GOLFES

見つかる、楽しむ、あなたのゴルフライフ。

ヨコハマタイヤゴルフトーナメントPRGRレディスカップ【2016】の結果|女子ゴルフ 結果速報・ランキング等

ヨコハマタイヤゴルフトーナメントPRGRレディスカップ

2016年のLPGAツアー第2戦「ヨコハマタイヤゴルフトーナメントPRGRレディスカップ」が、3月11日(金)から13日(日)の3日間、高知県香南市の土佐カントリークラブで行われました。

【試合結果】
優勝:イ・ボミ
スコア:通算 -8 (1R:69 2R:69 3R:70)

選手紹介:1988年8月21日生まれの27歳・韓国出身・A型。2008年から韓国女子ツアーに参戦、翌2009年には初優勝を含めトップ10入りが8回と頭角を現す。2010年同ツアーで3勝をマークし賞金女王に輝く。

2011年から日本女子ツアーに参戦。2015年は7勝し賞金女王に輝くと同時に、国内男女両ツアー史上最高賞金額を達成。「スマイルキャンディ」の愛称で親しまれ、かわいらしいルックスと笑顔が大人気。

Yokohama Tire PRGR Ladies Cup - Day 3

Licensed by gettyimages R

今大会の見所(ハイライト)

前週に開幕した2016年の国内女子ツアー。第2戦目の本大会は、東日本大震災から5年たった11日に開幕。第1日目のスタート前、選手、関係者、ギャラリーが、犠牲者の冥福を祈り、1分間の黙とうを捧げたのちにスタートしました。

2012年から昨季2015年まで4年連続、プレーオフで勝者が決まったこの大会。今季は果たして、LPGAツアー史上初の5年連続プレーオフとなるか。注目が集まります。

晴天に恵まれたものの、シーサイド特有の風が影響した1日目。開幕戦でよもやの予選落ちとなった選手も、原因がはっきりしていることがほとんど。本大会ではしっかりと調整して臨みます。

今季初シードを獲得した柏原明日架(かしわばら あすか)は、4位タイからのスタート。ツアー2勝目を目指す鈴木愛(すずき あい)は、2位タイの好位置につけます。

この日好調さを見せたのは、前週7位タイフィニッシュで、日本ツアー参戦2年目も存在感を見せるキム・ハヌル。8バーディ、1ボギーの65をマークして、2位に4打差をつける圧巻のプレーを展開します。

Yokohama Tyre PRGR Ladies Cup - Day 1

Licensed by gettyimages R

2日目。本大会主催のPRGRと用具契約を結ぶ原江里菜(はら えりな)は、ショットが冴えわたりこの日ノーボギーのプレーで6位タイ、ホステスプロの意地を見せます。

Yokohama Tire PRGR Ladies Cup - Day 2

Licensed by gettyimages R

前日21位タイと沈んでいた飯島茜(いいじま あかね)は15番からの3連続バーディなどチャンスを活かし、6バーディ、1ボギーで通算5アンダーとして、4位タイへ急浮上します。

昨季、賞金ランク日本人選手最上位、なんと言っても飛距離が持ち味の渡邉彩香(わたなべ あやか)は、この日のベストスコア66をマークして、前日の10位タイから単独2位へ大きく順位を上げます。

Yokohama Tire PRGR Ladies Cup - Day 2

Licensed by gettyimages R

コース特有の風は収まり気味となった3日目。

昨年プレーオフで敗れた鈴木は、前日13位タイへ沈んだもののこの日はノーボギーでスコアを6つ伸ばし、4位タイでフィニッシュ。2勝目を切望しながら、次週に向けて確実に繋がるプレーを展開しました。

Yokohama Tire PRGR Ladies Cup - Day 3

Licensed by gettyimages R

最終組の1つ前の組で回る柏原は、初優勝への強い意欲を感じさせるプレーを展開します。

17番でティーショットのミスから2打目を寄せきれず、痛恨のボギー。しかし、18番では長いバーディチャンスでしっかりとラインを読んで、見事なバーディを決めて、初優勝へ望みをつなぎます。

Yokohama Tire PRGR Ladies Cup - Day 3

Licensed by gettyimages R

この時点で首位を走っていたキム・ハヌルは17番でパーパットをカップの縁に蹴られ、ボギーとして、ひとつスコアを落としてしまいます。これを18番で挽回できず、優勝のチャンスは次回以降へ持ち越しとなりました。

柏原と同組で回った飯島も18番をバーディで決め、トップに並びます。

この日ショットの冴えるイ・ボミは1番でバーディを獲って以来、深読みしすぎかチャンスを活かしきれず、17番までノーボギーながら硬い表情が続きます。

しかし18番、ラフからのピンチをチャンスに変えた2打目は、ラインに乗ってカップへ一直線。カップをわずかにかすめて30センチの位置に止まり、この日ふたつ目のバーディを奪取。通算8アンダーでトップの柏原、飯島に並び、プレーオフで闘う3人目に名乗りを上げます。

Yokohama Tire PRGR Ladies Cup - Day 3

Licensed by gettyimages R

この日ボギー先行で前半にスコアを崩したものの、トップに1打差まで立て直した渡邉は、18番のバーディチャンスを外してプレーオフの4人目には届かず。4位タイで終えました。

プレーオフ1ホール目と2ホール目。3番目に打つ柏原がバーディパットを決めれば優勝、というシーンですが、わずかにカップを外します。

3ホール目、飯島の長いバーディチャンスはラインにしっかり乗って、あとひと転がりでカップインとなりそうな惜しいパット。ギャラリーからもため息が漏れます。

決戦は4ホール目へ。

飯島、柏原のティーショットはともに右のラフへ。対してイ・ボミはフェアウェイど真ん中から。

飯島のバーディパットはショート。イ・ボミは下りの微妙なラインに乗ってナイスバーディ。

続く柏原が打ったパットはカップをわずか左に反れ、4ホールに及ぶ激闘は、イ・ボミが制しました。昨年7勝の賞金女王の風格と、その強さは今季も健在です。

Yokohama Tire PRGR Ladies Cup - Day 3

Licensed by gettyimages R

次回の女子ツアー情報と「みどころ」―ぼびじょん子の視点

大会名称:Tポイントレディス ゴルフトーナメント【2016】

日程:2016年3月18日(金)~3月20日(日)
会場:鹿児島高牧カントリークラブ(鹿児島県) / 6,423Yards Par72(36,36)
賞金総額:¥70,000,000

次週は、2016年度LPGAツアー第3戦「Tポイントレディス ゴルフトーナメント」(賞金総額7,000万円、優勝賞金1,260万円)が開催されます。

前年は18ホールでバーディを奪い、トップに並んだ飯島茜が、プレーオフ6ホールを1時間47分に渡る戦いで全美貞(ジョン・ミジョン)を下し、ツアー通算7勝目、5年ぶりに優勝を飾り、会場を沸かせました。

鹿児島高牧カントリークラブは、自然を最大限に活かしたフラットで戦略的な丘陵コース。季節を感じられる植物が群生しており、この時季は春の訪れを感じられる風景が楽しめるようです。

3年ぶりに鹿児島で行われるLPGAツアーなので、地元のゴルフファンは必見。遠方の方でも、インターネットライブ中継を楽しめるので、最後まで激闘を見逃す心配がありませんね。

 

関連記事