GOLFES

見つかる、楽しむ、あなたのゴルフライフ。

「あなたはどんな車でどうやってゴルフ場へ行きますか??」編 なぜなに!?ゴルフ女子

こんにちは。ミー★ハー子です。

雨がザーザーと降っています…。
最近、びっくりするくらい雨が続きますよね〜。

降りしきる雨の中、レインブーツを頼りに、必死に通勤する毎日でございます…。
足が蒸れて仕方ないっつーの!!!

少しでも濡れないように、必死に横断歩道の白線のところだけを大股で歩くミー★ハー子…。

隣で停車中の車のドライバーは、そんなミー★ハー子を哀れむように見ながらも、悠々と何か歌を歌っている模様…。

…あー、羨ましい!!!
やっぱり、雨の日には車が一番ですよね~。

さて。
突然ですが、皆さんどんな車が好きで、どんな車に乗っていらっしゃいますか?

セダンの高級車?RV?それとも燃費の良いエコカーでしょうか??

ミー★ハー子?
私はですねぇ…。

荷物をがっつり載せられる、何なら部屋に入りきらない荷物の荷物置きに出来ちゃうくらいの荷物キャパシティーのある車が好きでして。

いえねー。
狭いワンルームに住む、しがない独り暮らしのくせして、荷物が多すぎるんですよねー。
ゴルフバッグにテニスバッグ、キャンプグッズにスノーボード…。

荷物だけで部屋がいっぱいいっぱいですよ!
更にはオナゴなもんで、服やら化粧やらも溢れてる、っていう…。

というわけで、最も邪魔となる(!?)ゴルフバッグ始め、遊び道具達を倉庫代わりの車にイン。
搭載したまま、車に乗っていた時期もありました…。

いや、今はもちろん燃費が悪すぎるのでやめましたけどね!!
当時は夜逃げか!?ってびっくりされるくらい、どっさり荷物が積んであったもんです。

136

まぁ、自分の部屋が如何に汚いか自慢はこのくらいにしておいて…。

そうそう、車のお話。
今回は、ゴルフ場へのアクセスには欠かせない!?車のお話です。

どんな車で行きますか?

まず、そもそも皆さん車を買うときに「ゴルフ場に行く」ということを想定して買われる方ってどのくらいいらっしゃるものなんでしょうねー?

もちろん1人、2人で行くくらいなら、どんな車を買ってもシートアレンジで対応できるのかもしれません。

でも、それ以上の人数を乗っけていくとなると…。
まず軽自動車とかだと対応出来なくなりますよね?

(あっ…でも、どうなんだろう。
最近、アウトドアに特化したラゲージスペースが売りの軽自動車って、結構流行ってますものね…?
あれってまさかゴルバッグが3つぐらい縦に入っちゃったりするのかしら…。
そしたらすごい!)

でも…ミー★ハー子は、あまりゴルフ場で軽自動車って見かけない気がするのです。
(ここでは、ゴルファーという人種の可処分所得についてのお話は置いておこうかと思います)

そう、やっぱり3人、4人で待ち合わせてワイワイ行くのであれば、大きめな車があると安心ですよね!

ミー★ハー子とその仲間達も、いつも同じドライバーさんの車にピックアップしてもらって、ゴルフ場に向かっています。

その方の車は、ステーションワゴン。決して車内スペースが狭いわけではありません。

でも…。
4人もの大人が乗ってしまうと、キャディバッグの積み込みに少々困難が伴います。

そう、バッグを載せられるスペースは、後ろのラゲージスペースのみ。
しかも後輪タイヤがある場所は、2本のタイヤ分、スペースが狭くなっており、キャディバッグが横向きに入らないのです!
でも、そこに入れないと4個ものキャディバッグを収納することは到底無理。

…で、です。
私たちが、どうやって収納しているかというと…。
クラブの中で、最も長いドライバーなどのウッド類を抜いてしまうのです!
そして、アイアンの長さに縮めたキャディバッグを、無理やりラゲージに積み込むっていう戦法!

これ、他にもやっている方ってきっといるんじゃないかなぁ~?
ま、下手すると後部座席に抜き取ったドライバーが飛び出てしまって、座る人たちの邪魔になったりすることもありますが、それはご愛嬌(笑)
狭い、狭いとやんややんや言いながらも、皆で楽しくゴルフ場に向かうことができるのです。

137

でも、ミー★ハー子は思うのです。
ゴルフ場の車寄せに車を着けた瞬間に、ゴルフ場のスタッフの方がトランクルームを開けて、バッグを取り出してくれる親切なゴルフ場がありますが…。
バラバラに分解されたキャディバッグをみて、最初はびっくりしているのではないかな~と。

というか、あのゴルフ場のスタッフさんってすごいですよね!!!
様々な車がゴルフ場には現れるというのに、どんな車種のトランクも一発で開けられるのですから…!

ミー★ハー子なんて、初めて見た車のトランクルームは大概開けるのに戸惑ってしまいます。
…やっぱり、あれも熟練の技なのかしら???

そもそも何人で行きますか?

そう、そもそも皆さんゴルフって何人くらいで待ち合わせて行かれるのでしょうか??

そんなの、時と場合による??
ええ、ええ、ごもっともだと思います。
ま、でも気心知れたゴルフメンバーで定期的に行くゴルフっていうのもありますよね??

ミー★ハー子の場合はですねぇ。
メンバーが3~8人くらいいて、その中で都合の合ったメンバーが、いつも集まってラウンドに行くような感じが多いのです。

そしてその中でもコースを予約したり、車を出してくれる人っていうのは、大体決まっています。

きっと皆さんも仲間内に
「ゴルフに行く時は、こいつの車!」
みたいな、ドライバーをいつもかってでてくれる方がいるのではないでしょうか?

えっ?いつも現地集合
えっ?いつもみんなで貸し切りバス??

ミー★ハー子はですねぇ~。
とってもバスに憧れています!!

一度でいいからみんなで小さなバスを借り切って、気心の知れた皆で朝からお酒を飲みながらラウンドに向かってみたいのです!
遠足気分で、それはそれは楽しそうだなぁ、と…。

…そういえば。
思い出しました。

むかーし、ミー★ハー子は入りたての会社のコンペに誘われたことがありました。
そのコンペは、会社で主催のとても規模の大きなコンペで、ゴルフ場を一日借り切ってやるくらいの盛大なものでした。

バスにまつわる苦い思い出

当時、その会社に入ってまだ一か月くらいだった、ぺーぺーのミー★ハー子。
でも、うっかり自分の歓迎会で
「趣味はゴルフです!」
なんて、上手くもないくせにゴルフ大好き宣言をしてしまったのがいけなかったのです…。

そう、ふたを開けてみれば、仕事で良く話をしたりご飯を食べに行ったりする若い同僚たちは皆、ゴルフをやらない、もしくは参加しないというスタンスだったのでした…。
そのことに気付いたのは、働き始めてだいぶ経った頃。
結局、上司達全員の前で「ゴルフやりたいです!」宣言をしてしまったミー★ハー子、ただ一人がおじさまたちに交じってコンペに参加することになってしまったのでした。

よくよくそのコンペの詳細を聞いてみたところ…。
若い女子の参加率は限りなく低く、参加者の役職の高さだけがとても際立つという、なんとも気を遣う雰囲気満々のコンペなのです。

でもそのことに気付いた時には、後の祭りのミー★ハー子。
もはや、役員の中に紛れ込んでの接待コンペからは逃げ切れません。

こぶしを握り締め、ミー★ハー子は覚悟を決めたのでした。
下手ながらも、迷惑をなるべくかけないようにやり切ってやろう…!!と。

さて。
参加の覚悟を決めてから数日後。
上司からメールが回ってました。

「ゴルフコンペに参加される方へ。
当日、足のない方は一人¥1,000-で貸切バスで行くことができます。
東京駅に朝6時に集合して下さい」

メールの内容は、その様な感じのものでした。
そして、そのメールの最後に

「私は同期たちと車で行きます」

との一文も付け加えられていたのでした。

えっ!!!

ミー★ハー子は途方にくれました。
そのコンペに参加する唯一の知り合い…それがその上司だったのです。
その他役員たちは、顔こそ見たことがあるものの、話もしたことのない方たちばかり…。

全く知り合いのいない状況でも、そのバスに申し込むべきなのだろうか…?
ミー★ハー子は悩みます。
だって、いざとなれば自分の車で行けてしまうのですから。

…役員の中に、一人新入社員として混じってバスに乗り、顔を覚えてもらうべきなのか…。
…うん、きっとその方が今後の仕事の役にも立つし、良いに決まっている!
…でも、上司もその同期もバスには乗らないって言っているしな…。上が乗らないのに?
…そもそも、朝からお酌とか気を遣うのすごく嫌だな…。
…でも、なんか逃げてる感じ?それもなんか癪だし…。

138

悶々とミー★ハー子は悩みました。
朝来たメールを夕方に返すまで、仕事もそこそこに考えをめぐらせました。

 

・・・

さて、当日。
「おはようございまーす!!!」
と元気よくゴルフ場に降り立ったミー★ハー子…。

はて…。
ゴルフ場で朝の挨拶をしているということは…もしかして…。

そう、当日ミー★ハー子がゴルフ場に乗ってきたのは「自分の車」
結局、バスに乗ることはなかったのです。

あの日…。
悩みに悩んだ末、夕方の帰社前に
「では、私も車で行きます…」
と上司にこっそりメールを返したミー★ハー子。

とうとう、役員の中に一人で飛び込む勇気は出せずじまいだったのでした…。
嗚呼、ダメ人間ミー★ハー子
もしかしたら、そこには出世の道が開けたかもしれないのに…。

え?なになに?
仕事に影響はなかったのかって?
今はどんなポジションにいるんだって????

…えっとー、まぁ、その会社はとっくに辞めちゃったんですけどねっ♡

関連記事