GOLFES

見つかる、楽しむ、あなたのゴルフライフ。

ダイキンオーキッドレディスゴルフトーナメント【2016】の結果|女子ゴルフ 結果速報・ランキング等

Licensed by gettyimages R

ダイキンオーキッドレディスゴルフトーナメント

2016年のLPGAツアー開幕戦「ダイキンオーキッドレディスゴルフトーナメント」が、3月3日(木)から6日(日)の4日間、沖縄県南城市の琉球ゴルフ倶楽部で行われました。

【試合結果】
優勝:テレサ・ルー
スコア:通算 -8 (1R:70 2R:70 3R:72 4R:68)

選手紹介:1987年10月13日生まれの28歳・台湾出身・A型。

11歳の時、父の影響でゴルフを始める。アマチュア時代にナショナルチームの一員として活躍し、2005年にプロ転向。

2006年から米国LPGAツアーへ参戦。2011年から日本ツアーを主戦場として本格参戦する。2014年、2015年シーズンと2年連続で賞金ランク2位。安定した実力と存在感を顕示する。

Daikin Orchid Ladies Golf Tournament - Day 4

Licensed by gettyimages R

今大会の見所(ハイライト)

いよいよ2016年シーズンが開幕しました!
今年から4日間開催となった本大会。3か月のオフで課題点を強化してきた選手たちの、華やかな激闘が見られました。

晴天に恵まれた1日目。
昨季、2位タイが2回と快進撃を見せ、今季初優勝を目標に掲げるプロ4年目の松森彩夏(まつもり あやか)が、この日唯一のノーボギー。自己ベストに並ぶ66をマーク、単独首位発進とします。

オフに課題としたアプローチ練習と、体重と筋肉量を増やす肉体改造の成果も得られ、1日目限定で設定された、ベストスコア賞の100万円を獲得します。

Daikin Orchid Ladies Golf Tournament - Day 1

Licensed by gettyimages R

2日目。午後から8m超えの強風が吹き、荒れ模様に。
首位に通算4アンダーで、松森、西山ゆかり(にしやま ゆかり)、テレサ・ルーの3人。

1打差の通算3アンダーに、昨季の大活躍から今季のさらなる飛躍が楽しみなプロ3年目、永峰咲希(ながみね さき)、昨年プロテストには失敗したものの、ファイナルQTで32位、TPD単年登録でプロとしての出場権を得た河野美桜(こうの みお)、申ジエ(シン・ジエ)の3人。

さらに1打差の7位には、表純子(おもて じゅんこ)と笠りつ子(りゅう りつこ)の2人が並び、大混戦となります。

Daikin Orchid Ladies Golf Tournament - Day 2

Licensed by gettyimages R

朝からの雨と強風に悩まされた3日目。
荒天の中、昨季の賞金女王イ・ボミは初日16位タイからじわりじわりとランクを上げ、この日通算1アンダーの7位タイ。パッティングのフィーリングに悩みを抱えながらも、イ・ボミらしいペースで最終日を迎えます。

Daikin Orchid Ladies Golf Tournament - Day 3

Licensed by gettyimages R

この日のアンダーパーは、わずかに6人。そのひとり、今季から登録名を漢字からひらがなに変更した藤田さいき(ふじた さいき)がこの日のベストスコア69をマーク、通算3アンダーで5位へ浮上。ツアー通算6勝目を狙う好位置につけます。

昨季、念願のツアー初優勝を飾った西山がアグレッシブながらも落ち着いたプレーで通算6アンダーをマーク、単独首位に立ち、早くも2勝目獲得となるか、期待が高まります。

Daikin Orchid Ladies Golf Tournament - Day 3

Licensed by gettyimages R

4日目。
昨季米国下部ツアーでプロとしてスタートし、優勝などの活躍で期待が膨らむもののレギュラーツアーの出場資格は獲得できなかった、森田遥(もりた はるか)。

今季、TPD単年登録で国内ツアーに挑戦する19歳は、この日は3バーディ、ノーボギーの69をマーク。通算1オーバーで、前日22位から7位へと大きくジャンプアップして終えました。

Daikin Orchid Ladies Golf Tournament - Day 4

Licensed by gettyimages R

トップから発進した西山は、序盤はボギーが先行。中盤もち直しますが、終盤で失速してしまいます。通算4アンダー、3位タイで終えましたが、開幕戦から優勝争いに名を連ね、勝負への意気込みが感じられました。

体力強化して今季に臨んだ松森は、最終日もスタミナを維持してオフの成果を発揮しました。最終18番はバーディを決め、この日粘りのパープレーで通算4アンダー、3位タイで終えました。
今季、初優勝もそう遠くないのではと予感させる、ナイスプレーで魅せてくれました。

2位に食い込んだ笠は、危なげなく強さを感じさせるプレーを展開、通算5アンダー。4日間を終えました。
昨季は、3年ぶりのツアー通算3勝目を獲得。その後も終始、落ち着いてプロらしいプレーで魅せて女子ツアーを盛り立ててくれ、今年の目標「1番になる」に強い信念を感じました。

Daikin Orchid Ladies Golf Tournament - Day 4

Licensed by gettyimages R

2打差を追って、昨季と同じく2位から最終日をスタートしたテレサ・ルー。
15番からの3連続バーディで後続を引き離し、この日のベストスコア68をマークして、開幕戦優勝という絶好のスタートを切ります。

大会史上初の連覇で、ツアー通算10勝目の節目を飾りました。
1打1打を正確に放ち、少しのミスは笑って一蹴してしまうメンタルの強さは、今季も健在ですね。

Daikin Orchid Ladies Golf Tournament - Day 4

Licensed by gettyimages R

次回の女子ツアー情報と「みどころ」―ぼびじょん子の視点

大会名称:ヨコハマタイヤゴルフトーナメント PRGRレディスカップ【2016】
日程:2016年3月11日(金)~3月13日(日)
会場:土佐カントリークラブ(高知県) / 6,217Yards Par72(36,36)
賞金総額:¥80,000,000

次週は、2016年度LPGAツアー第2戦「ヨコハマタイヤゴルフトーナメント PRGRレディスカップ」(賞金総額8,000万円、優勝賞金1,440万円)が開催されます。

シーサイドコース特有の強風に悩まされること必至。風の読み、ショットの精度が試されると共に、芝目が特徴の難解なグリーンをプロがいかに攻めるか、目が離せないポイントとなりそうです。

南国情緒あふれるシーサイドコースの景観は、ギャラリーの目を楽しませてくれそうですね。開幕戦を終え、気合いを入れ直した熱き闘いが見られることでしょう。

関連記事

武尾咲希が急成長!初優勝は目前か!?

  • 2017.08.03

プロ2年目にして、今季活躍が目立つ武尾咲希選手。アマチュア時…