GOLFES

見つかる、楽しむ、あなたのゴルフライフ。

右腕が邪魔な動きをする際の対処法!

右腕が邪魔な動きをする際の対処法!

片手ストロークなどの練習法ではできちんと打てるようになったとしても、クラブを両手で握って、実際にボールを打とうとすると、どうしても利き手の感覚に頼ってしまう方もいると思います。

そんな時は、ストロークの時だけグリップを変えてみるのも一つの方法です。実際、パターやアプローチの時だけ、普段とは違うグリップを採用しているプロゴルファーも少なくありません。

小さな振り幅のスイングは、メンタルに左右される要素が多く含まれています。グリップを変えて、利き手の動きを制限することで、利き手で無意識に調整できなくしてしまえばいいのです。

グリップを変えることで、通常のショットとは別の感覚が芽生えれば、ボールに当てにくいイメージも払拭できることでしょう。

次に、手首の動きを抑える3つのグリップを紹介していきます。

利き手が勝手な動きしないようにショットとショートゲームでグリップを変えてみましょう!

フルスイングに近い大きなスイングでは、スイング中の自然な手首の動きが必要です。そのため、オーバーラッピンググリップやインターロッキンググリップは、両手の一体感を保ちつつも、手首をある程度使えるような握り方になっています。

しかし、パッティングなどの小さなスイングでは、この手首の動きがデメリットとなります。思い切ってグリップを変えることで、フルスイングとは別感覚で安定したストロークを得られることでしょう。

逆オーバーラッピング

通常のオーバーラッピングとは逆に、左手の人差し指で右手の小指を包み込むように握るグリップです。右手首の動きを少し制限することができます。

クロスハンド

その名の通り、左右の手を入れ替えて握るグリップです。左手主軸のスイングとなるためストロークが安定します。逆オーバーラッピング以上に右手首の動きを制限することができます。

クロウグリップ

左手は通常通りに握り、右手の甲を正面に向けて、親指とその他の指の腹でクラブを挟み込む握り方です。右手首を全く使わずにストロークすることができます。

関連記事