GOLFES

見つかる、楽しむ、あなたのゴルフライフ。

マンシングウェアレディース東海クラシック【2015】の結果|女子ゴルフ 結果速報・ランキング等

Licensed by gettyimages R

第46回マンシングウェアレディース東海クラシック

2015年度LPGAツアー第27戦「マンシングウェアレディース東海クラシック」が、9月18日(金)から9月20日(日)の3日間、愛知県知多郡美浜町の新南愛知カントリークラブ 美浜コースで行われました。

【試合結果】
優勝:キム・ハヌル

スコア:通算 -12 (1R:69 2R:67 3R:68)

選手紹介:1988年12月17日生まれの26歳・韓国出身・A型。2008年、韓国ツアーで初優勝を含む3勝を獲得。11年、12年と2年連続で韓国ツアー賞金女王に輝く。昨年の日本ツアーファイナルQTで13位に入り、今季から本格参戦。イ・ボミと同い年の色白美人で、スマイルクイーンの愛称で人気を博す。韓国では1500人を超えるファンクラブ会員を有し、日本での追っかけファンも多数。

 

今大会の見所(ハイライト)

好スコアが期待される今大会、攻めのプレーで混戦必至。バーディ、イーグルの量産も期待されました。 米ツアー参戦している、横峯さくら(よこみね さくら)、宮里美香(みやざと みか)も帰国参戦し注目を集めます。 1日目、秋晴れのゴルフ日和となります。 ダイナミックなプレーで魅せてくれる松森彩夏(まつもり あやか)が、チャンスでしっかりスコアを稼いで首位発進します。 4月のフジサンケイレディスクラシック、8月のニトリレディスゴルフトーナメントに続く、今季3度目の首位発進。初優勝を目指して躍進します。

前週の日本女子プロゴルフ選手権を制して、2週連続優勝、イ・ボミとの優勝ランク争いも注目されるテレサ・ルーは、体調不良のため棄権となりました。

2日目、この日も晴天に恵まれ、風速6.4メートルと強風の影響を受けつつも、好スコアが続出して大混戦。
ともに67でこの日のベストスコアをマークした、酒井美紀(さかい みき)、キム・ハヌルが首位に立ち、1打差の通算7アンダー3位タイには、アン・ソンジュ、木戸愛(きど めぐみ)、申ジエ(シン・ジエ)が並びます。

今日の戦評皆様、やってくれましたよ?5バーディー、2ボギーの69、7アンダー。ムービングサタデー、自分を信じて攻め続けた結果は首位と1打差です。5月のサイバーエージェント以来の優勝争いで本当に本当に楽しみな週末になりました‼️今日も…

Posted by 女子プロゴルファー木戸愛を応援しよう!!cheer the『め組』 on Saturday, September 19, 2015

3日目、この日も青空広がる秋晴れと、風はありつつも前日よりは気にならない状況。
1打1打で目まぐるしく状況が変わる、大混戦の最終日となりました。

前週まで4試合連続で予選落ちだった森田理香子(もりた りかこ)は、1日目、2日目と好調を見せつつ、この日は前半4バーディを奪取。優勝争いに顔を出しますが、後半に伸ばしきれず、12位タイと沈みます。

首位タイからスタートした酒井は、攻めのゴルフを展開。 勝つためには獲らなければならない15番のバーディチャンスをきっちり決めて、他から一歩抜け出します。次の16番でバンカーからピンに寄せてバーディチャンスとしたものの、返しのパットを外す痛恨のミス。ここで2つスコアを落として、4位タイフィニッシュとなります。 横峯は15番、ティーショットをラフの深いところへ落としますが、2打目ショットの好調さで魅せて、花道を狙ってきます。ここはしっかりとバーディを獲り、首位に並びます。 しかし、17番セカンドショットはグリーンの奥まで転がってしまい、この日初めてのボギーとします。18番のバーディパットはわずかにラインを反れ、パーでフィニッシュ。

2015年 マンシングウェアレディース東海クラシック 最終日 横峯さくら惜しくも優勝はなりませんでしたが、久しぶりに日本のファンに元気な姿を見せてくれましたね。2015/09/20 中野義昌/GDOhttp://news.golfdigest.co.jp/jlpga/photo/detail/?imageId=126729

Posted by I Love Lady”s Golf on Sunday, September 20, 2015

ディフェンディングチャンピオンの申ジエは、勝つためにはバーディ必至の15番をパーセーブ。17番はバーディチャンスにつけつつも、わずかにそれてパー。ノーボギーのプレーながら、一歩及ばず2位タイでフィニッシュとなりました。

初優勝が期待された松森は、前半4バーディと勢いづき、15番でもバーディを決めて望みをつなげますが、16番の1.5メートルのバーディチャンスを逃します。これで流れを悪くして、17番でこの日初のボギー。 18番で意地を見せてバーディを決めて通算11アンダーとするものの、首位に1打及ばず。今季2度目の2位タイとなりました。 今回の結果で今季獲得賞金は2,000万円を超え、来季シード権を確定されました。 今季初参戦のキム・ハヌルが、日本ツアー初優勝を飾りました。 後半は特にショットの良さでしっかりピンにつけ、バーディチャンスをしっかり獲り、守るところは守るプレーで、通算12アンダーに。韓国女子賞金女王の強さを見せつけます。 スマイルクイーンの愛称のとおり、華のある笑顔がステキな選手で、これを機に一層ファンを増やすのでは、という印象を受けました。

年に一度のイベント、ドライビング女王コンテスト

2日目の本戦終了後に行われた、ドライビング女王コンテスト。1人2球ずつ打って、飛距離を競います。
コンテストが行われた1番ホールでは強いアゲンストとなり、飛距離に伸び悩みます。

飛ばし屋として名高い渡邉彩香(わたなべ あやか)の2打目は、263.6ヤードを記録。
2位以下に大きく差をつけ、女王に輝きました。

この日は自身22歳の誕生日。嬉しいバースデープレゼントとなりましたね。
渡邉選手、おめでとうございます!

次回の女子ツアー情報と「みどころ」―ぼびじょん子の視点

大会名称:ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープンゴルフトーナメント【2015】
日程:2015年9月25日(金)~9月27日(日)
会場:利府ゴルフ倶楽部(宮城県)/ 6,534Yards Par72(36,36)
賞金総額:¥70,000,000

次週は、宮城県宮城郡利府町の利府ゴルフ倶楽部に舞台を移して開催されます。
地元東北高校出身、歴代チャンピオンで現在米女子ツアー参戦中の宮里藍が2年ぶりに参戦。そして地元ゆかりの選手たちが、多数出場することにも注目が集まります。

丘陵コースで、敷地の外周が緑豊かな小高い丘に囲まれているため、隔絶された雰囲気の中、悠揚とした落ち着いたたたずまいが特徴的。フラットな中にアンジュレーションが盛り込まれ、ハザードが要所に配置された戦略性の高いコース。

この週末は、雨の予報もあり気温も上がらないようなので、プレーにどんな影響を与えるかも気になるところです。

関連記事