GOLFES

見つかる、楽しむ、あなたのゴルフライフ。

村田理沙が来る!ブレイク寸前ハーフ美女選手

Licensed by gettyimages R

さわやかな美女ゴルファー村田理沙。ベッキー似といわれていますが、お父さんが米国人、お母さんが日本人のハーフだからでしょうか。実際はそれほど似ているとは思えないものの、やはり美人さんですね。

その上、実力もなかなかの若手選手ですから、これからさらに注目されることが予想されます。ブレイク前に、彼女について詳しく知っておいて損はありません。

ハーフ美人の村田理沙!気になるプロフィールは?

ではまず、彼女のプロフィールをご紹介しましょう。

【生年月日】1995年6月22日
【身長】160cm
【体重】
【血液型】O型
【出身地】東京都
【出身校】杉並学院(山梨学院大学中退)
【国籍】日本
【趣味】読書・映画鑑賞・音楽鑑賞

写真でもお分かりのように、とてもキレイですね。ハーフの彼女ですが、出身、国籍は日本です。祖父母がゴルフをしていたのがきっかけで、9歳の頃からゴルフを始めました。あの石川遼と同じ中学、高校の後輩になります。

また、中学時代は江連アカデミーで上田桃子とも親交があったようです。そして彼女からトレーナーの紹介を受け、水泳などゴルフ以外のスポーツで体作りをし、前田陽子や西山ゆかりともトレーニングをすることで、着実に実力を上げていきました。

そんな高校時代を経て、大学に進学。昨年19歳の時に、グアムのレオパレスリゾートカントリークラブで開催された「グアム知事杯女子ゴルフトーナメント」において、最終日で見事逆転優勝を果たし、一躍ニュースなどに登場したのです。

この勝利には、彼女がグリーン周りの難易度の高いコースを得意とすることも、鍵となったようです。この時のインタビューにおいて、彼女は「昨日よりも調子が良かった。レギュラーツアーに出られるのが嬉しい。」と笑顔でコメントしていました。

プロ合格にかける今後の活躍に期待!

T-Point Ladies Golf Tournament - DAY 2

Licensed by gettyimages R

そんな村田理沙ですが、実はまだプロテストに合格はしていません。2014年、2015年と続けて不合格となり、とても悔しく思っているようです。ですから今年の目標は、まずプロテストに合格することでしょう。

皆さまもご存知のように、前年度の賞金シードもしくはQTの上位者は、レギュラーツアーの試合に出場が出来ます。

彼女の場合、昨年1月に行われた「グアム知事杯女子ゴルフトーナメント」での優勝によって優勝賞金200万円と、4月に行われた「ヤマハレディースオープン葛城」などの出場権を獲得しましたが、QT88位だったため、ステップアップツアーが主戦場となりました。

7月のツアー外「ナックゴルフトーナメント」では3位、9月の「山陽新聞レディースカップでは2位という好成績を収めたものの、2015年のステップアップツアーでのトータルの成績が低かったため2016年レギュラーツアーへの出場資格は獲得できず、ステップアップツアーでの戦いが注目されるところです。

現在、彼女はレオパレスリゾートグアムに所属し、日々練習に励んでいます。年齢的にもこれからの成長が期待できますね。

今年はプロとしてツアー参戦、そして優勝をして、また美女ゴルファーの評判を上げることでしょう。

 

関連記事