GOLFES

見つかる、楽しむ、あなたのゴルフライフ。

樋口久子 Pontaレディス【2015】の結果|女子ゴルフ 結果速報・ランキング等

Licensed by gettyimages R

樋口久子 Pontaレディス

2015年度LPGAツアー第33戦「樋口久子 Pontaレディス」が、10月30日(金)から11月1日(日)の3日間、埼玉県飯能市の武蔵丘ゴルフコースで行われました。

【試合結果】
優勝:渡邉彩香(わたなべ あやか)

スコア:通算 -11 (1R:72 2R:67 3R:66)

選手紹介:1993年9月19日生まれの22歳・静岡県熱海市出身・A型。2012年7月、プロテストに一発合格。12月のファイナルQTで29位となり、翌年ほぼ全試合の出場資格を獲得。2013年は国内ツアー初参戦で早くも頭角を顕し、ラスト5試合で3度のトップ10フィニッシュを飾り、賞金ランク46位でシード権を獲得。2014年にツアー初優勝。今季序盤戦で早くもツアー2勝目を獲得すると、本大会で今季2勝目、ツアー通算3勝目を飾る。172㎝の長身から放たれる飛距離が、最大の持ち味。

今大会の見所(ハイライト)

5年ぶりに武蔵丘GCで開催される本大会。広いフェアウェイときれいな高速グリーンが魅力的なコースで、パッティングの出来が見どころのひとつ、と予想されます。

1日目。ツアー初出場で16歳のアマチュア、畑岡奈紗(はたおか なさ)が4バーディ、ノーボギーの68をマークして、首位に躍り出ます。畑岡はマンデートーナメントを通過して出場権を得ますが、ツアー初出場での首位発進は、アマチュア選手史上初の快挙。

7月のIMGA世界ジュニアゴルフ選手権で、06年の宮里美香以来、4人目の日本人優勝を果たした実力を、思う存分発揮します。



1打差の2位には、今年プロテストに合格した21歳の武尾咲希(たけお さき)、2アンダーの3位タイには、保坂真由(ほさか まゆ)、諸見里しのぶ(もろみざと しのぶ)、馬場ゆかり(ばば ゆかり)、茂木宏美(もぎ ひろみ)、西山ゆかり(にしやま ゆかり)ら9名が並ぶ大混戦となります。

2日目。前日、パープレーで19位タイとした渡邉が、6バーディ、1ボギーの67と、この日のベストスコアをマーク。プロの意地を見せて、一気に首位へと駆け上がります。

ベテラン茂木は、本大会の目標を「毎日60台のスコア」と設定し、前日は達成しなかったものの、この日はこの目標をクリア。落ち着いたプレーで首位に並びます。



アマチュアの畑岡は、12番でダブルボギー、13番をボギーとしてスコアを落とすものの、16番の第3打、残り57ヤードのアプローチは、まるで磁石に吸い寄せられるようにカップに沈み、イーグルを奪取。ミラクルショットで会場を沸かせます。

3日目。3選手が首位に並び、最終日を迎えます。

本大会を盛り上げる立役者となった畑岡。前半で2つバーディを決めるナイスプレーを見せるものの、12番からの4連続ボギーで首位争いから退きます。
しかし前日イーグルを獲った16番、ティーショットを迷いなく振り切り、ボールは渡邉の打球を超す位置へ跳びだします。このホールをバーディとして15番までのイヤな空気を払拭すると、最終18番のティーショットも渡邉超え。ギャラリーからもどよめきが起こります。
第2打目はドローボールで果敢にピンを攻めて、バーディでフィニッシュ。通算4アンダーの7位タイ、ローアマを獲得しました。

小気味よい動作、キレのあるショット、ゆるぎないスイングで、ポジティブに攻める姿勢が、フレッシュでとてもステキでした。
さらなる経験を積んでいくこの先が非常に楽しみな、高校2年生です。



最終組で、10歳代の畑岡、20歳代の渡邉とともに回る、30歳代の茂木。飛ばし屋のふたりとは異なるスタイルですが、終始落ち着いて自分のプレーに徹します。
5番でダブルボギーとして、スコアを伸ばしきれずに4位タイで終わりましたが、周りに目を配りつつ冷静に自分のプレーを分析する、ベテランの落ち着きを見せました。

葭葉ルミ(よしば るみ)は、ショット、パットともに調子の良さを見せて着実にスコアを伸ばし、今季最上位の3位で終えます。この賞金額490万円を加算して賞金ランクを38位まで上げ、来季シードをほぼ確実なものとします。



熾烈な2位争いは、藤本麻子(ふじもと あさこ)が16番でチップインイーグルを決めて、混戦から一歩抜け出します。残り92ヤードの第3打。ドロー回転がかかった打球は、傾斜を転がりカップへ吸い込まれます。
18ホール、焦らず耐えるプレーを展開して、今季2度目の2位。4年ぶりの2勝目を掴み取る日もそう遠くないかもしれません。

大混戦を制したのは、プロの気迫を見せた渡邉。3者首位タイでスタートするも、1番のバーディスタートから会場を沸かせ、自分のペースへ持ち込んで中盤からは独走態勢に。
アマチュア畑岡を前にして、プロの意地と凄みのプレーで、2位に4ストローク差をつけて圧巻の勝利を収めました。

この優勝で、自身の目標である年間複数回優勝を達成し、賞金ランクは3位と日本人最上位へと大躍進しました。

次回の女子ツアー情報と「みどころ」―ぼびじょん子の視点

大会名称:TOTOジャパンクラシック【2015】
日程:2015年11月6日(金)~11月8日(日)
会場:近鉄賢島カンツリークラブ(三重県) / 6,506Yards Par72(36,36)
賞金総額:$1,500,000

次週は、「TOTOジャパンクラシック」(賞金総額150万ドル、優勝賞金225千ドル)が開催されます。

舞台となる近鉄賢島カンツリークラブは、伊勢志摩国立公園の自然を取り入れ、美しい海と緑に囲まれたリゾートコース。
名物の砲台グリーンをガードする身の丈を超すアリソンバンカーは、細粒白砂で景観の美しさと戦略性を高めます。

日本で唯一、全米女子プロゴルフ協会公式戦として開催され、米ツアーからは「The Evian Championship」終了時点の賞金ランク上位43名、日本ツアーからは「富士通レディース」終了時点の賞金ランク上位35名が出場します。
賞金総額も増額し、日米両ツアーの賞金ランキングに大きく影響します。

世界トップクラスのプレーヤーたちが一堂に会するビッグトーナメント。華麗な技に魅了されそうな、見逃せない一戦です。

 

関連記事