GOLFES

見つかる、楽しむ、あなたのゴルフライフ。

「江口キャプテン、ボールをまっすぐに打ちたいです!」ゴルフェス・ブログインタビューVol.5

Licensed by gettyimages R

ジョイ
こんにちは、前回に続いて江口キャプテンに、
初めてのコースデビューについてアドバイスしてもらいま〜す。
レッスンは栃木県にあるケントスゴルフクラブで行われました。

江口キャプテン
ブログを楽しんでくれているみなさん、こんにちは。
The golfer‘s squareのキャプテン、江口寿和です。

じゃあはじめに前回のおさらいで、アプローチです。

手首の角度を正しくキープして。

こんな感じで

腕とクラブをカラダのターンにあわせて、動かす。

確度を一定に

カラダの回転は、背骨を中心にしてまわす。

動かす

ゆなちゃん
なかなかうまく打てないです。ダフリばっかりです。(涙

江口キャプテン
ゆなちゃんは、スイングに問題はないです。
なので、ボールを置く位置を右足の前あたりに移動しようか。
そうするとダフリを防げるから。

こんな感じです

るりちゃん
私は、右や左に飛んでしまって、まっすぐ打てないです。

江口キャプテン
それじゃあ、ターゲットの取り方を覚えよう。
いちばんシビアにわかる、グリーンに移動してください。

~グリーンに移動~

江口キャプテン
みんなまっすぐアドレスしてボールを打っているように思っているけれど、
実は正しくアドレスできていない場合が実に多い。
目で見えるまっすぐなラインに、
肩と脚をまっすぐにあわせないと、打ち出し方向が左右にぶれてしまいます。
これはドライバーでも、アイアンショットでも、アプローチでも、パターでもみんな一緒。
まずはターゲットに対してカラダをまっすぐかどうか確かめるために、
パターを胸の位置にあわせて確認してみよう。
こんな感じで。

グリーンに

江口キャプテン
さらにパターの場合、芝の上をボールが転がるから、
地面の微妙な起伏や傾斜、そして芝目を観察するんだ。
たとえばカップに向かって少し右に傾斜している場合、
少し左を狙って打ち出します。

あっちです

江口キャプテン
そうそう、カップの左を狙って、アドレスを整える。
そうするとカラダのラインがターゲットに対してまっすぐになる。

パターはこう

ジョイ
ゆなちゃんは、アドレスは正しいのに
ボールがまっすぐ転がっていないです、江口さん。

江口キャプテン
ゆなちゃん、アドレスは正しいですが、
手首角度が曲がってますよ。
グリップをしっかりとキープして、
手首だけで打たないようにしましょう。

まっすぐにしよう

江口キャプテン
それと、このグリーンだけど、
ゴルファーにとってとても神聖な場所なんだ。
グリーンキーパーというコースや芝を管理する専門家がいて、
ゲームを面白くするために芝を刈ってボールを早く転がるようにしたり、
あるいはカップに入りにくくなるように芝の芽を考えて植えたりしているんだ。
もちろん毎日ゴルフが楽しめるよう、丁寧に管理している。
夜が明ける前から作業している場合もあるくらい。

ここがグリーン

江口キャプテン
そんなグリーンだから、大切にしなければならないし、
ゴルファーが守るべきいくつかのエチケットがある。
たとえばグリーンの上を走っちゃいけないけれど、
それはスパイクで芝を傷付けないためで、
スパイクの跡で次のプレーヤーを不利にしないで、
同じコンディションで競技するスポーツ精神の現れなんだ。

大事です

江口キャプテン
さぁ、練習を続けようか。

こうしてこう

ジョイ
江口さんのコースレッスン、内容が濃いわ。
次回は、いよいよコースデビューです。
お楽しみに。

 

関連記事

ゴルフを始めたい女性の方の心配や不安を解決

  • 2018.01.15

女性がゴルフを始めるのに必要なことゴルファーは圧倒的に男性が…