見つかる、楽しむ、あなたのゴルフライフ。

初級者からのダウンブロー練習法。レベルに合わせて徹底習得!

  • 2015.12.24

アイアンをダウンブローにスイングして、少しでも飛距離を得たい。そんな希望を抱いているゴルファーは多いのではないでしょうか。ボールを真芯で捉えて、距離も正確にコントロールできるダウンブロー、さすがに憧れますよね。でも、いくら練習してもなかなかうまくできないという人も多いですよね。でも安心してください。実際には初心者だけでなく、練習場に足繁く通う練習熱心なベテランゴルファーにもダウンブローが苦手という人は多いようです。

今回はダウンブローにボールを捉えるためのドリルを簡単にご紹介します。

なぜ練習熱心なゴルファーほど、ダウンブローが苦手になりやすいのか。原因は、なんとこれ!

まずゴルフクラブをダウンブローでスイングできない原因のひとつに、練習場で使われている練習マットがあります。

練習マットはクラブのヘッドを滑らせてしまう高価もあるので、インパクト時点でハンドファーストになっていなくてもボールがある程度まっすぐに飛んでくれます。そのためハンドレートインパクトなのにボールをダウンブローで捉えたと錯覚させやすいのです。

ところが、実際にはただヘッドが滑っているだけなので特にヘッドの大きいディープキャビティタイプのアイアンほどこの影響を顕著に受けてしまいます。ソールが大きいクラブはそれだけでインパクト時のにヘッドが滑る距離は大きくなりますので何も考えずにボールばかり打っていると結構、いい当たりが出ていると勘違いしやすいのです。

しかし、コースラウンドとなると、ちょっとしたダフリでも手前からヘッドが入り、芝を噛んでしまうと飛距離は急激に落ちてしまいます。ハーフキャビティやマッスルバックといったタイプのクラブはソールの長さがほとんどありませんのでかなりシビアな結果になってしまうことでしょう。

少しでもボールを直接捉えたショットが打ちたいというのであれば、アイアンはソールが幅広の易しいモデルを使うべきです。手首のコックや腕や肘の使い方が良く分かっていない時点でソールが幅狭のモデルを使ってもダフリばかりでちっとも面白いゴルフは出来ないでしょう。見栄や若さが邪魔をしてしまって少しでも難しいクラブを使いたいという気持ちは分からなくもありませんが、同伴プレーヤーに迷惑をかけてしまっては元も子もありません。より確実に少ない打数で上がるためには賢いクラブチョイスも時には必要です。

上達したいという気持ちが強く、練習場に頻繁に通う熱心なゴルファーでも、練習場のマットが邪魔をしてしまい、しっかり打ち込めている、ダウンブローに打てていると錯覚した状態で練習に励んでいる人も以外と多いものです。練習場ではうまくいくのに、コースとなると何故ダフリが出てしまうのだろうと思った方はまずは普段のマットは少し滑りやすくなっていないか、そして、使っているクラブは自分にちゃんとあっているのかを確認してみることをおすすめします。

正しいダウンブローを、見極めよう。

プロや上級者が時折放つボールの先のターフがしっかりととれていく正しいダウンブローとは、一体どのようなものなのでしょうか。例えば、タイガーウッズやロリーマキロイ選手など、アイアンショットの精度が非常に高くショットメーカーと呼ばれている選手のアイアンショット最大の特徴は何でしょうか?手首のコックや腰のキレ、もちろん体重移動は完璧なダウンブローを打つためには必要な要素のひとつです。日本ツアーで長年活躍した湯原信光プロはショットメーカーとしてその名が知れ渡っていましたが、大きく回旋する肩関節の筋肉がかなり特徴的な選手だったことは記憶に新しいという方も多いことでしょう。天才的な才能を持ちながらも若くしてこの世を去ったセべ・バレステロス選手のユニークな特徴も同じく肩回りの筋肉の使い方でした。

このように良いダウンブローショットを判断するための基準は色々と存在しますが、プロやティーチングプロはアマチュアとは異なる判断基準で良いダウンブローと悪いダウンブローを判断しています。例えば、その1つが選手がインパクトの際に放つ「打音」です。強烈なスピードで金属とゴムが触れ合うのですから、芝が全く間に挟まらない状態で物体同士がこすり合えば、それなりの音が発生します。一流のプロコーチはこの音を漏らさず聞き取っています。タイガーウッズ選手であれば、強烈に鈍い音がします。鞭で何かを叩いたような音ですが心地よい余韻が残ります。物体同士が当たったことで発生する音の後に、芝がメリメリと剥がれる音がするので2つの音が途中から交じり合うような瞬間もあります。これがダウンブロー気味に球を捉えた瞬間に発生する音です。

アマチュアの皆さんが練習場でインパクトの瞬間に出している「ドスン」という打音はほとんどがダフりです。金属とゴムが直接こすれ合う瞬間には「シュパッ」「スパッ」と切れた音がします。クラブのスイートスポットでボールを捉えた場合はもっと心地良い音と感触が手に伝わってきますので誰でも判断できると思います。これが、ダウンブローの打音です。上手なゴルファーほど打音が比較的高くなります。ただし、打った瞬間に「カッ!」または「カツン」といった打音が出る場合はほとんどがハーフトップです。膝が伸び上がっていないかどうかといったことやハンドアップ気味に構えていないかどうか、または少しボールの位置が左足側過ぎないかといったことを再確認してみましょう。

もし初級者で打音の判断ができない人は、上級者の人にあなたが使っているクラブで打ってもらい、正しい打音を聞かせてもらうと大いに参考になると思います。

ダウンブローに打てるボール位置を確認しよう。

Stanley Ladies Golf Tournament - Round Two

多くのプロやシングルプレーヤーのようにダウンブローにスイングするためには、ヘッドが落ちてくる最下点がボールの先になるようなスイングを身につける必要があります。つまりボールを打つのではなく、ボールの先の芝を剥ぎ取るくらいの意識を持つことが必要だということです。

今回は最下点がボールの前に来るようにスイングするためのボール位置を確認する方法をご紹介します。この確認作業で使用するのはどこにでもあるウッドティーです。主にヘッドの入り具合を確認するという目的やプロや上級者も実践していることが多いチェック方法ですので皆さんも試してみて下さい。手順は以下の通りです。

1.アドレスとスタンスが決まってクラブをグリップしたら、ボールを置かずに全身の力を抜いてゆっくりとスイングします。

2.アイアンのヒールがマットに当たった位置をティーでマークします。たとえばインパクトで10センチくらいのヘッド通過跡が残っている時はその10センチ手前の最初と最後の位置をティーでマークします。ティーをマークする位置は、スイング軌道の外側(自分のカラダより遠いところ)がよいでしょう。練習場であればマットとティーアップ機のとの間にスペースがあるはずですのでその場所にティーのマークを残します。

3.ヘッドが最初に入ってくる位置にマークしたティーのがある位置にボールを置き、スイングします。現在のあなたのスイングでボールをダウンブローに捉えるために必要となる位置はすなわちこの最初にティーを置いたボール位置ということになります。

このボール位置は、アイアンの場合のみです。ドライバーショットの際は最下点が変わってきますのでご注意ください。

最下点については以上の方法でチェックすることができます。

次章以降は積極的に最下点をボール位置よりも前に持っていくためのドリルをご紹介します。

ダウンブローの練習その1 テープを剥がす。

前記のボール位置にボールを置いても、なかなかすぐにはダウンブローにボールを打っていくことはできないでしょう。その理由は今までのアドレスとスタンスと最下点で打てるボール位置があまりにも違いすぎるために、違和感を感じてしまう方が多いからです。

そこで、さらに安定してダウンブローにボールを打っていくためにはどうしたら良いのか。これはスイングを修正することで、なるべくボール位置の前にヘッドを落とすための感覚を磨いていくしか方法はありません。スイングを修正するには様々な方法がありますが、まずはオーソドックスなテープを使った練習方法をご紹介します。手順は以下の通りです。

1.今までと同じボール位置にボールを置きます。

2.さらにボールの前、つまり目標方向側に5センチから7センチ程度のテープを練習マットに軽く貼り付けます。

3.スイングする際は、このテープをクラブで剥がすイメージでボールを打ちます。

この練習のコツは、スイング中はゆっくりとバックスイングに入ってトップの位置までゴルフクラブを動かし、手首をコックしないこと。また、すくい打ちは絶対に禁物です。

インパクトではグリップ(手首)を必要以上に操作しようとせず、フィニッシュでは右足から左足へ下半身を使い完全に体重を左足側に移動させるように意識しましょう。

テープは電気工事用のビニールテープなどが剝がしやすく、非常に便利です。女性の方はテープの代わりに名刺などを使用してもいいでしょう。名刺はボールと一緒に飛ばすイメージで打ちます。※名刺を使う場合は安全に回収できるインドア型の練習場で行ってください。

ダウンブローの練習その2 タオルに触らない。

ダウンスイングでダウンブローに打てない原因はボールを打とうという意識が強いからだとよく言われてることがあります。つまり、あまりにも力んでしまうためにボールの真横をヘッドで叩こうことして結果、ボール位置よりもだいぶ手前でインパクトを迎えてしまっているというわけです。こういった場合はまず、ボールを横から叩いてしまうクセを直す必要があります。クラブヘッドを振り下ろしてくる時の手首は真横ではなく、縦に動かした方がボールは良く飛びますし、強いインパクトを実現することができます。

 

この強いインパクトを実現するためのドリルが以下の方法です。手順は以下の通りです。

1.ボールの手前(右打ちならボールの左側)にタオルを置き、タオルに触らないようにスイングします。

2.ボールの手前にタオルがありますのでダフリやトップ、ボールをすくうようなヘッドの動かし方は禁物です。クラブがタオルに触れないように鋭角に下ろすイメージを持ちましょう。

 

ある程度、慣れてきたらタオルよりも大きい練習かごなどを置いて打っても良いのですが、まずはタオルでどれくらい打てるか試してみましょう。

上手に打つためのコツはなるべく手首を横方向ではなく、縦方向に動かすことです。

慣れてきたら、両手でのスイングだけでなく、右手だけのスイング、左手だけのスイングでも可能ですので興味がある方は是非チャレンジしてみて下さい。

インパクトするタイミングで、ボールよりもヘッドの高さを意識することでスイングを矯正します。

この動きを覚えると、ヘッドの入りがよりシャープになりますのでアプローチでの距離感あわせなども上達すること間違いなしです。

ダウンブローの練習、その3 タオルの上に置く。

自宅など少し狭い場所でボールをダウンブローの練習に取り組みたい時はタオルの上にボールを置いて打つドリルも試してみましょう。

セットアップは非常に簡単です。

先ほどはボールの手前でしたが、今回は練習マットにタオルを敷き、まずは目標方向側を練習マットの下に折り返すなど、タオルが飛ばないようにします。

次にタオルの上にボールを置き、ゆっくりとスイングします。インパクトでタオルが乱れず、飛ばないようにうまく打てれば、ダウンブローに打てていることになります。

この練習ではダウンブロー気味にインパクトを迎えていないと、クラブにタオルが絡まりボールを上手く打つことができません。

自宅で行う練習はボールが予測できない方向に打ち出されることがありますので、周りの人が危険にさらされないような環境で行うようにしましょう。

また、使うボールもコースで実際に使うようなツーピースボールではなく、練習用のフローティングボールがおすすめです。

この練習を習得すれば、フェアウェイバンカーからのショットなどよりシビアなインパクトが求められるショットが得意になることでしょう。

ダウンブローの練習、その4 低くティーアップして打つ。

次に飛球線が確認できる練習場でボールを低くティーアップしてスイングし、インパクト後にクラブのソールが練習マットに触れるようにして練習します。

この際に重要な確認ポイントは、ボールを床置きしていたときのように真っ直ぐに飛ぶかどうかです。ダウンブロー気味にクラブを振れていないと、ひっかけ球が出やすいと思います。

これはボールの先にクラブが落ちていない事が原因でクラブフェースをスクエアにコントロールできていないために起きている現象です。

正しいダウンブローでクラブを振れてさえいれば、ボールは真芯で捉えるられると思います。

あるいはインパクト後にクラブのソールがボールの先のマットをこするか、どちらかの結果になるはずです。

ダウンブロー、練習のまとめ

1.練習熱心な人ほどダウンブローに打てない人が多いようだ。
2.原因は練習マットはクラブのソールが滑るためハンドレートでもボールがまっすぐ飛んでしまうため。
3.まずはダウンブローで捉えたボールの打音を覚えよう。
4.次にダウンブローのボール位置を調べよう。
5.ダウンブロー軌道は、テープや名刺を使った練習でマスターする。
6.ボール手前にタオルを置いて、ダフらずにダウンブローでスイングする。
7.タオルの上にボールを置いて、タオルを乱さずスイングする。
8.飛球線が確認できる練習場で、低くティーアップして練習する。

いかがでしたか。ダウンブローで打てない原因は、ボールを打つという意識が強いため手首を真横に使おうとしてこのような結果になってしまっていることがおわかりいただけましたのではないでしょうか。

どうしても、ヘッドを真上から下ろしてくるイメージがつかめないという場合はボールを左足のつま先線上よりもさらに前の位置、練習場であればマットのいわゆる先端にボールを置いて打つ練習に取り組んでみてください。ただ、アドレスでクラブを構えるときの位置はいつもと同じセンターです。この位置にクラブを置いてマットの先端にあるボールを打てるかどうかを試してもらいたいのです。この練習は非常に危険な面もありますが、インパクトエリアを長くするという意味ではこれ以上に良い練習方法は他に見当たりません。

ボール位置が正しくセットアップされていれば、アイアンショットは必ずダウンブローは自然と行われるものです。

今回のシール・名刺・タオルを使ったドリルをレッスンして、アイアンで遠くへまっすぐ飛ばせるダウンブローを覚えて、これまでの悩みのミスを無くし、次のラウンドでスコアアップしてください。

 

この記事を書いたライター

48歳になってゴルフを始め、それまで必要なかった自動車免許も取得し、大型SUVを愛車にし、セカンドライフをゴルフ中心に変えてしまった遅咲きのゴルフライター。

> このライターが書いた記事をもっと読む

関連記事