GOLFES

見つかる、楽しむ、あなたのゴルフライフ。

アメリカのPGA Merchandise Show 2018に行ってみた!

皆さんこんにちわ!やまちゃんです!

今年1月にアメリカのオーランドで開催されたゴルフ用品の展示会PGA Merchandise Show 2018に行ってきました!

海外経験は2回目で、英語も話せず(ウォーターが通じなかったです…)、不安でしたがとても充実した1週間でしたのでその様子をお伝えいたします!

≪Demo Day 試打会≫

 

初日の会場は、Orange County National Golf Centerというゴルフ場の練習場で催されました。行ってみると広い!

なんと、360度どこからでも打てるドーム型になっていて、230ヤード位打っても、中心に届くか届かないか位の広さで、流石アメリカ!といった感じでした!

 

各メーカーブースに行くと、これから発売されるモデルや、日本未発売モデルなど、色々試打ができるようになっていました!

キャロウェイゴルフのブースでは、日本未発売のROGUE・SUBZEROのフェアウェイウッドを試打しました(構えやすくて、打ちやすくて、欲しくなりました!)。タイトリストのブースでは、フットジョイのシューズの試履きができ、グリップ力を試すために実際に芝から打つことができました。

とにかく興味のあるブースに行き、気になるものがあったら試せるようになっていて、規模が大きくユーザーが大大大満足できるイベントでした!

≪Merchandise Show 展示会≫

 

2日目からは、Orange County Convention Centerというイベント会場で催され、Merchandise Showのオープニングセレモニーから始まりました。

毎年開催される日本のゴルフフェアも広いと思っていましたが、アメリカの会場はもっと広く、1.5倍位はあるなぁという印象でした。

 

会場は日本のゴルフフェアに似ていてクラブエリア、グッズエリア、ウェアエリア、フードコートのような感じで分かれていました。

クラブエリアはこれから発売されるクラブが展示され、各メーカーこだわった演出をしていました。グッズエリアやウェアエリアは、新アイテムや新ブランドがあり、一日で周りきるのは大変な広さ(足が疲れる位歩きました!)でした。

≪Fashion Show ファッションショー≫

 

実は、今回アメリカに行った最大の目的はPGA Merchandise Showの期間中に、催されるファッションショー!日本のゴルフフェアでも催されておりますが、アメリカ版はどんな感じなのかと、興味があって観てきました!

その様子を撮影してきましたので、是非下記動画をご覧ください!

PGA Merchandise Showが開催されるオーランドは、ディズニーワールドがあったり、ゴルフ場もあって、来年は英語を勉強して色々行ってみたいなと思いました!

それでわです!(。ゝω・)ノ

やまちゃん

 

関連記事

ピヨゴルファー・ぴぴ「それぞれの卒業」

最近のお話の流れ「ぴぴちゃんのヒミツ」「あらぬ誤解」こんにち…