GOLFES

見つかる、楽しむ、あなたのゴルフライフ。

もう悩む必要なし!意外と簡単、ゴルフの打ちっ放しの服装

ゴルフ初心者の皆さん、打ちっ放しに行ったことはありますか?
まだの方は、どんな服を着ていけばいいのか、ちょっと悩んでいませんか?

ゴルフはドレスコードのあるスポーツとして知られています。ゴルフ場に行くには、襟付きシャツ・ジーンズ禁止などの服装マナーを守る必要があります。
では、ゴルフ練習場、つまり打ちっ放しはどうなのでしょうか。

今回は打ちっ放しに行きたいけれど周りに訊ける人がいなくて困っている方向けに、おすすめの服装や必要なもの、あると便利なものをいくつかご紹介します。

打ちっ放しでの服装

男性のゴルフ練習場での練習をして夜の背面図

Licensed by gettyimages R

結論から述べると、打ちっ放しで服装を気にする必要はありません。
ジャージでもジーンズでも短パンTシャツでもOKです。

強いていうのであれば、「動きやすい服装」でしょうか。

とはいえ、仕事帰りにズボンはスーツ姿のまま、上着だけ脱いで楽しんでいる方も多くいらっしゃるので、本当に深く考えなくても大丈夫ですよ。

会社帰りに寄るときはスーツのまま練習しても良いですし、入場してから更衣室でスポーツウェアに着替えるという方法でも良いでしょう。休日は「吸水性や吸湿性が高い」「体の動きを制限しない」など、スポーツするのに適した動きやすい楽な服装で行くことをおすすめします。

靴は踏ん張れるかがポイント

サンダル・ヒール・革靴は危険なので避けましょう。
練習場によってはゴルフシューズをレンタルしているところもあるので、仕事帰りで革靴やヒールしかないときは、受付で借りると良いですね。

ゴルフシューズじゃないと打ちっ放しで練習できないのか?というと、そんなことはありません。

ソフトスパイクやスパイクレスのゴルフシューズを履く人もいますが、一般的なジョギングシューズやスニーカーで練習している人もいます。

しっかりと踏ん張ってスイングできる靴なら、ゴルフシューズ以外でも大丈夫ですよ。

女性が避けたい服装

女性の場合は、下記2つも避けましょう。

1.胸元が開いた服・短いスカート

2.ロングスカート・フレアスカート

練習中は、前かがみになったりしゃがんだりすることが頻繁にあります。胸元が開いた服や、短すぎるスカートは避けましょう。
また、ロングスカートやフレアスカートは、スイングしづらいので練習に集中できません。思わぬケガを避けるためにも、パンツスタイルがおすすめです。

打ちっ放しに必須の3つのアイテムって?

Night-time driving practice at Takapuna Golf course.

Licensed by gettyimages R

服装が決まったら、持っていくものをチェックしましょう。

打ちっ放しに絶対必要なものは、「グローブ」「クラブ」「シューズ」の3つです。

レンタルの有無・料金は練習場によって異なるため、持っていない人は事前に練習場の公式サイトなどで確認しておくことをおすすめします。

グローブは購入がおすすめ

ゴルフ必須アイテムのグローブ、練習場によっては貸し出してくれますが、これは買ってしまうことをおすすめします。ゴルフをするなら絶対に必要なものなので、「買ったけど使わない」なんてことにはなりません!

素手でゴルフクラブを握ると、滑ってしまって思うようにスイングできません。

そのため、ゴルフにグローブは必需品です。とくに初心者の方は、握るときに無駄な力が入ることが多く、マメができやすい傾向にあります。自分の手によく馴染み、クラブを持ちやすいグローブを選ぶようにしてください。男性は利き手と逆の手に一枚、握力に自信がない女性は両手に着けるのがごく一般的なスタイルです。

1000円前後で購入できる上に、移動時もかさばらないので、グローブはレンタルより持参することをおすすめします。他人が使ったグローブを手にはめるより、自分のお気に入りを使った方が気持ちいいですしね。

クラブはレンタルがおすすめ

ゴルフクラブは初心者の方なら「持っていない」という場合も多いですよね。
クラブは大抵の練習場でレンタルできるので、こちらは借りてしまいましょう。料金は練習場によって異なりますが、一本あたり200~500円程度です。無料貸し出しを行っている練習場もあるので場合によってはタダでレンタルできる場合もあります。

初心者の場合、「自分に合ったクラブを選ぶ」こと自体が難しいですよね。また、クラブは高価なものが多いので、いきなり購入というのはかなりハードルが高いです。
そんな方はいきなりマイクラブを購入するのではなく、レンタルクラブで練習しながら、自分に合ったクラブを探してみる、という方法を試してみてはいかがでしょうか。

シューズもレンタル可

クラブほどではありませんが、意外とかさばるのがゴルフシューズ。
「仕事帰りでヒールや革靴を履いている」「スニーカーで来たけどゴルフシューズで練習したい」と思ったときは、レンタルシューズを使うと良いでしょう。
もちろん、履いてきたスニーカーのまま練習しても大丈夫です。

シューズのレンタルは、100~300円程度をみておけば何とかなります。

慣れてきたらロッカーレンタルを活用しよう

打ちっ放しにも慣れてきて、クラブもシューズも自前のものを使うようになったら、ロッカーレンタルも利用できることを頭に入れておきましょう。

練習場によっては、ロッカーが年間契約などで借りられることがあります。ロッカーが借りられれば、練習用の荷物はすべて預けて手ぶらで行く、なんて使い方もできるようになりますよ。

まずは、マイグローブ持参・それ以外はレンタルの状態から始めて、慣れてきたら少しずつ自分のアイテムを増やしていくとよいでしょう。

打ちっ放しに行くときに、あると便利なアイテム

ここからは、必須ではないもののあったら便利なアイテムを紹介します。

屋根があるとはいえ、打ちっ放しは基本的に屋外なので、気候の影響をダイレクトに受けます。気候が厳しい夏や冬なら、こんなものが役に立ちます。

【夏】サングラス・バイザー・虫よけスプレー

夏は日差しが強いので、サングラスやサンバイザーなどがあると便利です。
また、夏場は蚊がいますので、気になる方は虫よけスプレーを持参する、肌の露出を控えるなどの対策が必須です。

【冬】着脱簡単な薄手のアウター

寒い季節とはいえ、練習していると次第に暑くなります。ガッチリ着込んで行ったら汗だく、なんて話もよく聴きます。

冬場は、ウインドブレーカーなどの軽くて着脱が簡単なアウターを持参しましょう。厚手のコートは動きにくいので、薄手のアウターが一枚あると良いでしょう。いざという時に着脱が簡単なのでとても便利です。

打ちっ放しにドレスコードはない!

European Tour Qualifying School Final Stage - Day One

Licensed by gettyimages R

ドレスコードがない打ちっ放しでは、ジャージやデニム、短パンなど、誰もが動きやすい服装で練習しています。極端な露出がなく、足元が安定した動きやすい服装なら何でも大丈夫です。ラフな服装で練習している人が多く、打ちっぱなしのためにわざわざウェアをそろえる必要もありません。コースに行ったことが無い人でも練習場だけの利用であれば、コストも数千円で済み、手軽に始められます。

また、クラブやシューズ、グローブなどのゴルフ用品を持っていなくても、練習場でレンタルしたり購入したりすれば、すぐにゴルフは始められます。もしこれからゴルフを始めたいというのであれば、まずは練習場に行ってみてはいかがでしょうか。誰でも簡単にすぐに始められますよ。

興味がわいたときが始めるチャンスです。
ゴルフを始めたいと思っている方は、あまり難しく考えずに、ラフな服装に着替えて手ぶらで近場の練習場に遊びに行ってみたらいかがですか?

 

関連記事

ドレスコードはどのタイミングまで守るもの?

  • 2014.10.02

日常の生活で「ドレスコード」が設定される機会は少ないと思いま…

ゴルフの靴下のマナーとは?選び方やおすすめを紹介!

  • 2017.12.06

幅広い世代から愛されているゴルフが他のスポーツと少し異なるの…

トーナメント観戦に行こう!~準備と心構え~

  • 2014.11.09

前回はトーナメント観戦するべき理由についてお話ししました。今…

冬のメンズゴルフウェア選び、決め手はコレ!選び方の3ポイント

  • 2017.12.17

冬の晴れた日にゴルフコースを回るのは、澄んだ空気が爽やかで清…

パッティンググリーンでのプレーとマナー

  • 2018.03.24

ホールの最終地点であるパッティンググリーン。ここでのプレーが…