GOLFES

見つかる、楽しむ、あなたのゴルフライフ。

ゴルフでハーフパンツ(短パン)はOK?マナーとオススメ商品を紹介!

Licensed by gettyimages R

近年、若い選手の活躍もあり、ゴルフはファッションも楽しめるスポーツとして認知されるようになってきました。

以前は、男性のゴルフスタイルといえば「スラックスやチノなどの長いパンツにポロシャツ」が定番でした。しかし近年は、少しラフな格好でプレイする人も増えてきています。とくに夏場は、足元の涼しいハーフパンツでプレーできたら嬉しいですよね。

ただし、皆さんご存知のとおり、ゴルフは服装マナーにも気を配る必要があるスポーツです。周囲に見苦しい印象を与え、マナー違反にならないよう注意しなければなりません。

ここでは、ゴルフコースでハーフパンツを着用する際に気を付けるべき点を説明します。

ハーフパンツ、マナー的に問題ないの?

ハーフパンツスタイルでのプレーが可能かどうかは、それぞれのゴルフ場の服装規定に準拠します。

基本的に、ハーフパンツそのものが禁止されていることはあまりありませんが、ラウンド中はハイソックスを併せて着用するよう規定しているコースがあります。
そこまで厳しくないと思っているゴルフ場でも、ハーフパンツ着用を考えている場合は、行く前に事前に電話で確認しておくようにしましょう。

ハーフパンツを選ぶ基準

ハーフパンツそのものについても、マナーに則ったものを選ぶ必要があります。

ゴルフウェアのブランドやゴルフショップで購入する

可能であれば、ゴルフウェアブランドのものをゴルフショップで購入してください。

一般のアパレルブランドの衣類は、当然ですが、ゴルフをプレーすることを前提に作られてはいません。デザインを気に入って買ったのに、いざゴルフ場に行ったらマナー違反と言われた、なんてことになりかねません。

あなたが中堅以上のゴルファーで、マナーもバッチリであれば一般のブランドで購入しても問題ないかもしれません。しかし、もし初心者であれば、ゴルフ場でのプレーを前提に作られている、ゴルフウェアブランドを購入しましょう。

ベルト付きであれば、なお確実です。

カジュアルすぎる、華美すぎるものは避ける

デザインに明確な規定はありませんが、あまり派手すぎないものにしましょう。
ハーフパンツ限った話ではありませんが、デニム生地は当然着用できません。

参考:ゴルフ場での服装の最大のタブー、ジーンズについて考えてみた

ハーフパンツというと、とりわけご年配の方からは、だらしないイメージをもたれてしまいがちですが、最近はゴルフ用にデザインされたスタイリッシュなものも増えてきました。

短すぎる丈はマナー違反になってしまいます。
また、厳しいゴルフ場であれば「膝上〇cm」と定めている場合もあります。できるだけ長めの丈を選ぶようにしたいですね。

無地だけでなく、チェックや細めのストライプなどのシンプルなデザインであれば、カジュアルすぎる印象にはなりません。逆に、大きなポケットのついたカーゴタイプなど、カジュアルすぎるデザインのものは避けましょう。

シルエットは、細身のストレッチタイプがおすすめです。ポロシャツとも合わせやすく、きちんとした印象になります。
男女でプレーするときでも、しっかりゴルフ用と分かるものなら、風紀上の問題を指摘されることもないはずです。

なお、商品写真ではくるぶしの出る短いソックスが着用されていますが、先述したとおり、ハーフパンツにはハイソックスが必須のゴルフ場もある点を忘れないでください。ハーフパンツの丈と靴下の長さに関しては、不安がある場合は事前にゴルフ場に問い合わせるようにしましょう。

ハーフパンツでのプレーを控えた方がいいシチュエーションは?

ハーフパンツでのプレー自体は、ごく一般的なものとなってきました。禁止されていないゴルフ場であれば、着用に問題はありません。
ただし、規則的に問題がいない場合でも、ハーフパンツの着用を避けたほうがよいシーンもあります。

もともと、ゴルフは紳士淑女のスポーツと呼ばれています。
一般のプレイヤーでもドレスコードが設けられているのは、それだけマナーと品格を重んじているからです。
目上の人やご年配の方とラウンドするとき、あるいは仕事上の付き合いでプレイするときなどは、やはりハーフパンツのようなカジュアルな服装は避けるべきでしょう。

また、ゴルフ場が長いズボンやハイソックスの着用を促していることには、現実的な理由もあります。
ハーフパンツを着用するのは夏場ですから、緑に囲まれたゴルフ場では、足を虫に刺されてしまう可能性があります。また、ラウンド中は、ボールが茂みに入ってしまうこともしばしばです。ボールを探している間に、虫刺されだけでなく、下草の葉っぱで足を切ってしまうことも考えられます。

これらのことから、下記3つのシチュエーションでは、ハーフパンツを避けた方がよいでしょう。

目上の方、ご年配の方とプレーするとき
仕事上の付き合いでプレーするとき
深い茂みのある、足元を保護した方がよいゴルフ場でプレーするとき

最後に

ゴルフが他のスポーツに比べて、服装について厳しいのは事実です。
しかし近年は、ハーフパンツをはじめカジュアルなスタイルでのプレイもだいぶ浸透してきました。

とはいえ、あくまでマナーと品格を保っている上でというのが大前提です。ハーフパンツに限らず、あまり崩しすぎた格好は避けるようにしましょう。
ハーフパンツを着用するときは、自分だけでなく、第三者の目から見てもマナー違反ではないよう心掛けてくださいね。

虫よけスプレーとハイソックスを忘れずに、スタイリッシュな姿で快適なプレーを楽しんでください。

 

関連記事

ゴルフのラウンドで帽子代わりに虚無僧の深編笠はOK?真剣に考…

  • 2014.12.08

マナーとエチケットに厳しいゴルフですが、どこまでが良くてどこ…

マナーは足元から!ゴルフのプレイ時における靴下の注意点・マナ…

  • 2018.01.17

紳士淑女のスポーツであるゴルフには、皆さんご存知のとおり、服…