華やかな女子プロの世界。一般の女性とさほど変わらない体格にもかかわらず、キレのあるドライバーショットや、正確なアイアンショットは、男性ファンはもちろんのこと、ゴルフをする女性の憧れの存在です。

そして、そんな女子プロの魅力をさらに引き立てるのが色鮮やかなゴルフウェアです。

最新のゴルフウェアを着用した女子プロのファッションは、格好良くておしゃれ。テレビ観戦をしていて「今度ゴルフへ行く時に真似してみよう!」と思う女性ゴルファーもいらっしゃるのではないでしょうか?

でも、ちょっと待ってください。そんな女子プロの服装で「えぇ!こんなウェアも着ていいの?」と感じることはありませんか?

例えばいわゆるTシャツの襟なしトップスや、露出の多いマイクロミニ丈のショートパンツスタイルなどなど。2012年頃から特にこのようなスタイルの女子プロを多く見かけるようになりました。

スポーティーでキュートではありますが、ゴルフウェアには見えないようなデザインのものもたくさんあります。あれって、ゴルフ場のクラブハウス内にあちこちに提示してある「ゴルフ場のドレスコード」に思いっきり違反していますよね。

アマチュアの模範となるべきプロゴルファーが、いったいどういうことなのでしょうか?実はこれにはプロならではの事情が絡み合っているのです。

そこで今回は、女子プロのゴルフウェア事情と、必ずしもイコールではない女性アマチュアゴルファーの基本的な服装マナーを取り上げてみたいと思います。

憧れの女子プロと全く同じファッションが、あなたのプレーするゴルフ場では服装のマナー違反になることもありますので、ご注意ください。

女子プロの服装規定

Suntory Ladies Open - Day 1

Licensed by gettyimages R

日本女子プロゴルフ協会(LPGA)では、トーナメントを企画・運営するにあたり、トーナメント規定というものを定めています。これは様々なトーナメントに関する決まりが記されたものですが、その中に「選手の心得」という項目があり、ゴルフウェアに関しても記述があります。

そこでTシャツは「ファッション性があり、ゴルフメーカーがゴルフウェアとして販売しているものは可」とあります。つまりTシャツはOKとなっているのです。

また、プレー中に限らずトーナメント会場内としての服装にも言及しており、「迷彩柄やカーゴタイプのパンツは禁止(レインウェア含む)」としています。さらにミュール・サンダルも禁止、スニーカーはトーナメント会場規定により可・不可とするなどのルールを設けています。

このように女子プロたちは、通常、私達がプレーするゴルフ場の服装マナーとは別に、LPGAが定めた規定内でウェアを着用しているのです。

プロは契約メーカーのゴルフウェアを着用しますので、広告塔としての役割を果たさなくてはなりません。また、メーカー側もより魅力的で斬新なファッションを次々と提供しなければなりませんので、その中にはゴルフ場の一般的なドレスコードに当てはまらないようなデザインも存在します。

そこでゴルフのトーナメントをより魅力的に演出するために、デザイン的に女性らしさを損なわないTシャツにはOKを出して、大目にみているのです。また、スポンサーに対する配慮も含まれているかもしれません。

ここで気を付けなくてはいけないのは、あくまでもプロはプロの規定に則って仕事で着ているということです。

「プロが着ているんだから、Tシャツでもいいよね。」と思っていると、練習場やカジュアルなリゾートコースではともかくとして、あなたが普段プレーするコースでは「NO」を突きつけられる可能性が高いです。

同伴者に迷惑をかけないためにも、着用は控えるか、どうしても着たい場合は、ゴルフ場にドレスコードを確認することをおすすめします。

暑い夏でも露出は控えめが上品。夏のおすすめゴルフコーディネート

Munsingwear Ladies Tokai Classic 2015 - Day 3

Licensed by gettyimages R

梅雨が明けると汗ばむような季節がやってきます。長期予報では今年の夏は例年以上の暑さとなるそうですので、ゴルフをする際にも今まで以上の暑さ対策が必須となるでしょう。

暑さをしのぐために、ついつい風通しの良いラフな服装になりがちですが、あくまでもゴルフ場という空間にいることを意識したコーディネートを心がけることが大切です。堅苦しいと思われるかもしれませんが、大人の女性であればその場に相応しい服装を心がけるのは当然のマナーです。

しかしそうはいっても、せっかくのゴルフラウンドで自分の好みではないウェアを着ていたら、テンションが下がってしまいますよね。そこで、一般的なゴルフ場の服装マナーを踏まえつつも、夏におすすめのゴルフコーディネートをご紹介したいと思います。

ポイントは、「メリハリのある露出」です。

露出はポイント使いで!カバーする部分はきちんとカバーしよう

Cambia Portland Classic - Round One

Licensed by gettyimages R

シャツの裾を出すことは男性ではほとんどのコースで好ましくないとされていますが、女性の場合はデザイン的に裾を出すスタイルであればOKのところが多く、男性に比べると比較的ファッションの選択肢は広めです。

おおむね「だらしない」格好でなければミニスカートでも、ワンピースでもショートパンツスタイルでも問題ありません。ただし、スイングの最中やグリーン上でラインを読む際などに、プレーよりも注目を集めてしまうような短い丈がダメなことは言うまでもありません。これは、はっきりと長さが決まっているわけではありませんので、ご自身で節度を持った判断をしてください。

また、前述したようにTシャツスタイルは、たとえプロが着ていても、ほとんどのゴルフ場ではNGとなっていますので、襟付きのゴルフシャツやポロシャツ、ハイネック等を着るのが鉄則です。

「これじゃあ、結局いつもと同じコーディネートになっちゃう」とお思いでしょうが、そこは使い方次第です。

例えば、いつもより少し短めのスカートに合わせるトップスは、首回りまでしっかりとガードしたハイネックタイプ。逆に胸元や肩周りが大きめに開いたシャツに合わせる際のボトムスは、ベーシックなパンツスタイルなど、隠す部分と、思い切って出す部分のメリハリをつけるのです。

Walmart NW Arkansas Championship Presented by P&G - Round One

Licensed by gettyimages R

紫外線対策で全身ばっちりガードするのもアリですが、せっかくの夏ゴルフを夏らしいファッションで楽しみたい気分もありますよね。しかしだからといって、ノースリーブのシャツに開襟襟、超ミニ丈のスカートでは、「何しに来たんだ?」と言われかねません。

そこで、「出すところは出して、隠すところは徹底的に隠す」作戦です。上半身か、下半身のどちらかがしっかりとカバーされていれば、反対のパーツが少し露出が多くなっても、上品な印象を与えてくれます。

ゴルフを楽しみつつ、季節感のあるおしゃれもアピールしたいなら、メリハリのあるコーディネートで、大人のエレガントな露出を演出しましょう。

おわりに

National Pro-Am - South

Licensed by gettyimages R

ゴルフの服装マナーというと、プレー中の服装を思い浮かべがちですが、実はそれよりも気を付けてほしいのはクラブハウスでの服装です。

男性はジャケット着用と、それにふさわしい身なりでというマナーがありますが、女性には男性ほど明確なクラブハウスでの服装マナーがありません。また、女性への服装の指摘は大変気を使いますので、ゴルフ場としても注意をするのをためらうことも多くあるのです。

しかし、ラウンド終了後に着替えてロッカーから出てきた服装が、Tシャツにダメージジーンズ、そして靴はスポーツサンダルでは、せっかくのゴルフ場の雰囲気が台無しです。ゴルフは行き帰りの服装にこそゴルファーの品位が問われますので、当日のゴルウェアと同じように、クラブハウスでの服装もきちんと準備しておきましょう。

特に女性の方は「誰も注意しないから」といって油断していると、自分の好きなファッションに偏りがちになります。もちろん、それが大丈夫なケースもありますが、ゴルフを始めたからには「かわいい」や「好き」だけでは済まされない服装のマナーがあることを覚えておきましょう。

プレーだけでなく、様々な気配りや配慮が求められるのがゴルフです。初心者を卒業したら、一歩上を行く服装マナーを身につけませんか?