GOLFES

見つかる、楽しむ、あなたのゴルフライフ。

「カメラ女子×ゴルフ女子=」編 なぜなに!?ゴルフ女子

こんにちは。ミー★ハー子です。

突然ですがミー★ハー子、最近カメラのお教室に通っております。

というのも、買ったはいいものの、買った当初にチョロっと遊んだっきり、物置きの隅の方に放置されていた一眼レフがありまして…。

最近、写真をやっていらっしゃる方とお話する機会があり、
「よし!カメラちゃんとやってみよう!!」
と、情熱が再燃したワケです。

…とはいっても、オートで撮る以外のなーんの操作もわからないミー★ハー子。

なので、ここはしっかりと教室に通って教えてもらおう!
と相成ったワケです。

ちなみに、CanonやらNikonやらの大手カメラメーカーさんは、メーカー主催のカメラ教室、というのを必ず開催しています。

今回ミー★ハー子もそちらのカメラ教室に参加してみたのでした。
週1で、外での実習がついての計5回、という内容のもの。
(ちなみにお値段は¥15,000でした)

さっそく通ってみると…。
最初にね、生徒みーんなが自己紹介させられるんですよ。
正直、目立たずにコソコソ受講しようと思っていたミー★ハー子は、
めんどくさ…
という思いは隠せませんでしたが、話さなければならないものはしょうがない。

・名前
・使っているカメラ機種
・カメラ歴
・撮りたいもの

という内容で、しぶしぶ自己紹介を始めたミー★ハー子。
そして、最後の「撮りたいもの」を話す時がやってきました。

う、う、う、ええぃ、いったれ!!

「わ、わたしは…スポーツをしている人を撮れるようになりたいです!!」

…そう、ミー★ハー子が撮りたいもの…それは、
ゴルフをプレーしている人」だったのです!

ゴルフ中の撮影機会

皆さん、良く思い返してみて下さい。
ラウンド中の写真って…ロクなものがない気がしませんか!?

最初のホールでの集合写真、ショートホールでの待ち時間に撮ったスナップ写真…。
今や大概の方は、それも携帯で撮られていると思います。

いや、最近の携帯って、画質も本当に綺麗だし、後で修正も出来たりするし、写真としては充分なんですよね~。

…でもね。

ちょっと欲張りなミー★ハー子は、こんな写真も撮ってみたい。

127

更にはこんな写真も…

128

こういう写真を撮るには、やはり携帯だけでは不足な気がします。

ブレてしまったり、シャッターを押すタイミングが上手くいかずに、結局フォロースルーの時にシャッターを押してしまったり…。

更には、ある程度離れて写真を撮らなければならないので、どうしても小さな写真になっちゃいますよね?
大きな写真にしようと思って携帯のカメラでアップにすると、手ぶれの危険性がかなり増してしまいます…。

動画を撮るのなら、携帯でも良いのかもしれません。

…でも、ミー★ハー子は
かっこいいゴルフ写真
が撮りたいのです!!!

というわけで一眼レフ

そもそも、ラウンドに一眼レフなんて持って行く方っているのでしょうか…?
ミー★ハー子の少ない経験上では、そういう奇特な方を見たことがありません。

そもそもカメラって重たいし、邪魔だし、自分のプレーの合間をぬって人の写真を撮るなんて面倒くさくて大変!!!

更には写真を撮っていてスロープレーになってしまった日には最悪です…。

でも…!
そんな悪条件をも乗り越えて、良い写真を撮りたい!という情熱を持ったミー★ハー子。
早速ラウンド中に写真を撮る場合のシミュレーションを始めます。

ゴルフ写真を撮るには…

まず、写真を撮れる状況ですが…。
正直、ティーショット時くらいしか思いつきません。

だって、その後セカンドショットだって、グリーン周りだって、どう考えてもそんな時間の余裕が訪れるとは思えません。

もし、専属カメラマンとして1人プレーしないで同行するなら別ですが…。
そもそも、そんな同行って可能なのでしょうか?
プレーしなければ、プレーフィーは発生しない???

…よくわかりません。

あっ!!
でもゴルフェスさんとか、知ってるのかな?

ゴルフェスさーん、カメラマン同行って、フィー発生するんですかー??
(下世話な質問を投げてみた)

さて。
それはともかく。

そもそも、ミー★ハー子は写真を撮るボランティアではないのです。
写真を撮りながら、プレーもしたいゴルファー」
なのです。

なので、プレーしながらも時間が取れるタイミング、というと、やはりティーショット時しかないようです。

幸運なことに、ミー★ハー子は女性なので、レディースティーでプレーを致します。
…すると、手前で男性がプレーしている間は、なのですねー。

よし、シャッターチャンスはここに決定です。

技術的なお話

というわけで、次はどんな設定で写真を撮ればいいのか、という問題に突き当たりました。

素人ミー★ハー子なりに考えます。
シャッタースピードをマックス上げて…。連写モードで撮れば…。
あの、千手観音のような写真が撮れるのかなぁ?

うーん、わかりません。
というわけで、得意のGoogle先生に聞いてみると…。

…ナニ?
一眼レフでは、そんな写真は撮れません

コンデジ(コンパクトデジタルカメラ)の方がよっぽど連写性能に優れているのが出ている…???

ガーン!!

ミー★ハー子は頭をカチ割られた気分になりました。
なんと、何でも出来ると思っていた一眼レフよりも、コンデジの方が優秀だなんて…!

なんでも、いちいちミラーに反映させて写真を撮る一眼レフは、どうしても連写に弱いのだとか…。
それよりも、連写に特化した普通のコンデジ出ていて、それなら1秒間に30枚もの写真が撮れる…!?

なんと!!
目から鱗のミー★ハー子。早速、ネットでそのコンデジを調べてみます。

…。

ミー★ハー子は唖然としました。

なんと、世の中には
ゴルフの為に生まれたカメラ
なるものが存在している…!!

皆さん、このコンデジってもしかしてゴルファーの間では有名なシロモノなのでしょうか??

お恥ずかしながらミー★ハー子、全く知らなかったのです。
こんなマニアックなカメラの存在を…!

某プロゴルファーがメインキャラクターになり、宣伝されているそのデジカメは…。
なんと、スイングの分析が出来る機能が搭載されていて、撮ったあとの写真にラインが表示され、自分のポジショニングがわかりやすく分析出来るのです!

更には、ライ角、前傾角の数値を表示してくれたり、動画撮影の際にはインパクトの時だけスロー撮影をしてくれたり…。

なんともゴルファーに優しい機能が満載です!!

そして、1番ミー★ハー子が悩んでいた、
「自分が写真を撮ると、自分の写真が残せない」
という切実な悩み…。

それすらも、この優秀なカメラは解決してくれるのです。

なんと、動かせる液晶画面がくるりと回転。
自分で画面を確かめながら、自立したデジカメで自撮りが出来る…!!

129

嗚呼、もうグーの音も出ません…。
完敗です…。

もはや、ネットショッピングの購入ボタンとの格闘となったミー★ハー子。

いやいや…。
だって、一眼レフを使う為に教室にまで通ったのに…。

いやいや、でも、スイングが撮りたい、っていう目的を1番叶えてくれるのはこっちのカメラじゃないか…。

悶々としたやり取りが続きます…。

…30分後。

「ポチッ!!!」

何かを押す軽い音が、三十路一人暮らしの狭い部屋に響きました。

嗚呼。
またもや…。
またもや、ミー★ハー子の一眼レフは、お蔵入りの運命をたどる様です…。

…あ、ちなみに。
皆さん、決してこれはミー★ハー子による、そのカメラの宣伝ではないですからね!!!

…だって、だって!!

ミー★ハー子は、本当は一眼レフを使いたかったんですから!!!!

カメラ教室代、返せ~!!!
ばか~!!!

…むなしくも、三十路の叫びはゲリラ豪雨の雨音にかき消されてしまうのでした…。
(つづく?)

 

関連記事