GOLFES

見つかる、楽しむ、あなたのゴルフライフ。

ドレスコードはどのタイミングまで守るもの?

Licensed by gettyimages R

日常の生活で「ドレスコード」が設定される機会は少ないと思います。普段から「ドレス」という単語さえ使うことがないのに、なんだか「コード」が付くとさらにハードルが高いような気になります。

ジャケット着用と言われたけど

ゴルフ場にとってドレスコードはとても大切な決まり事です。

メンバーを募集するときから「ジャケットを着用していなければ入場できない」と決まっていて、ジャケットを着るくらいマナーに厳しいところならと集まったメンバーには、もちろん高級なシキタリなど苦にしていません。
そこに「お客様」となるビジターがお約束のジャケットを着ていなければ不愉快になる人だっているでしょう。

―― ゴルフ用語の解説 ――

「メンバー」とはプレイをする権利を持っている会員のことで、とても安い会員価格で利用でき、誰もがやりたい土・日に予約することができます。そしてよく使われる「クラブ」は、その会員のための親睦会のことです。また「ビジター」とは会員が同伴したり紹介した利用客のことです。

――――――――――

高いお金を出して買った会員権には、プレイ権だけじゃなくステイタスも付随しているのですから、紹介してくれた会員に迷惑をかけないようにしなくてはいけません。なかにはお金を払っているんだから「お客様なんだ」って思っている人がいますが、これって大間違い! です。

ゴルフ場の建物が「クラブハウス」って呼ばれているのは「自分たちの物」ってことで、そこに招待したゲストが事前に伝えていたルールを破ってシャツ姿でやってきたら、「上着を着てねって言っといたのに!」って注意するのは当たり前のことなのです。

ジャケット着用には例外があり、例外のまた例外もある

実はこのジャケット着用には例外があります。

一般的にはジャケット着用は女性に適用されません。かわりに「場」にあった服装が求められるわけです。
最近では女性もジャケットを着る時代になっていますが、もともとジャケットは男性の服装ですから、女性が着るっていうのもある意味ルール違反なところがあります。

そう考えると、ちょっと気になるのはニューハーフの場合です。正確には必ずどちらかの性別に分類されてはいますが、例えばタレントの「はるな愛ちゃん」がゴルフに来て、本名で受付したとすると男性用のロッカーを利用することになります。でもそのままお風呂に入ってきたら大騒ぎになるでしょうし、トイレで横に立たれても困っちゃいますね。

もちろん逆の場合だってあります。

いくら綺麗な女性の姿でもニューハーフが女風呂に入ってきたら、こちらのほうがもっと大騒ぎになるでしょう。有名人に会えたことで喜ぶ人よりも、元?男性がお風呂に入ってきたことでどんなリアクションを取るのか、それも興味はありますが……面倒なことになることは必至だと思います。

他人を不快にしないタイミングってどんな時?

ドレスコードに慣れていない日本人にとっては、ジャケットをいつ脱いでいいのかタイミングの分らないときがあります。これって他人が服を脱いでも不快と感じないと思える時がそのタイミングなのですが……。

レストランで食事をとっていると、汗が滴り落ちても我慢していてジャケットを着ている人を見かけますが、我慢大会じゃないんだから暑ければ「失礼します」と言って脱いでもOKです。

それなのにジャケット着たままパタパタ扇子で仰いでいる人や、なかにはシャツのボタンをはずしてオシボリで汗を拭いている人までいます。お風呂じゃないんだから、さすがに食事をするところで顔や身体を拭いちゃNGです。

上着の着用はエチケット、脱ぐときに同席者に「脱いでもいいですか」と聞くのはマナー、汗が噴き出してもジャケットを着続けるのはエチケットもマナーも知らないってことなのかもしれません。
着ていることで他人を不快にしないように気を付けるのも、ジャケット着用のマナーなのです。

 

関連記事

ゴルフの靴下のマナーとは?選び方やおすすめを紹介!

  • 2017.12.06

幅広い世代から愛されているゴルフが他のスポーツと少し異なるの…

ゴルフのラウンドで帽子代わりに虚無僧の深編笠はOK?真剣に考…

  • 2014.12.08

マナーとエチケットに厳しいゴルフですが、どこまでが良くてどこ…