GOLFES

見つかる、楽しむ、あなたのゴルフライフ。

あなたのゴルフティーの高さは?オススメティーのご紹介

Licensed by gettyimages R

ラウンドするにはさまざまなアイテムが必要となります。
そんな中でもボールを乗せるティーはゴルフアイテム必需品、ティーについていろいろとご紹介していきたいと思います。

先ずは、いろいろな種類のティーをご紹介いたします。

色々なティーのご紹介

スリム美人

このティーは長いこと使用していました。何といっても弾力性が素晴らしいです。それは指で簡単に曲げられるほどです。

弾力性に優れているため打ちやすく、そして何よりも無くならない確率が高いことが素晴らしい特徴です。しかし、たまに折れたりしますのでご注意下さい。

エアロスパークティー

こちらのタイプは一言でいうならば、とにかく種類が豊富です。ティーの長さが異なる種類が、かなり多く用意されています。

高さにこだわるゴルファーの方は、いつも同じ高さにボールを設定することが容易なので信用のおけるティーのひとつになるのではないでしょうか?

ナナメッティ

かなり昔の話ですが、良く飛ぶということで、某男子プロが斜めにティーを挿してプレーしていたそうです。こちらのタイプは初めからティーが斜めになっており、自ずと斜めにティーを挿すことが出来る商品です。

垂直のティーと違い少し斜めに挿す意識がないと、上手くボールを乗せられないことがあるので、慣れるまで挿す練習が必要になるかもしれません。そして、正直少々お値段が高いのが気になるところです。

タコティー

こちらのタイプは私が今でも使用している商品です。しかしながら、冬限定になります。ティーグランドにティーがささらない真冬は、ティーグランドにあるティー用の穴開け器具で一度ティーの穴を作ってからティーアップする手順になるかと思いますが、このティーさえあれば、そんな面倒な作業は全く不要です。

地面に置くだけの簡単セットアップとなります。こちらの商品は弾力性がありますし、少々大きなティーとなるため、紛失しにくい商品かと思います。冬場は超おススメ!です。

ウッドティー

こちらのタイプですが、私は結局、回り回ってこの商品をずっと愛用しています。リーズナブルで木彫なので安心感があり、打感も良い商品です。

しかし、折れやすいのが玉に瑕、紛失しても土に帰るので安心なウッドティーです。

自分にあったティーと高さの設定とは?

女性ゴルファーは、夜の時間地面にゴルフボールとティーを配置します。  ライフ スタイルのコンセプト。

Licensed by gettyimages R

基本的にはティーの高さを高めに設定すると、捕まりやすいフック球になりやすく、低めにすれば、スライス球になりやすいと言われています。私は8番アイアンから下の番手において、そもそもティーアップをせず、地面へボールを直接置くケースが多いです。なぜならば、ティーアップしてしまうと横から払いたくなるイメージが出るからです。

横から払い打ちをショートアイアンで行うと、私の場合はヒッカケ球が良く出ます。また、ショートアイアンでアッパー軌道に打ってしまうと距離感が出なくなる上に、飛距離もバラバラになるからです。そもそもラウンド時に、セカンドショットはフェアウェイもしくはラフにボールがあると思いますが、そのまま打ちますよね。

私の場合、練習場でもティーアップしてアイアンショットを打つ練習がほとんど経験がありません。よって、そのままティーアップせずに打った方が平均して上手くいくのです。ドライバーショットなどのティーの高さは、かなり適当です。私はソールを浮かして構えるので、気にならないのが正直なところです。

ドライバーヘッドをソールして構える方は、ボールの頭がヘッドの高さからどれくらい出ていればOKと目で判断すると目安を持つと良いかもしれません。もっとシビアに高さ調整をしたい方は、マジックなどでティーに目印をつけておき挿す領域を一定にすると良いかもしれません。

正しい、ティーの高さってあるの?

Mixed race woman preparing to swing golf club on golf course

Licensed by gettyimages R

ドライバーショット時は、ティーの高さを少し高めにした方がゴルフ初心者の方はスイングしやすいと思います。アッパー軌道になりやすく、球も上がりやすくなると思います。PAR3のアイアンショットで初心者ゴルファーに多いのは、ティーアップをかなり高くセットされる方を良く見かけることがありますが、これはやめた方が良いと思います。

すくい打ちの冗長やフェースがボールの下をくぐってしまい、予定距離を大幅に短くしてしまうミスショットを誘発させることがあり、メリットがないように思われます。そもそも高めのティーアップが打ちやすいという事であれば、既にすくい打ちになっている可能性があります。覚えがある方は、レッスンなどでチェックしてもらいましょう!。

 

まとめ

Golfer Holding a Golf Ball and a Tee.

Licensed by gettyimages R

ティーの高さも大事ですが、他にもボール位置やクラブフェースのどこにセットするのかなどチェックや確認項目は多数あります。それと合わせて、自分に合ったティーの高さ調整を行い、自分に合ったティーを見つけられれば、スコアに直結した結果が待っているかもしれませんよ。

ゴルフ友達同士で異なるティーを購入しシェアし、ラウンド時に試し打ちすることをおススメいたします!

関連記事