GOLFES

見つかる、楽しむ、あなたのゴルフライフ。

【初心者】打ちっぱなしでの練習の成果が格段にアップ!意外に楽しい「妄想ラウンド」

Licensed by gettyimages R

こんにちは。たびたびテレビ番組の効果音に使われるエヴァのBGMを聞くと、初期のTVシリーズを回顧してセリフを口走ってしまい、旦那からの冷ややかな視線で我に帰るヲタ…いや主婦ゴルファーのRIHOです。

さて、みなさんは打ちっぱなしに練習に行ったりすると、どのくらいの球数を打っていますか?

私、例によって時間も1球あたりの単価も、独身貴族ゴルファー時代にはあまり気に留めていませんでした。
さしたる目的もないまま 心ゆくまで、または体力の続く限り打つのが普通でありました。
平均すると150球くらいを1時間半くらいかけて打っていた気がします。

でも近頃は、もうすぐ2歳になる子供が危険なところにフラフラ出て行かないように旦那と交互に順番で打つことを余儀なくされていて、昔のように長時間でたくさんの球数を打つことは必然的になくなってきました。
子供の機嫌がイマイチだったりすると、打席に着いても落ち着いて練習なんかできるはずもなく数球打って諦めて帰ることもあったり。。

そう。打ちっぱなしにおける1球の価値が、私にとってすごく変わった気がして、、。
そして、どうせ納得するまで打てないのならば、なにか別の意義なり楽しみ方を見出せないものかと思ったのであります。

そこで考えたのがこちらです。

脳内シミュレーションゴルフ

よくよく考えてみなくても、ドライバーを20球たて続けて打つとか、短めのアイアンを10球続けて打つとか、実際のコースではまず起こり得ない状況な訳です。
ならばコースを妄想して、ドライバーショットからアイアンショットを経てグリーンへだどりつくまでの妄想シナリオを作成。1球ごとにクラブを変えて打ってみる、少ない球数と時間で楽しめる練習法にシフトすることにしました。
なにかで見かけたような既存の練習法だとは思うのですが、これが意外とためになり、お得感もあります。

どちらかというと妄想力には自信があるほう、かつネガティブ思考なので、
グリーンへだどりつくまでの妄想シナリオは過酷な事が多くほんの3妄想ホールを消化しただけでもけっこうな成果と疲れを伴います。
マスターズでサンデーバックナインに潜む魔物と格闘したりすると勝負どころで信じられないミスを連発して、ほぼ手中に収めていたグリーンジャケットを逃すことも。(妄想)

コースレイアウトを持っていると更に妄想力アップ

実は私、こんなものを持っているのです。

コースガイド

実際のコースのレイアウトです。
これを見ながら、1番ホールから回っていきます。

最初のティーショット。
ボールの後ろに立ち、落としどころを定めます。
あら不思議。練習場なのに一丁前に緊張してきました。
打ちます!

あーーーーー!!ドスライスーーーーー!!!
ファァーーーー!!!

早速やってしまいました。OBか?あ、ぎりぎりセーフだな。。(←ちょっと甘くなる)
右の林に入ってしまった。これは横に出すだけだな。
2打目は7番アイアンを選択。ライも悪いので、スタンスを広げて下半身を安定させて、上半身で打つ!

よし!うまく出たぞ。

さて、いきなりトラブルに見舞われましたが、パーを拾うには3打目をピン側へ運ばなければ・・。

ピンチです。
そんな時は、打つ前に空を眺めます。

雲が・・・。

ある人物の形に見えてきました。

あれは宇賀神さん!!!

応援してくれているのだ。空から見守ってくれている!!!

「宇賀神さんの雲に打ちます。」

私はいつのまにか風の大地の沖田くんになっていたようです。

そして見事3打目はピン側につけることができました!!

ブツブツづぶやきながら打っていると、気がつけば、旦那と子供からの冷ややかな視線がそこにあるのでした…。

練習風景

このように、ちょっと周りから変な目で見られてしまうかもしれませんが・・・。
妄想ラウンド
これは、なかなか楽しいです!
友人と交互に打ってスコアを付け合って勝負してみるのも良いかもしれません。
ぜひお試しあれ。

 

関連記事