GOLFES

見つかる、楽しむ、あなたのゴルフライフ。

これを読めば安心!ゴルフの基本的な服装とマナー

ゴルフのマナー

ゴルフはたくさんのマナーがあります。コースでプレーするときはもちろん、ゴルフ場へ行くときの服装やゴルフウェアなどのルールを守って気持ちよくゴルフをプレーしたいものですね。

ゴルフ場へ向かう

Golf Sant Joan. Rubi

Licensed by gettyimages R

ゴルフ場へ到着するのはギリギリにならないようにスタート時間の1時間前には着くようにいきましょう。ゴルフ場へ着いてから受付をしたり着替えをしたり、時間があればショット練習やパター練習などもしたいですね。そして10分前にはスタートホールに行くよう心がけると良いです。ロッカールームであった人には「おはようございます」、プレー終了後に顔を合わせたら「お疲れ様です」と声をかけると知っている人じゃなくても気持ちがいいです。

プレー中のマナー

Flag on golf course surrounded by sand traps

Licensed by gettyimages R

ゴルフをプレーするときのマナーは難しくありませんが多くあります。初心者の方はすべて一度に把握することが難しいので、周りの方々に教えてもらいながら少しずつ覚えましょう。ルールがわからないときは同伴者の方に確認すればいいので心配いりません。

プレー中の基本的なマナー

Man playing golf, Miyazaki Prefecture, Kyushu, Japan

Licensed by gettyimages R

マナーとして一番大切なのはプレーが遅くならないように気をつけることです。そのためにボールをなくしたときにすぐ打てるように予備のボールを持つことや、クラブを何本か持って次に打つ場所へ行くように心がけましょう。プレー中は人が打つときは静かにすることや、ティーショットを打つときにプレーヤー以外の人はティーグランドに入らないように気をつけましょう。また、グリーン上では走ったり飛び跳ねたりしないこと、人のプレーはできるだけ見てボールがどこへ行ったかわからなくならないようにしてあげて下さい。最近特に気になるのは携帯電話です。携帯電話は必ずマナーモードにしましょう。人がプレーしているときに携帯ばかり見ていたりしては同伴者も楽しくプレーできません。人のプレーを見てナイスショットと声をかけるのも楽しくゴルフをするために必要なマナーです。

喫煙する方のマナー

Shadow Of Man On Golf Course

Licensed by gettyimages R

タバコを吸われる方に注意していただきたいのは基本的にゴルフ場内は禁煙となっているところがほとんどです。ただ、ティーグランドは喫煙OKのところが多いです。カート内は吸えるゴルフ場と禁煙のゴルフ場に分かれます。クラブハウスで吸う場合は、最近レストランも禁煙のゴルフ場が増えているので吸える場所を事前にゴルフ場の方に確認しておくと良いでしょう。

バンカーとグリーン上のマナー

Man playing golf, Miyazaki Prefecture, Kyushu, Japan

Licensed by gettyimages R

バンカーへ入るときはレーキを用意して、バンカーのあごが低いところからバンカー内に入りましょう。そうすれば打った後にすぐに跡を直すことができますし、プレーファーストにもつながります。パターはとても繊細なプレーが要求されますので、特に気をつけることが増えます。打つ人から見てカップの反対側延長線上には立たないようにします。あとは自分の影ができるときが時間や季節によってあるので、人が打つラインにその影がかからないように注意しましょう。たくさんあるようですが慣れてしまえば簡単なことなので最初に癖をつけるといいと思います。ゴルフはミスをしてしまうスポーツなのでミスをしても前向きにプレーして同伴者と楽しいラウンドにしたいですね。

ゴルフの服装について

Golf shoes

Licensed by gettyimages R

ゴルフ場へ行くとき、そしてプレーするときにも守らなければならない服装のマナーがあります。ゴルファーは格好も大切です!

服装の選び方

SHWETA

Licensed by gettyimages R

次は服装の選び方を中心にご紹介します。ゴルフ場への行き帰りに男性は基本必ずジャケットを着用します。女性はそこまで厳しくありませんが、ジャケットは持っていれば間違いないでしょう。また、カジュアルなコースでは服装にあまり厳しくないこともありますがジーパン、Tシャツやサンダル履きは絶対にやめましょう。ゴルフ場への行き帰りも基本的には襟付きのシャツが必要です。マナーとしては私服でクラブハウスへ入って、ロッカールームでゴルフウェアに着替えれば、間違うこともありません。最近はカジュアルなゴルフ場も増え、ゴルフウェアで行く方も多いと思います。ですが、ゴルフシューズでコースに行くのだけは控えましょう。ゴルフシューズはシューズケースにいれてロッカーで履き替えます。男性は必ずシャツの裾をパンツにいれて下さい。女性は出していても基本的には問題ありません。

こちらの記事もチェック

初心者が悩みがちな服装や持ち物。準備段階で役立つゴルフマナー

何かにつけて、エチケットやマナーが重要視されるのがゴルフなの…

季節によって注意するべきマナー

Young Couple in Golf Clothing

Licensed by gettyimages R

注意しなくてはいけないのは男性が夏場短パンでプレーされる場合ですが、名門コース・格式の高いコースではショートソックスが不可でハイソックスが必要な場合があります。秋冬に羽織ものとしてパーカーは着用してもOKですが、ポイントは中にタートルネックのシャツやポロシャツなど襟付きのシャツを着ることです。最近たまにみかけるのがキャップやバイザーなしでラウンドしている方。危険防止のためにも必ずキャップやバイザーは着用しましょう。

最後に

服装やマナーについて色々とご紹介してきましたが少しずつ慣れてきますので心配ありません。初心者の方は特にスコアは悪くてもみんなが気持ちよくプレーできるようにマナーを守って楽しくラウンドしましょう。

 

関連記事