見つかる、楽しむ、あなたのゴルフライフ。

ゴルフ場での心得をピンポイント案内~粋なゴルファー目指しませんか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ゴルフ場に到着してから、その日のプレーヤー全員がまず訪れるのがクラブハウスです。

フロントで受付をして、ロッカーで着替え、そしてトイレに行ってからコースへ向かうというのは、ごく一般的な行動の流れだと思いますが、実はそうした各エリアにはゴルファーに是非知っておいてほしい「心得」のようなものがあります。

これはゴルフ場に限ったことではありませんが、ちょっとした気配りができることで、あなたのゴルファーとしてのかっこよさが俄然アップするのです。

そこで今回はそうしたエリアごとに分類した、クラブハウス内でのゴルファーとしてのスマートな行動についてまとめてみたいと思います。クラブハウス内を上手に立ち回り、自分自身も快適に過ごすことができれば、プレー中にも精神的に好循環が生まれるかもしれませんよ。

玄関での心得~キャディ付きの日はいつもより15分早く到着すべし~

Mallorca Open Senior - Day Two

Licensed by gettyimages R

車でゴルフ場に到着したら、クラブハウスの玄関前に乗りつけますよね。玄関にはたいていページと呼ばれる玄関スタッフや、キャディさんなどが出迎えてくれますので、爽やかに到着したいものです。

そこで、注意してほしいのが到着時間です。

ゴルフを始めたばかりの頃は、ゴルフ場へ到着する時間も余裕を持って早めに来ていたのに、慣れてくると「もうゴルフウェアも着ているから、結構ギリギリでも大丈夫だな。」などと考えるようになり、どんどん来場する時間が遅くなっていくゴルファーが多いように感じます。

もちろん、プレー時間に間に合えば遅刻にはなりませんが、プレー時間が迫っているのにゴルフ場に到着していないプレーヤーには、ハラハラさせられるものです。

また玄関で「スタート時間がもうすぐなんだけど~」と言いながらドタバタと来場してくるのは、かっこいいものではありません。どんなに遅くても30分前には到着するように心がけましょう。

そしてさらに気を付けてほしいのが、キャディ付きプレーの場合です。プレーヤーにとってキャディ付きの日は「今日はどんなキャディさんだろう?」と考えると思いますが、キャディにとってもそれは同じことです。

時間ギリギリに到着するプレーヤーは、それだけでマイナスポイントです。しかもそのプレーヤーに付く予定のキャディさんが「あなたのお客さんが遅いから…」などと同僚キャディさんにイヤミを言われてしまうことさえあります。

このように時間にルーズなプレーヤーは、プレーする前にすでに要注意マークが張られています。キャディさんから無駄に嫌われないためにも、キャディ付きの日はいつもより15分は早く到着するように努めましょう。それだけで「要注意プレーヤー」のレッテルを張られなくて済むようになりますよ。

フロントの心得~名前は丁寧に書くべし~

2016y07m27d_235623634

余裕を持った時間で、スムーズに到着したら次はフロントです。フロントでは名前を書くことを求められると思いますが、あなたはきれいに自分の名前を書いていますか?

毎回書くことを求められると、面倒になってしまう気持ちも分かります。とくにメンバーさんなどはそうですよね。しかし、筆跡はその方のイメージを決める大事な要素です。それはゴルフ場でも変わりません。

なんとなくですが、文字の特徴は、ゴルファーの特徴と似ていると感じることがあります。普段の筆跡までは分かりませんが、フロントに残されたお名前の筆跡はその方のプレーぶりを表していることが多いのです。

例えば、雑な筆跡の方はプレーも雑でいいかげんであったり、乱暴になぐり書きしてあるような文字を書く方は、やはりそのような傾向にあったりします。

美しい文字にこだわる必要はありませんが、朝一番に書く自分の名前を丁寧に書いてみませんか?ちょっといいことがあるかもしれませんよ。

ロッカーの心得~スコアの話は小声ですべし~

THE PLAYERS Championship Media Day at TPC Sawgrass

Licensed by gettyimages R

ロッカーで「今日は70台でまわってきた!」とか、「俺はいつも80台なのに今日は90叩いた~」などと仲間たちと話しますよね。仲間たちとゴルフ談義をするのはゴルフの楽しみのひとつですから、それ自体はまったく構わないのですが、問題は声のトーンです。

広々としたコースの中で1日を過ごしていると、普段よりも声がだんだん大きくなります。そしてロッカーへ帰ってきてからも、その声の調子で話してしまうと室内ではうるさく聞こえてしまうのです。

ロッカー内に響き渡るような大声で、自分のプレーぶりを解説している方を見たことはないでしょうか?「自分のスコアをそんなに自慢したいの?」と思われかねないような大きな声で話しているのは、あまりスマートな行動とは言えません。

ロッカーは自分たちの仲間以外にもたくさんのプレーヤーが共同で使う場所ですから、声の大きさにはとくに注意が必要です。さらにプレーの後は高揚感が続いているので、ついついいつもより声が大きくなりがちになります。特にスコアが良かった時などは、さらに声を張ってしまいこともあるようです。

「今の自分は気分が浮ついているから、いつもより声が大きいかもしれない」ということを頭の片隅に覚えておきましょう。楽しみは仲間うちで味わってください。

トイレの心得~有名人に会っても声を掛けぬべし~

2016y07m27d_235634349

ゴルフ場にはプロゴルファーをはじめ、芸能人や著名人も来ることもあります。ゴルフ場でそうした有名人に遭遇したことがあるという方も多いのではないでしょうか。

そこで気を付けてほしいのが、トイレでの声掛けです。誰も周りにいないし、ついついチャンスとばかりに声を掛けてしまう方がいらっしゃいますが、これは絶対に避けましょう。

キャディをしていると、このような有名人の方の愚痴を聞くこともよくありますが、必ず「トイレで話しかけられるのが最悪」と言っています。ある意味お風呂よりもプライバシーが守られるべき空間ですし、声を掛けられても気恥ずかしいということもあるでしょう。

「○○プロにトイレで声を掛けたけど、無視された!これからは応援しない!」などと言う方がいたことがありますが、これはしょうがない部分もあると思います。声を掛ける場合は、場所や状況に気を付けましょう。

では、ゴルフ場の中で最も声が掛けやすい時間帯や場所はどこでしょうか。それは、クラブハウスからスタートホールに向かう間です。

有名人に限らず、ゴルファーなら誰でもスタートホールに向かう時は、普段よりハイテンションな状態です。この時点で機嫌が悪い方はほとんどいらっしゃらないと思います。しかしティーグラウンドに到着してしまうと、その方が仲間とゴルフを楽しむ時間が始まりますので、邪魔されたくないという気持ちが生まれてきます。

ですから、その前のクラブハウス~ティーグランド間が最も声を掛けやすい時間と場所になるのです。しかも「いってらっしゃい!」と声を掛けやすいですよね。

また、プレー終了後まで待って、18番ホールや、クラブハウス前で声を掛けようとするファンの方もいらっしゃいます。これはマナーとしては悪くないと思いますが、本人の気持ちを考えるとベターではありません。

有名人の方にも「ゴルフの後は疲れているから早く帰りたい」という気持ちがどうしてもありますので、真摯な方はもちろん対応してくれると思いますが、最も良いとは言い難いのです。

同じゴルファーとして、どこで声を掛けられるのが嬉しいか嬉しくないか?を考えてみると良いかもしれませんね。

レストランの心得~ビールより先に料理を注文すべし~

2016y07m27d_235645505

「暑い夏のゴルフは、ハーフ休憩中のビールが楽しみ」という方がいらっしゃいます。レストランに着くなり「とりあえずビール」と頼んで、ビールを飲みながらお昼メニューをどれにしようかとじっくり眺めるのもよく分かるのですが、できればゴルフ場ではビール注文よりも先に料理の注文をするぐらいの気持ちを持つことをすすめします。

ゴルフ場では次のスタート時間が決まっていますので、それほどゆっくりと食事をする時間はありません。ビールを飲んで、おつまみを食べながら同伴者とスコアの話をし始めてしまうと、料理を注文する時間がどんどん遅くなってしまいます。

それがほんの5分の遅れでも、料理が来るまでの時間が遅くなってしまうのは避けられません。また、5分遅くなっただけで、タイミング次第では10分料理が提供される時間が遅くなることもあるでしょう。

このようにそれ自体はたいした時間でなくても、短い休憩時間の中では再スタートに遅刻してしまう可能性だってあるのです。もちろんゴルフ場側の配慮や努力が欠かせないことは言うまでもありませんが、プレーヤー側も遅刻をしないように防衛策を立てておくとより安心ではないでしょうか。

食事が来るのが遅れて食事が満足にとれず、時間通りに後半ハーフをスタートできなかったということはままあります。そんな時に、少しでもそうした事態を防ぐアクションはプレーヤーにもできるのです。

そのために「まず料理を注文する」と決めておけば、ビールを飲みたいが為に早く料理を注文しようとしますので、自分のために是非実践してみてください。

おわりに

2016y07m27d_235653695

エリアごとのゴルファーのちょっとした気配りや配慮についてピックアップしてみましたが、いかがでしたでしょうか。

「そんなの言われるまでもなく、いつも心がけているよ。」という方もいらっしゃるとは思いますが、少しでも思い当る節がある方は、次回から気をつけてみてください。

余裕のある行動は、他のゴルファーから見てもかっこいいもの。「ゴルファーは紳士たれ!」ですよ。

この記事を書いたライター

某人気ゴルフコースのキャディとして10年勤務し、自身のゴルフ歴は4半世紀。
自己流ゴルフで悩んでいましたが、レッスンを受けて開眼。
またゴルフが楽しくなってきました。
真面目なゴルファーです。

> このライターが書いた記事をもっと読む