GOLFES

見つかる、楽しむ、あなたのゴルフライフ。

スレンダー美女ゴルファー高島早百合の素顔が知りたい!

Licensed by gettyimages R

みなさん、女子プロゴルファーの高島早百合(たかしまさゆり)選手をご存知でしょうか?ショートカットで清々しいイメージの笑顔が可愛い、新人美女ゴルファーです。

女子プロゴルファーのみなさんは意外と小柄な方が多く驚いたのですが、早百合さんはなんと173センチの高身長。

「モデルがゴルフをしているのかと思った」という声が聞かれるほど、小顔でスタイルも抜群な早百合さん。いったいどんな選手なのでしょうか。

高島早百合選手とゴルフの出会い

話題のビッグルーキー高島早百合選手。彼女とゴルフの出会いは、小学校2年生のとき。お父さまと一緒に練習場に行ったときに、ボールが芯に当たって「おもしろい!!」と思ったそうです。

ゴルフが楽しい!と思うのはそこだと思うのですが、小学校2年生で、すでにそう感じていたのですね。

彼女は、小学校時代には水泳やテニスをこなすスポーツ万能少女でした。おてんば娘といった感じでしょうか。高身長を生かしてバレーボールやバスケットボールをやろうと思っていたようですが、お父さまは強制的にゴルフの練習をさせていたそうです。

12歳から本格的にゴルフをはじめ、宮里藍(みやざとあい)選手と同じ、ゴルフ部の名門である宮城の東北高校に進学します。

2010年には東北ジュニアゴルフ選手権で優勝。この優勝で自信をつけて夏には「65」をマーク。東北女子アマ選手権2位などの成績を残しています。そして、2011年にプロテストに一発で合格しました。プロになると決意したのは高校入学前で、両親からきちんと目標を立てるように言われ、ゴルフしかなかった!ゴルフで身を立てよう!と思ったそうです。

20人もの女子プロゴルファーが誕生したこの年の同期には、香妻琴乃(こうづまことの)選手、青木瀬令奈(あおきせれな)選手、工藤公康監督の長女の工藤遥加(くどうはるか)選手、堀奈津佳(ほりなつか)選手と、現在活躍中の選手が名を連ねています。

高島早百合選手と宮城のつながり

2戦目となったミヤギダンロップ女子では、通算13オーバーで予選落ちしてしまいました。

このときに、東日本大震災の被災者の子供たちに元気を与えたいと、先輩の古閑美保(こがみほ)選手、諸見里しのぶ(もろみさとしのぶ)選手と、地元でもある宮城県立こども病院を慰問しました。

「がんばって」と声をかけたら、逆に子供たちに「がんばって」と声をかけられて嬉しかった。でも仙台の人たちに、成長したところを見せたかった…。と悔しさを自身のブログでもつづったそうです。彼女自身も震災の影響で練習拠点を石川の小松CCに移動し、現在は、関東の「ザ・カントリージャパン」に移動しています。

「一生懸命頑張っても数字でしか評価されない世界」とプロの厳しさを痛感し、「まずスイング革命を起こします。メンタルを強くしないと」と課題を見据えました。

でも子供たちもきっと元気と勇気をもらったことでしょうね!
一日も早い復興を祈りたいと思います。

飛ばし屋でも注目

高島早百合さんは容姿とともに、高身長を活かした豪快なショットでも注目されていますが、彼女の武器は体格を活かしたダイナミックなプレーで、得意なクラブはドライバーです。

安定感もあり、平均飛距離は250ヤード。「自信を持って振れるクラブです。セールスポイントだと思います」と語っています。

2012年「NEC軽井沢72ゴルフトーナメント」では、追い風とはいえ、驚きの314ヤードを記録しました。

同大会を予選落ちしてしまったので、この記録は幻となってしまいましたが、飛ばし屋でも有名な森田理香子(もりたりかこ)選手「291ヤード」・福島晃子(ふくしまあきこ)選手「309ヤード」の記録を差し置いて、トップに立ちました。彼女の実力は本物!

飛ばすためには、決して力まず、逆に力を抜くことが大切なんだそう。力を抜いてどれだけ振り続けられるかがポイントになるんですって。やはり一番の練習は「素振り」なのでしょうか。

飛ばしたいから強く振るのではなく、飛ばしたいなら力を抜くことが重要なんですね。力を抜くと安定しないような気もしてしまいますが、逆に安定させるから力が抜ける。簡単なようで難しいですよね。

Daikin Orchid Ladies Golf Tournament - Day 1

Licensed by gettyimages R

高島早百合選手のプロになってからの五箇条

1.会場入りは2時間10分前

試合当日は、必ず2時間10分前に到着するようにしているそうです。2時間はアップやストレッチをして試合に臨むのですが、10分は荷物を収納したり、一息する時間なんですって。几帳面な性格が出ていますね。

2.試合前はパットで始まりパットで終わる

試合前の練習は、まずパッティングからスタートし、パッティングで終わるように調整しています。その後に打球練習、アプローチの練習、そして最後にパッティング。

その日の天候や気候によっても変わってくるパッティング。ゴルフ場のコンディションもありますから、感覚が重要です。

3.睡眠時間は7時間

試合前は7時間睡眠をキープしています。しっかり睡眠をとって疲れを残さないようにしているそうです。

4.必ず朝ごはんを食べる

試合前に限らず、いつも朝は必ずお米を食べるようにしているそうです。朝食はエネルギーにもなる大切な食事なので、腹持ちのいいものを食べるようにしているそう。彼女のパワーの源は、お米なのかもしれませんね。

5.髪は染めない、ピアスはあけない

日本人ならではの黒髪なので、染めたりしないようにしているそうです。産んでもらった大切な体なので、ピアスもあけないという高島家の教訓なんですって。

見た目はスレンダーでモデルのような体系なのに、意外と古風ですね。でもそれが彼女の美しさのひとつなのでしょう。

高島早百合選手の今後の目標

明るくていつも笑顔がたえない女子プロゴルファー高島早百合さんの次の目標は、ツアー初優勝!そして25歳までに賞金女王になることです!

2015年YONEXレディースは、自身のブログで左手の親指の痛みを感じて、欠場も報告しています。治療しながら練習もおこなっていたそうですが、2週間で回復。ブログでは姉と居酒屋に行ったり、普通の女の子といった感じにも見えますが、やはりアスリート!7月にはラウンドに復帰しています。

まだ成績は残していませんが、「いまは目標に向かってジャンプするためにしゃがんでいるときだ!パワーを思いっきりためて高く飛びたいと思います」と頼もしく語っています。

同期の香妻琴乃選手や堀奈津佳選手の活躍も受けて、早く同じ舞台に立ちたい!と強い目標を持っています。美人女子プロゴルファー高島早百合選手の今後の活躍が期待されます!

ブログを拝見すると、「春の予感」なんてタイトルも…。でも恋は冬眠中だそうです。

スレンダーな日本風美女、高島早百合選手のツアー初優勝の日も近いかもしれませんね。たくさんのゴルフファンが応援しています。がんばってください!!

高島 早百合(たかしまさゆり)プロフィール

生年月日:1992年9月3日 23歳
身長:173cm
体重:65kg
血液型:A型
出身地:京都府京都市
出身高校:東北高等学校(宮城県)
ゴルフ歴:12歳から
趣味:DVD鑑賞
尊敬する選手:池田勇太(いけだゆうた)選手
所属:ザ・カントリークラブ・ジャパン
契約:ウエア:BEAMS GOLF

 

関連記事

痩せた!?吉田弓美子 さらなる美しさと実力にブレイクの予感!

  • 2016.07.27

今、スポーツ業界でもかなり人気の高い女子ゴルフ界。そこで活躍…

木戸愛がキュートで目が離せない!気になるスリーサイズは?

  • 2016.10.22

抜群のプロポーションとかわいい笑顔でファンを魅了する木戸愛。…

実はあまり知られていない!?東尾理子のゴルフ経歴をご紹介

  • 2016.01.27

ゴルフの解説やCM出演など、現在いろいろな方面で活躍されてい…