GOLFES

見つかる、楽しむ、あなたのゴルフライフ。

体幹を使ったストロークでストロークゾーンを確認

体幹を使ったストロークでストロークゾーンを確認

ストレートゾーンで正しいからだの使い方ができるようにいくつかのドリルがあります。

体の正面の30センチ程度の小さな振り幅であれば、腕の振りだけで簡単に打ててしまいます。しかし、体幹を使った動作ができていれば、微妙な体重移動が生じているはずです。この重心移動を感じられないと、ロングパットで振り幅が広くなったときに、ショートパットのときと異なる感覚でストロークしなければいけなくなります。

股関節をやわらかく使うためのドリルで身につけた体の使い方ができているかを再確認しておくことが大切です。また、グリップをぎゅっと握ってしまうと、腕や肩に力がはいって、体幹を使えなくなってしまいます。力みがちな人は両手でグリップを挟み込むようにクラブを持つことで正しく体幹を使う感覚が得られます。

体の正面に2本のクラブでレールをつくり、その間でストロークしてヘッドの動きを確認するとストレートゾーンについて把握することができます。平行に置いたレールの間でヘッドを動かして、ストレートゾーンでのヘッドの動きを確認しましょう。レールストロークを実施することでパッティングの基礎力が確実に向上します。レールを外してボールを打ち、まっすぐ打てていれば体幹が正しく使えています。また、レールの間にボールを置き、グリップはそのままでボールを打つ練習が効果的です。

グリップに力が入ると手打ちになる。まずは体幹の使い方を体感しよう

グリップを力強くぎゅっと握ってしまうと、肩や腕に力が入り、体幹を使った動きができなくなってしまいます。手首を固めようとしてグリップに力みが生じる人はグリップを両手で挟み込んで練習することで、正しい体幹の使い方を体感することができます。

 

関連記事

1流プロのマッチプレーで実際にあった不思議な「OK」の真意は…

  • 2015.01.26

ゴルフにはルールに書いていない暗黙の了解みたいなものがあって…

上半身のアドレスチェック!あなたは「背筋(せすじ)を伸ばす派…

  • 2015.04.01

ゴルフの技術論は、時代と共に変化するもの。ゴルフに限らず、ス…

【ゴルフクラブの握り方】最適なグリップは想像力から生まれる?…

  • 2015.11.18

あなたがゴルフクラブの握り方で悩んでいるなら、2つのパターン…

グリップはゴルファーの祖先を辿れるDNAだと知っていますか?…

  • 2016.04.28

グリップは、クラブをしっかりと握れるように取り付けられた物質…