GOLFES

見つかる、楽しむ、あなたのゴルフライフ。

【おすすめゴルフ旅】 ポピーヒルズゴルフコース(ペブルビーチリゾート)

Licensed by gettyimages R

ペブルビーチゴルフリンクスだけじゃない!隣のゴルフ場もすごいんです!

画像提供:ポピーヒルズゴルフコース

先日のおすすめゴルフ旅でご紹介した「ペブルビーチ・ゴルフリンクス」より少し内陸部に位置するのが、今回ご紹介する「ポピーヒルズゴルフコース」です。ペブルビーチリゾート内にあるので、こちらへ行くときも、リゾートゲートでティータイムのチェックがありますよ。

2018年の全米ガールズジュニア選手権の開催コースにもなっているこのゴルフ場は、全米ゴルフ協会傘下の北カリフォルニアゴルフ協会(NCGA)が管理・運営しています。

コースのクオリティーは日本の名門ゴルフクラブと比べても遜色ありません。米ゴルフダイジェスト社の2017ー2018全米パブリックゴルフ場ランキングでは、62位にランキングされる程の素晴らしいコースです。

日本でも有名な、ロバート・トレント・ジョーンズジュニアの設計で1986年に開場した比較的新しいゴルフ場ですが、AT&Tペブルビーチナショナルプロアマにも使われるほど、難易度も高くなっています。

もちろん、ここにも名門ゴルフクラブの証「ロレックスの時計」が設置されていますよ。

 

ロレックスの時計の脇には、パッティンググリーン、その奥には芝から直接打てる広いゴルフレンジがあり、スタート前の練習環境は整っています。

500ドル近いプレーフィーのペブルビーチゴルフリンクスと比較すると、格安に感じるお値段(それでも高いんですが…)が魅力です。
※2018年3月現在:$250+カートフィー

1番ホール:ティーショット

 

海岸より内側にあるため、各ホールが松林でセパレートされ、コースの雰囲気は日本のゴルフ場に似ています。

画像提供:ポピーヒルズゴルフコース

1番ホールを上空から見るとこんなレイアウトになっています。

広いからと安心していると、突然こんな風にバンカーだらけのホールが出現したり、

画像提供:ポピーヒルズゴルフコース

谷越えで奥はすぐOB、グリーンは手前に傾斜と泣きたくなるようなショートホールも。

画像提供:ポピーヒルズゴルフコース

コースの難易度を体でも視覚でも堪能できるコースです。

クラブに併設するレストラン「Porter’s in the Forest」は地域でも美味しいと評判のお店。ラウンド後は、「ウッドデッキから18番ホールを眺めながら、ビール片手にカラマリやチキンウィングをいただく」といったザ・アメリカンなゴルフライフを楽しむことをオススメします。

車で5分ほど行けば、ペブルビーチマーケットがあるのでペブルビーチ関連のお土産を買うことも出来ますよ。

ペブルビーチゴルフリンクスと違い、ポピーヒルズゴルフコースの予約はウェブサイトからいつでも出来ます。3か月先までの予約ができるので、今度の旅行はこのコースでラウンドしてみませんか?

番外編:ちょっと寄り道

時間に余裕がある旅でしたら、俳優のクリント・イーストウッドが昔市長をしていた「カーメル・バイ・ザ・シー(通称:カーメル)」という小さな街に滞在するのはいかがでしょうか。

セレブ感満載のペブルビーチリゾートの隣に位置するカーメルは、こんな可愛らしいダウンタウンがあります。

Carmel

Licensed by gettyimages R

古くから芸術家が集まる町と言われるだけあって、落ち着いた雰囲気の小ぶりなリゾート地です。ダウンタウンは端から端まで1時間もあれば歩けてしまう程。素敵なカフェで通りを歩く人を眺めながらのんびり過ごすのもいいですね。

街の郊外には、1970年代後半に建てられた「カーメル・ミッション」という教会があります。

The Carmel Mission Basilica, the mission of San Carlos Borromeo, founded in 1770 by Junirero Serra, Carmel-by-the-Sea, California, United States of America, North America

Licensed by gettyimages R

教会内では、布教のため入植したスペイン人宣教師の当時の生活を知ることができます。手入れの行き届いた石畳の中庭は、まるでヨーロッパの教会のようです。

ダウンタウンから海辺に向かうと、白い砂浜のカーメル・ベイがあります。「太平洋に沈む夕陽」は、素敵な旅の思い出になりますよ。

 

関連記事