GOLFES

見つかる、楽しむ、あなたのゴルフライフ。

ティーショットの精度を数字で見ると、2m離れた場所から直径30cmのゴミ箱に見事インさせるのと一緒!?

ティーグラウンドからはわずか10度以内

ゴルフコースのフェアウェイの幅は20ヤードから30ヤードです。一般的なアマゴルファーが200ヤード飛ばすとすると幅30ヤード内に留めるには、まっすぐ飛んだとしてティーグラウンドから見て、左右に8.53度以内の角度に落とさなければなりません。

この8.53度という数字、あまりピンと来ませんが、よくある定規の直角三角形の直角以外の角度が60度と30度。つまり細い方の3分の1の角度と実に狭い方向をキープしないとフェアウェイに留まらないのです。さらに、体感的に考えると、2m離れた直径30cmのゴミ箱に丸めたティッシュを見事インさせるのと同じなのです。

ちょっと試してみてください。けっこう難しいですよね。もっとも、ゴミ箱に投げ入れる練習をしても、ゴルフでフェアウェイをキープできることにはなりません。まあ、ティーグラウンドに立った時、「俺は30cmのゴミ箱に投げ入れるのが得意なんだ」と精神的な自信にはなるかもしれませんが。

ゴルフ選手

Licensed by gettyimages R

これが松山英樹選手レベルになると、300ヤードショットが30ヤード幅のフェアウェイをとらえるのは、たった5.7度とさらに厳しくなります。松山選手の場合、30cmのゴミ箱には3m離れてインさせなければなりません。

野球のホームランの精度は?

野球場の場合、ホームランとなるのはセンターバックスクリーン方向は120m(133ヤード)、両翼100m(111ヤード)以上となります。ゴルフで言えば、8番、9番アイアンで届く距離。ただし、レフトからライトまでと角度は広く90度。ゴルフだったら、両隣のホールかOBの方角でも、野球は距離が出ればホームランです。

かつて、阪神タイガースで3連続バックスクリーンへのホームランという、今でもファンに語り継がれるドラマがありました。バックスクリーンはだいたい幅20m。ゴルフなら残り133ヤード(120m)でグリーンに乗せるイメージです。この場合、角度は9.46度。ティーショットからフェアウェイを狙う角度の方が難しくなっています。

Japan, Tokyo, professional baseball game in Tokyo Dome

Licensed by gettyimages R

サッカーに驚異的な記録が

サッカーの場合、シュートを打つ地点でゴールを狙う精度が変わってきます。

サッカーのゴール幅は7.32m(8ヤード)、高さは2.44m(8フィート)と決まっています。これをペナルティエリア正面からシュートを打つと、距離は16.5mとなり、狙う角度は23.86度とゴルフ、野球に比べて広くなります。

もっとも、サッカーは相手ゴールキーパーがいるので、どちらか両脇を狙わなければならず角度は狭くなります。センターラインから50mのシュートを放つとすると、その角度は8.3度。これも、なぜか200ヤードのドライバーショットをフェアウェイに落とす角度に近い数字が出ました。

サッカーには驚異的な数字もあります。ギネスブックによる世界最長ゴールは91.9m。2013年11月3日、イングランド・プレミアリーグのサウサンプトン戦でストークシティのゴールキーパー、アスミル・べゴヴィッチが試合開始12秒、ゴールキックを蹴るとボールは高く舞い上がり、相手ゴールへ消えました。この91.9m先から7.32m幅のゴールを目指すには、わずか4.54度の精度が必要でした。

football soccer

Licensed by gettyimages R

精度が高いゴルフのプレー

我々アマチュアでも200ヤードのティーショットをフェアウェイに落とすのは、野球のセンターバックスクリーンへのホームラン、サッカーでセンターラインからゴールをゲットするのと、難易度ではあまり変わりません。となると、我々のゴルフもなかなかのレベルと思いませんか。

次にティーグラウンドに立ったら、目指すのはバックスクリーンへのホームラン、キックオフ直後にいきなりゴールに叩き込む、とイメージするとテンションが上がりますよ。

関連記事