見つかる、楽しむ、あなたのゴルフライフ。

ゴルフが上達する練習法とは?毎日の素振り練習でライバルに差をつけよう

  • 2016.02.03

あなたにとってゴルフをしていて、“楽しい”と思えるのはどんな時でしょうか?

ボールがクラブのスイートスポット(フェースの芯)に当たり、心地よい打球音と共に、思い通りの球筋で狙った通りの場所へボールを落とせた時って本当に楽しいですよね。

練習場だけでなく、コースでもそんな思い通りの球が連続して打てるようになり、ベストスコアを更新できたとしたら・・・。これはもっと楽しい瞬間ではないでしょうか。

ゴルフは基本的には難しいスポーツです。だからこそ、たくさん練習する必要があります。何をやっても上手くいかないような絶不調の日でもめげずに最後まで全力でプレーしましょう。あきらめずにプレーしたという事実はあなたにとっての自信に変わっていきます。心と体もの感覚を磨くためにもまずは自信をつけることが大切です。

上達のスピードは人それぞれですが、地道に継続することで必ず結果は後からついてきます。プロだって毎日たくさん練習をしているのにミスショットが出てしまうくらいなのですから、初心者が焦っても何も良いことはありません。短時間で上手くなることを考えるよりも質の高い練習でじっくり時間をかけてでも良いので確実にマスターしていくことが遠いようで実は近道だったりもします。

他のスポーツの事情はあまりわかりませんが、ゴルフは運動が苦手な人でも練習さえきちんとこなしていれば、必ずうまくなれます。練習はすればするほど知識も経験も溜まっていきますので努力は必ず実を結びます。

そんなあなたのために今回は、“初心者が100%の確率でスコアを縮めるための練習方法”を紹介したいと思います。

 

ボールを打つことだけがゴルフの練習ではありません

いきなりですが、ゴルフ初心者のあなたにまずはお聞きしたいことがあります。

初めてゴルフを、あなたはどこで体験しましたか?

いきなりコースデビューという方もいらっしゃるかも知れませんが、ほとんどの方がまずはゴルフ練習場で打ちっ放しの練習から始めるたのではないかと思います。初めてのゴルフって良く分からないことがばかりですよね。初ゴルフに行ったのは何年も前だという方も多いと思いますのでここで少し記憶を呼び起こしてみて下さい。

初ゴルフって例えばこんな感じではないでしょうか?

練習場に到着したら、まずは先輩から手取り足取り助言をもらいながら、とりあえず受付で名前を記入します。それが済んだら、次は打席に立ってストレッチなんかを教えてもらいます。手袋を身につけたらとりあえずドライバーを1球かっ飛ばします。最初は以外とまっすぐ遠くに飛ぶことので気を良くして、続けざまに2打目を打ちます。ところが今度はトップのミス。その次はリキんでしまってダフる。

結局、その日は調子が戻ることもなく、最初に打った球がいわゆるベストボールになります。街の練習場ではありがちなよくある初ゴルフの光景です。とにかく球数を消化することで自信をつけさせる、これは完全にスポ魂マンガの世界です。1打ごとに一喜一憂して、次こそはと、ただひたすらボールを打ち続ける、気が付けばあっという間に100球、次にカウンターを見たら200球近く打っていた、私の周りには、毎回500球は打つよ!なんて方もいらっしゃいます。

どこか他人事のようにも聞こえますが、こんな練習を始めたばかりの頃からずっと何年、何十年も続けている人は意外と多いように思います。しかし、球数をたくさん消化するだけの練習だけで上手くなれるほどゴルフは甘くありません。初心差でもボールをたくさん打てばそれなりに当たるようにはなりますが、短時間で誰もがうらやむようなレベルに達するためにはボールをただ打ち続ける練習だけでは不十分です。

今日一番の良い当たりが出たと思えば、次は空振りやチョロ…なんていうことは、初心者であれば日常茶飯事の出来事だと思います。ミスショットの原因はいろいろありますが、初心者がミスショットするのはスイングが固まっていないからです。まずはここにフォーカスをあてて、徹底的に正しい腕や手首、下半身の使い方を素振りで体に叩き込んでいった方が100球のボール打ちよりも何倍も効果があります。

始めたばかりの方はあまり聞きなれない言葉かもしれませんがゴルフというスポーツは「再現性」が徹底的に求められるスポーツです。構えた時の前傾姿勢や頭や膝の高さを以下にキープしたままフィニッシュまでクラブを振り切っていけるか。こういった事が重要になってきます。

最近は新聞やテレビ、雑誌などに加え、ネット動画なども充実している時代です。レッスンプロもたくさんいて様々な理論を発信していますが、私個人としてはまずは近くの練習場にいるプロでも良いので1人のインストラクターを信じて徹底的にスイングを指導してもらうことをおすすめします。

情報を集めるのは “正しい型のスイング”を覚えてからです。スイングが固まってもいない状態で情報ばかりが氾濫している海に飛び込んでも何も良いことはありません。良く分からないことが増えるのでかえって成長のスピードが鈍化してしまいます。

正しい動き、正しい型のスイングを体得するには、“素振り練習”が一番です。ボールを100球打つよりも、素振りを100回繰り返した方がお財布にもやさしいです。

素振り練習、3つのポイント

1.毎日5分、できれば2セット
2.ボールを打つつもりで行う
3.スイング軸を意識して、正しい型で行う

正しい素振り練習

自宅でも簡単に実践できる素振りの方法をいくつかご紹介します。

この練習は正しい素振りで正しいスイングの型を身体(筋肉)に覚え込ませることが主な目的です。
練習場に通わなくても自宅で毎日続けることができるので、出勤前やお風呂の後の5分間など、すきま時間を活用してトライしてみてください。

体幹を意識してボディターン

素振りというより捻転体操のような感じですが…。身体を左右均等に動かし、体幹を意識する運動です。

手順は以下の通り。

1.ウェッジなど、短いクラブのグリップエンドをおへそにつける。グリップはおへそと直角になるように両手で支える。(杖や傘など少し長めの棒状のもので代用してもOK)

2.上体を前傾して、足を肩幅に開き、両脇を締める。ボールが目の前にあることを想定して1点を見つめる。

3.スイングの要領で、体幹を意識しながら左右均等に、動くスピードも均等に、ゆっくりとクラブヘッドを動かす。

4.慣れてきたら、左右股関節を意識して回転する。左右のひざが流れないように踏ん張る。

このドリル続けることによって、徐々にですが体の軸や体幹を意識してクラブを動かす感覚が掴めてきます。力みや手打ちはなるべく排除し、一定のスイングリズムでクラブを振るのが上手に振るためのコツになります。振り子のように同じ軌道で大きくクラブを振ることを意識することで、腹筋や腰回り、肩周りといったような大きな部位の筋肉を使ってクラブをスムーズに振る感覚が身につきます。

ゴルフクラブを肩に担いで素振り

次のドリルはテークバック、ダウンスイングで両肩が前傾姿勢に対してフラットに回転しているかどうかをチェックするための素振りです。

手順は以下の通り。

1.クラブを両肩に担いで両手でつかみ、前傾姿勢をとる。両肩を真横にゆっくりねじるようにしてテークバックしていく。この時、右肩がアドレスの時の位置よりも下がらないように平行を意識することが大切。

2.右肩がアドレスの時の左肩の位置まできたら、今度はダウンスイング。この時も右肩が下がって左肩が上がってしまわないように平行回転を意識する。前傾姿勢に対してアップライトすぎたり、逆にフラットすぎるのは全てNG。

タオル素振り

あまりにも有名すぎるのでここで紹介するのはどうなのかなとも思いましたが・・・。

タオル素振りは、ご存じの方も多いと思います。でも、何のためにやるのか皆さんご存知ですか?

答えは飛距離アップのための「タメ」作る感覚を養うためです。クラブはヘッド部分は重いですので、女性や子供は力が足りずにクラブに振り回されてしまうこともあるようですが、男性はまずそんなことありません。むしろ、軽すぎてフィニッシュの勢いそのままにクラブを放り投げてしまったという人を私は何人も知っています。

しかし、力任せのスイングでクラブをいくら振ってもボールは真っ直ぐ飛びませんし、飛距離もでません。いわゆるタメの無いスイングには将来が無いんです。そういう意味ではタオルは軽くて素材も柔らかですので、余計な力が入ると、スムーズに振り切ることができません。

クラブの先に贈答品のリボンを結び付けても良いですし、自転車のチューブを振っても同じような効果が得られますが、自宅にあるもので手っ取り早く用意できるものとして考えてみた時にタオルが一番用意しやすそうだったので今回はタオル素振りをご紹介します。

手順は以下の通り。

1.80㎝位のタオルをそのまま握る。もしくは片方の端に、結び目を作る。(重さが欲しい時)

2.結んでいない端をグリップするように握り、体幹の軸を意識しながら素振りを行う。

3.スイング中はボールがあると想定できる位置を見続ける。頭はなるべく動かさない。左右に振った反動でタオルの結び目が肩甲骨あたりに当たるようにする。切り返しでは体幹の軸、腹筋、股関節を使って捻転差を意識する。腕の動きに対してタオルがしなるムチのように動けばOK。脇の締まりを意識するとタオルは良くしなる。

4.慣れてきたら、実際のスイングのようにバックスイングからインパクト、フォロースイング、フィニッシュという一連の流れに勢いをつける。

自宅で素振り練習ができる練習器具を買う

もう少し「ゴルフの練習をやっています感」のある素振りがしたい、という方には、室内でも素振り練習ができる練習器具の購入をおすすめします。

素振り練習に慣れてきたら、今度は自分が求める効果が得られる練習器具を使ってみるのも上達への早道です。

世の中にある練習器具は主に以下のような種類に分類できるのではないでしょうか。

・長い棒を振ることに慣れるタイプ

⇒タメを作ることに特化しています。
・ヘッドスピードを上げて飛距離アップするための筋力強化タイプ

⇒下半身の正しい使い方が身につきますし、飛距離も多少アップします。
・正しいグリップやアドレス、スイング軌道を確認するタイプ

⇒独学で身についてしまったクセを修正することに特化しています。
・シャフトのしなりを上手く使うタイミングを覚えるタイプ

⇒スイングテンポが整います。

練習器具も種類がどんどん増えてきていますので、色々と試しても良いかもしれません。

個人的には狭い部屋でも振る事が出来る短めのクラブ(練習器具)は購入して損はないと思っていますが・・・。

まとめ

冒頭でもご紹介した通り、素振りはとても大切ですが、ただやみくもに振り続けるだけでは意味がありません。

最近はスマホでも高画質の動画が録画できますよね。動画は自分のスイングを客観的な目線で見れる最強のツールです。

プロや上級者のスイングを見ながら、自分のスイングと比較するといった事もできますよね。

無心になってひたすら球を打ち続けるのも良いですが、たまには便利なスイングアプリでご自身のスイングをチェックしてみて下さい。

ただやみくもに球数を打って、上手くいかない、飛ばないと悩むより、明確な課題を見つけて解決していくことで、

正しくシンプルでキレイなスイングが身につけられ、確実に上達が実感できるはずです。

(おまけ)

夜に素振りをすると集中力が増し、神経が研ぎ澄まされるます。

明るい昼間に素振りをしてもイマイチ充実感が得られないという方は是非試してみてください。

 

この記事を書いたライター

初めてゴルフクラブを振ったのは約15年前。もともとスポーツ好きで学生時代にはバスケットボールに興じていたが、社会人になって身体を動かすこと自体が疎遠に。そんな時、スポーツ全般を器用にこなす大学時代の先輩が、暇つぶしに連れて行ってくれた練習場がゴルフとの出会いとなる。
以降ゴルフを続けつつも、スコアを縮めることより、ゴルフを通してのゴルファーウォッチングで、人間性を垣間見ることに密かな楽しみを抱いている。

> このライターが書いた記事をもっと読む

関連記事

【動画】これは試す価値あり!!ペットボトルでフォローを覚えよう!!

  • 2017.06.09

スイングで、肘をインパクトからフォローまで離さないように!!…