GOLFES

見つかる、楽しむ、あなたのゴルフライフ。

斉藤愛璃に期待!努力の美女ゴルファー

Licensed by gettyimages R

最近は美人女子プロゴルファーの活躍が目立っていますね。プロテスト合格翌年に初優勝を飾って一躍ヒロインとなった斉藤愛璃もそのひとりです。

その後、目立った成績は収められていないものの、練習によって着実に実力を上げてきています。そんな斉藤愛璃選手の魅力に迫ってみましょう。

美しさだけじゃない!美人女子ゴルファー斎藤愛璃

人気の女子プロゴルファーの中でも、その美しさにファンの多い斉藤愛璃。2012年にツアー11戦目で優勝を飾ったという華々しい記録を持つ選手です。

そんなヒロインとして一躍有名になった彼女ですが、プライベートな情報は意外に少ないのです。そこで、まずは彼女のプロフィールからご紹介致しましょう。

Daito Kentaku Eheyanet Ladies 2016 - Day 1

Licensed by gettyimages R

生年月日:1989年12月6日
身長:165cm
体重:55kg
血液型:B型
出身地:神奈川県厚木市
出身校:神奈川県厚木北高等学校
趣味:音楽鑑賞
得意クラブ:パター
所属:程ヶ谷CC

8歳からゴルフを始めた彼女は、2010年に単年度登録選手としてプロツアーに参戦し、翌2011年に見事プロテストに合格しました。そしてその年のファイナルQTによってレギュラーツアーへの出場権を手にし、2012年には「第25回ダイキンオーキッドレディスゴルフトーナメント」でツアー初優勝を飾ったのです。

この記録は国内女子では最速であり、プロテスト合格翌年の優勝というのも、女子ゴルフ界では史上初のことでした。この年はレノボ・ジャパンとのスポンサー契約も締結しました。

Nitori Ladies 2015 - Day 1

Licensed by gettyimages R

しかも見ての通りの可愛いルックスとファッションで、ゴルフファンを虜にしたのです。

しかしそんな華々しいプロ転向後も、シード権を失ったり、予選落ちが続いたりと、思うような成績を収めることが出来ず、かわいい笑顔の裏で不安を抱えながらも、一生懸命練習を重ねてきたのです。

着実に実力を上げ上位を狙う!期待高まる今後の活躍

そして昨年、再びシードを獲得し、ツアーへの出場が決まった彼女は、シーズンオフにパッティングの練習を重点的に行いました。平均パットを上げることで、いかに楽にパーをとるかを課題として努力を重ねたのです。

その結果、試合での成績としてはふるわなかったものの、平均ストロークを上げることで、確実に実力を上げてきました。本人も、優勝やシード権獲得にこだわらず、平均ストロークを挙げることを目標に今季も頑張っているようです。

きっとこの数字を上げていくことで、今後の賞金ランキングも上がることでしょう。まずは最終予選を通過し、ひとつでも多くのトーナメントに出場して欲しいところですね。そして出来れば首位を狙っていって欲しいと思います。

Miyagi TV Cup Dunlop Ladies Open 2015 - Day 2

Licensed by gettyimages R

リオ五輪が終了した今、4年後の東京オリンピック開幕へ向けて、さらに期待と注目が集まる女子ゴルフ界。その中で、確実に実力アップした斉藤愛璃の姿をオリンピックのコース上で見られるよう、今季も引き続き応援していきたいですね。

関連記事