GOLFES

見つかる、楽しむ、あなたのゴルフライフ。

初心者向けパター上達法(距離感基本編)

Licensed by gettyimages R

坂道マットじゃ上手くなれなかった

最近、名刺管理のCM流れてますね。

社長がパターマットで練習しているあのCM。

社長がパットしてカップを飛び越し社名が入ったボールが部下の足元に上手く転がるあのシーン。

そう!坂道があってカップが切ってあるよくあるパターマット。

最初は私もあのパターマットで結構練習をしました。

でもあれではダメだったんですよ、私には合いませんでした。

何が合わないかって、強めに打たなきゃ戻ってくるからパンチの入ったパッティングになりやすく、実際にどこまで転がるのかわかりません。

よく目にするこの練習マットの長さは2Mくらいの物が多く、それ以上の距離感練習が出来ません。

Hero World Challenge - Preview Day 3

Licensed by gettyimages R

頼れるのは自分だけの距離感

どれくらい振ればどのくらい転がるのか?どこまで転がるのか?

基準がないから同じミスを繰り返しているのだと考えました。

アイアンショットなどは基本的に番手ごとで飛距離が変わり距離の基準がわかりやすいですが、パターには飛距離の基準がありません。

なので先ずは、自分だけの絶対距離を把握してそれを基準にしようと思いました。

小さいストロークをし、あれこれ考えずに気持ちよく打てる距離。

ストレスがないので再現性も高くなるはず。

それを基準にする事でそれよりも強くまたは弱くヒットすれば距離感がわかりやすくなると思いました。

それを実行するにはあの急な坂道がある練習マットでは難しくなってしまいます。

ゴルフ場の練習グリーンへしょっちゅう行けるわけではないので鍛える場所は自宅に設定。

そこで距離感を鍛えようと以下のような条件で探すことにしました。

必要条件としては

・ある程度の長さがある室内用であること
・フラットな物であること
・出来れば実際のグリーンと同じようなイメージやスピード
・カップがあること
・なるべく求めやすい価格であること

Sentry Tournament of Champions - Preview Day 3

Licensed by gettyimages R

やっと見つけた練習マット

上記4条件を満たす良いものがないかとインターネットで探しました。

なければ自作を覚悟すると決めていたところ、該当するものを見つけました。

「パターマット工房PRO-GOLFSHOP」です。

最初にBENT-TOUCHを購入し、後にSUPER-BENTパターマットで自分だけの距離感を鍛える練習を開始です。

その当時、自作したBENT-TOUCH紹介動画がこちら

SUPER-BENT紹介動画はこちら

練習する時は3Mと5Mなど距離違いを交互に練習することで距離感が自然に身についてくると思います。SUPER-BENTであれば実際のグリーンに近い逆目での練習をおすすめします。

実際のグリーンでの修正

実際のグリーンでは傾斜があり、芝目もあります。

日本は砲台グリーンが多いので、手前から攻めていくと上りのパットが多くなると思います。室内で練習するようなたいらな場所からのパットがほとんどありません。

よって、私はあえてコースにある練習グリーンではカップまで5Mくらいの上りを選び、少し強めにパットする練習をするようにしています。

一度自宅練習との差を自分の感覚と目で確認して下さい。

自宅練習で学んだ絶対距離を試し何も差がなければそのままでOK、差分があればパットの強弱でその差分を埋めることを行うようにします。

Curtis Cup Practice

Licensed by gettyimages R

プロとアマチュア

プロのパッティング、特に上位にいる若いプロのパッティングを見ていると、フォームやストロークが常に同じでスムーズ、注目するところは常に強めにヒットしているように見えます。テレビでツアー観戦をしていると「あっ強い!」と思うことも多いです。

しかし、月数回のラウンドするアマチュアゴルファーにはそんな真似も出来ず、適度に強くヒットすることが難しい方がほとんどだと思います。

実際は距離合わせ、方向合わせの2パットねらい、結果として1パットのカップインというのが正しいのでしょうね。

強くヒットするのは大事ですが、われわれアマチュアゴルファーは距離合わせ、方向性が一番大事だと思います。

上りのパットをオーバーしたり、横傾斜の強い下りのパットを残すと3パットになる可能性が大きくなるのでこれは回避したいところです。

PGA Championship - Preview Day 2

Licensed by gettyimages R

パターの変更

今回のご紹介は距離感についてご紹介しましたが、私はパターそのものを何度か変更しました。

最初はヘッドの小さなL字パターを好んで使用していましたが、最近ではピン型や直進性の高い大型マレットを選択してきました。

絶好調であればL字パターは奇跡的なパットも可能にする強い味方なのですが、調子が悪いと距離に関わらず、方向性にもかなり神経を使いパターイップスへの助走になりかねないと思ったのが買い替えのきっかけです。

パットで考え込んでしまうと次のホールのドライバーショットに影響が出て良い結果が得られなくなってしまいます。

最終的に選んだのは2ボールブレードタイプの物を利用しています。

ボールに対してフェースも合わせやすくミスヒットにも強い。

ショーパットはL字パターと比べるとかなり安定度が高くメンタル的にも優しいです。

パターを変えることでも上達効果を得られました。

自分だけの距離感を自分に合ったパターで得ることにより、スコアが劇的にアップするかもしれません。

是非、実践で使えるような自分だけの絶対距離感をお試しください。

関連記事

ゴルフ上達に必須!パターの打ち方の基本を知ろう

  • 2015.12.15

ゴルフを始めると、ドライバーでボールを遠くに飛ばすことに快感…