GOLFES

見つかる、楽しむ、あなたのゴルフライフ。

体幹を使ったストロークでストレートゾーンを確認!

体幹を使ったストロークでストレートゾーンを確認!

ストレートゾーンで正しい体の使い方ができるように、いくつかの練習法をやっておきましょう。

体の正面で30センチ程度の小さな振り幅であれば、腕の振りだけで簡単に打ててしまいますが、体幹を使用した動作ができていれば、僅かに重心移動が生じているはずです。

この重心移動を感じられないと、ロングパッドで振り幅が広くなった際に、ショートパット時と異なる感覚でストロークしなければいけなくなります。

股関節を柔らかく使うためのペットボトルを利用した練習法で身につけた体の使い方ができているかを再確認しておくことが大切です。

また、グリップをギュッと握ってしまうと、腕や肩に力が入って、体幹を使えなくなってしまいます。力みがちな方は、両手でグリップを挟み込むようにクラブを持つことで、正しく体幹を使う感覚が得られます。

グリップに力が入ると手打ちになる。まずは体幹の使い方を体感してみよう!

グリップをギュッと握ってしまうと、肩や腕に力が入り、体幹を使った動きができなくなってしまいます。

手首を固めようとしてグリップに力みが生じる方は、グリップを両手で挟み込んで練習することで、正しい体幹の使い方を体感することができます。

関連記事

「力を抜いて打つ」という言葉の勘違い。あなたはその意味を本当…

  • 2016.11.11

ミスショットをしてしまったあと、「力が入っていたね」というお…