。1球〇〇円では何となくフルショットしないと勿体無いですよね。アプローチ練習場を併設しているゴルフ練習場が沢山あれば良いのですがなかなかありません。

小さいスイングを覚えないとゴルフは上達しないと思います。自宅室内では傾斜の練習は難しいですが、ボール位置の確認やアプローチスイング軌道の確認、小さなスイングでの加速感チェックなど、効果が得られることはかなりありました。

今でも続けているこの室内アプローチ練習はお金がかからず大変おすすめです。ボールはウレタンなので室内を壊すこともありませんから安心です。

ドライバーを打つ練習も良いですが、しっかりと小さいスイングの感覚を身に着けた方が実際のラウンドで良いスコアに結び付くと思います。

アプローチショットを動画で確認するならこの記事をどうぞ。

こちらの記事もチェック

【動画】目からうろこ。アプローチでスピンをかける方法

日本人として初めて米国PGAのA級ライセンスを取得したケンゴ…

2016.04.09

関連記事

アプローチで“上げる“のか“転がす“のか、はっきりさせるクラ…

  • 2016.05.13

スコアメイクのポイントとなるのがショートゲームです。つまり、…

魔法の道具!?チッパーの種類と打ち方

貴方は「チッパー」というクラブをご存知でしょうか?チッパーと…